タグ:DT

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    えgindex


    1: 2018/11/12(月) 20:19:51.98 ID:CAP_USER9
    「いろいろありましたが、日本テレビの大晦日特番は、やはり今年も“絶対に笑ってはいけない”シリーズでいくようですね」(芸能プロ関係者)

    大晦日の風物詩といえばNHK『紅白歌合戦』。以前ほどの人気はないとはいえ、近年も視聴率は毎年40%ほどと、いまでも日本の大晦日といえば真っ先に挙がるテレビ番組だ。

    「『紅白』の裏番組で、毎年トップの視聴率を誇り、若者を中心に『紅白』にかわる大晦日の風物詩となっているのが、日本テレビ系の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』の特番“笑ってはいけない”シリーズですね。毎年18%前後の視聴率を獲得している日テレのドル箱番組です」(テレビ誌ライター)

    続きは以下より
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181112-00013798-jprime-ent

    【『ガキ使』“笑ってはいけない” 厳重警戒ロケで、笑っていない5人を目撃 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/06/11(月) 16:04:39.17 ID:CAP_USER9
     お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(54)が10日、自身のツイッターを更新。事務所を辞めるという報告をしに来た後輩とのエピソードを明かし、大きな反響を呼んでいる。
    dvvindex


    【松本人志が吉本をやめる後輩に送った言葉が感動的すぎるwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2018/01/13(土) 18:20:39.20 ID:CAP_USER9
    DT(童貞)にスポットを当てた青春バラエティ番組『DTテレビ』が放送され、アシスタントMCを務める朝日奈央が、童貞だと感じる男性の特徴を明かした。
    続きはニュースから

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180113-00010020-abema-ent

    『DTテレビ』 朝日奈央
    http://pbs.twimg.com/media/DTWXh7KVwAI9Ef-.jpg
    no title

    http://pbs.twimg.com/media/DTWXh7OU8AA2MJK.jpg
    no title

    http://pbs.twimg.com/media/DS2UtUFUQAAai5g.jpg
    no title

    元アイドリング!!! 朝日奈央
    http://pbs.twimg.com/media/C5-T8IfU0AAJLuR.jpg
    no title

    【【童貞】元アイドルでDTジャーナリスト・朝日奈央さん「声が小さくてオドオドしていると大体DT」→某掲示板で童貞発狂wwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/10/08(日) 22:06:34.05 ID:CAP_USER9
    松本人志(54)が、“共演NG”とうわさのある爆笑問題・太田光(52)が松本のことを「大嫌い」と発言し
    翌日撤回した件について、「水道を締めたる」とたきつけた浅草キッド・水道橋博士(55)を非難した。

     5日放送のテレビ東京系「おはよう、たけしですみません。」内で、水道橋博士の発言をきっかけに太田が
    松本のことを「大嫌い」と言う一幕があった。さらに翌日の放送で、太田はこれを撤回。
    「松本さんは大好きですから」と訂正している。

     これについて、8日のフジテレビ系「ワイドナショー」冒頭でMCの東野幸治(50)が「これ松本さんに聞きたかったんです」と振ると、
    松本は「盛り上がったんならいいですよ。盛り上がって話題になって、笑いが起こったなら僕は全然いいと思いますよ」と苦笑。
    「なんなら僕はビッグ3大嫌いですからね」と今度はビートたけし(70)に対する爆弾発言を提供してみせた。

     さらに「ずるいのは水道橋だわ! 自分の手を汚さず人をたきつけてるよね。あいつ悪い」と、
    太田やビートたけしをけしかけた水道橋博士を糾弾。「水道は締めたらなあかんな思うわ。
    1滴も出ないようしっかり締めてやろうかなと」とオチをつけた。

    【松本人志が水道橋博士を批判wwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ