タグ:AKB

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/10/17(火) 22:02:38.07 ID:CAP_USER9
    アイドルグループ『AKB48』に所属する大家志津香さんがTwitterに投稿した、つぶやきが話題になっています。

    AKB48といえば、『会いに行けるアイドル』がコンセプト。そのため、ファンとの交流の場として定期的に握手会を開催しています。

    しかし、大家さんは握手会で気になることがあったのだそうです。

    大家志津香「握手会で『胸イジり』するのキモいよ」
    2016年に10kg以上のダイエットに成功したこともあり、スタイルのよさに定評のある大家さん。

    そのプロポーションを活かし、露出の高い衣装を着る仕事もあります。

    その『スタイル』について、握手会でファンにいわれた言葉は…。

    フォローする
    大家志津香(しーちゃん) ?@ooyachaaan1228
    メンバー同士で胸のサイズイジったり
    自分の胸のサイズ自虐したりはする事はあるけど

    握手会で胸の事イジってくるのとかは
    結構キモいよ!!笑
    14:41 - 2017年10月15日
    374 374件の返信 7,458 7,458件のリツイート 16,173 いいね16,173件
    Twitter広告の情報とプライバシー
    『胸イジり』

    おそらく、バストサイズについて握手会で心ない言葉を投げかけられたのでしょう。

    文末に『(笑)』とついていますが、大家さんは嫌な思いをしたため、こうして冗談交じりにファンに苦言を呈したのではないでしょうか。

    ファンとはいえ見知らぬ他人である異性に、面と向かって胸についての話をされるというのは、不快感を抱いても仕方がありません。セクハラ行為といっても過言ではないでしょう。

    一部の男性から否定的な意見も
    大家さんの投稿に対し、多くのTwitterユーザーから意見が寄せられました。

    ほとんどは、心ないセクハラを受けた大家さんを励ます言葉でしたが、中にはこういった声も上がっています。

    「ファンの悪ふざけに対して「キモい」って酷いですね。胸いじりくらい、サラッと流せる器量を持ちなよ。
    じゃあ、バラエティの胸いじりもセクハラっていうの?」

    「お金を払っているファンに「キモい」ってどうなの?
    いっていいことと、悪いことがあると思います」

    「ファンの対応するのは仕事の一環だよね?我慢しなよ」


    http://news.livedoor.com/article/detail/13759045/
    2017年10月16日 12時59分 grape

    http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/3/9/39210_1593_287ae84b_87524f12.jpg
    no title

    【AKB48の大家志津香が握手会でのファンの暴言に激怒wwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/10/15(日) 20:10:12.81
    振付師・ダンサーTAKAHIROが語る、欅坂46の表現が進化し続ける理由「言うならば、振付は器」

    ――以前、TAKAHIROさんが「彼女たちはアイドルでありながら表現者なんだと尊敬します」と発言されているのを見ました。
    どんなところが表現者だと思うか教えていただけますか。

    TAKAHIRO:メンバーの皆さんはシンプルに、何を伝えるかっていうことを大事にしています。
    例えばツアー練習の時、忙しく「まず形を覚えてください」と言ったら、形を覚えて練習したあと、メンバーが僕のところに来てこう言いました。
    「形を覚えるだけだとメンバーによって若干ニュアンスが違う気がするから、やっぱり話し合う時間を作りたい。私たちはがんばれるからその時間を作ってほしいです」と逆に言われたんです。
    本人たちはただの形を見せようとしてるんじゃなくて、曲のメッセージを心から伝えたいんだなと。
    そういう時に表現者だなって思います。

    ――TAKAHIROさんには特定の師匠がいなかったわけですが、今お話を聞いていると、欅坂46のメンバーはTAKAHIROさんを師匠としてそのスタイルを継承しているようにも思えます。

    TAKAHIRO:欅坂46の一番素晴らしいところは、誰かにやらされてるんじゃなくて自分たちで欅坂46を作ってるところなんです。
    僕は設定やきっかけを与えるだけの存在です。
    例えば彼女たちの人気曲「世界には愛しかない」だったら、歌詞の中で<最後に大人に逆らったのはいつだろう>って言ってる、なら主人公は現在何歳だと思う?とか、
    「二人セゾン」だったら<僕>は今までどんな人間だったんだろう? とか、 僕は歌詞が伝えている設定をみんなで共有する時間を持ちます。
    そうやって主人公の心情やメッセージについて話し合って、世界観を共有し、メンバー自身が最終的に考えて答えを出す。
    僕が答えを教えてるわけじゃないんです。

    ――なるほど。確かに表現者ですね。

    TAKAHIRO:言うならば、振付は器。そこに本人たちが色のついた水を注ぐ。
    彼女たちは空っぽな器をただ空っぽに表現してるんじゃなくて、自分たちのアイデンティティを波々と注ぎ込んでいる。
    そこが欅坂46の魅力だと思います。
    歌詞を自分の言葉として出す、一つひとつの振付をダンスとしてじゃなくて自分の感情のように内なるものとして出しているから、表現が生まれているのだと思います。
    (抜粋)
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171011-00010011-realsound-ent
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20171011-00010011-realsound-000-1-view.jpg
    no title


    欅坂46 『風に吹かれても』
    https://www.youtube.com/watch?v=Xl-iDUt7U24


    VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured

    【TAKAHIROが欅坂46を高く評価「誰かの操り人形じゃなく自分の意志で行動している」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/10/08(日) 13:15:09.41 ID:CAP_USER9
    「アイドルへの見方が変わった」

    つい先日のこと、乃木坂46の生田絵梨花さんの名前を思いがけない場所で耳にしました。
    思いがけない場所というのは、あるアーティストの撮影後、関係者と打ち合わせを兼ねて入ったバルのことです。
    なぜ“思いがけない”のかというと、その彼は普段、芸能界ではなかなかメインストリームで扱われない、わかりやすくいえば、本格的だがシブすぎるぐらいシブイ、そんなアーティストや作品を多く手がけているため、アイドルのような華々しい世界とは無縁に見える人物だからです。
    どこか、アイドルというジャンルを認めていないようなところさえある、そんな人物です。
    仮に「Aさん」としましょう。そのAさんが舞台の話題になった時、突然こう言ったのです。

    「生田絵梨花という子は素晴らしいね。舞台の仕事で一緒になった時、まっすぐに『私は女優をやりたいんです』と言った。その後の彼女の仕事に対する姿勢を見ていて、その言葉が本物であることを感じた。あの子と仕事をご一緒した時、『アイドルにもこんな子がいるのか』と思った。アイドルの見方が変わりましたよ」
     
    最初は、一体どうしたんだと思ったのですが、生田さんのプロ意識や芸能に対する目的意識の持ち方は、アイドルというジャンルから遠くにいる人にも感銘を与えるほど、強く、情熱的なようです。
    また彼は「とてもクレバーなんだよね。ちゃんと自分が進むべき方向を人任せではなくて、自分の意思に基づいてしっかり見据えている。どんな世界でも、やっぱり賢くなければ生き残っていけない。彼女は期待できますよ」と続けました。

    才色兼備なイメージのある生田さんですが1997年、独デュッセルドルフで生まれ、5歳から東京で育ち、現在20歳。
    子どもの頃から、ピアノやクラシックバレエを学び、小学生の頃にミュージカル「アニー」を見て舞台女優を目指すようになったといいます。

    ひと口にアイドルと言っても、さまざまなタイプのアイドルがいて、ファンはそれぞれ自分の感情移入しやすいアイドルを応援する傾向があります。
    どんなタイプのアイドルがいいとか悪いとか、そんなことは言えませんし、それぞれに良さがあるのだと思います。
    生田さんの場合は、アイドルというジャンルを超えて、普段はアイドルを見向きもしない人たちにもアピールする力があるようです。
    これからがますます楽しみな存在です。

    http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171008-00010001-otonans-soci

    ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」 生田絵梨花
    http://pbs.twimg.com/media/C2Mhi5OUsAAYFx-.jpg
    no title

    http://pbs.twimg.com/media/C2MhjddVQAEAZTJ.jpg
    no title

    乃木坂46 生田絵梨花
    http://pbs.twimg.com/media/DLk6cg2UQAAEiQG.jpg
    no title

    http://pbs.twimg.com/media/CzNQSPSUUAAKK4E.jpg
    no title

    http://pbs.twimg.com/media/CWQebFsUAAA7Z7M.jpg
    no title

    【【画像】生田絵梨花がなぜファンや業界人を魅了することができるのか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/10/07(土) 13:50:10.51 ID:CAP_USER9
    NMB48山本彩「40万円ギター購入」が音楽通に批判された原因はアノ芸人!?

    NMB48の山本彩が40万円のギターを購入! 9月30日放送の「にじいろジーン」(フジテレビ系)にて山本は、楽器街として知られる東京・御茶ノ水にて、自分へのご褒美として税込40万5000円のグレッチ「ホワイトファルコン」を購入した。

     その山本は10月4日にセカンドソロアルバムをリリースし、みずから7曲を書き下ろしているシンガーソングライターとしても活躍。今回のギターには3年前から目を付けていたそうで、これで念願がかなった形だ。ところがその購入シーンに一部から批判の声があがっているというのである。音楽ライターが語る。

    「グレッチがビートルズのジョージ・ハリスンなど数多くのスターに愛された歴史あるブランドということから、『アイドルがそんなギターを買うなんて身の丈に合ってない!』という声があがっているようです。もっとも山本はNMB48加入前にガールズバンドでギターを担当しており、ギター歴はすでに10年選手。人気バンド“Hi-STANDARD”の横山健からも『似合うから持っていたほうがいい』と勧められたほどで、彼女への批判は的外れですね」

     人気アイドルゆえの有名税的な批判は、山本にとっても迷惑なところだろう。そんな批判の中には40万円という価格を「高すぎる!」と非難する声もあるが、そんな声が出る陰にはあるギター芸人の存在があるというのだ。

    「ANZEN漫才のみやぞんもギターの使い手として知られていますが、彼が使っているモデルは3万円程度の低価格品なのです。どうやらギターに対するこだわりがないようなのですが、一部からは『テレビに出まくりのみやぞんが3万円のギターなのに、山本が40万円っておかしくないか?』という根拠のない批判があがっています」(前出・音楽ライター)

     ギターに対するこだわりは人それぞれ。みやぞんの3万円ギターを理由に、山本の40万円ギターを批判するのはお門違いに過ぎない。そんな的外れの批判には山本だけでなく、名前を出されたみやぞんも迷惑しているのではないだろうか。

    【【芸能】NMB48山本彩「40万円ギター購入」が音楽通に批判された原因はANZEN漫才のみやぞん!? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/10/06(金) 21:25:34.32 ID:CAP_USER9
    2017-10-6

    【名曲しかない】松本隆・作詞作品ランキング!

    「松本隆作詞 作品ランキング」TOP10

    1位 ルビーの指環(寺尾聰)
    2位 赤いスイートピー(松田聖子)
    3位 硝子の少年(Kinki Kids)
    4位 SWEET MEMORIES(松田聖子)
    5位 風の谷のナウシカ(安田成美)
    6位 風立ちぬ(松田聖子)
    7位 卒業(斉藤由貴)
    8位 冬のリヴィエラ(森進一)
    9位 瞳はダイヤモンド(松田聖子)
    10位 君は天然色(大瀧詠一)

    皆さん、作詞家と聞いて最初に思い浮かぶ人は誰ですか?
    私は断然、松本隆さんです!
    昭和歌謡の歴史において欠かせない存在でありながら、現在も最前線で活躍されているレジェンド作詞家。
    深い歌詞でありながら、決して難しくないワードセンスが凄い…!
    時代を彩る曲の影にいつも松本さんの歌詞がありました。

    今回は、そんな松本隆さんの作詞作品をランキング化。
    3,627名の方が選んだ、No.1は一体…!

    (中略)

    第1位:ルビーの指環(寺尾聰)
    「渋い」「改めて見て、しみじみいい歌詞だなぁと思う」「色褪せない良さ」

    何が1位になってもおかしくない作品群の中、第1位に輝いたのは寺尾聰さんが歌う「ルビーの指環」!

    第2位のアイドルソングとの振り幅がすごい!
    男の哀愁を歌ったこの歌は激渋&クール。
    男女ともにバランスよく支持されていることが1位になった大きな決め手でした。

    60代女性のコメントには「誕生石です」というものも!
    うわぁ~、羨ましい!

    余談ですが、私は小さい頃にこの曲で「問わず語り」という慣用句を知りました。
    こういったあまり歌詞に使われないような言葉がさらっと自然に入っているのも、松本隆さんの為せるワザですね。

    (中略)

    調査方法:10~60代の男女を対象に、株式会社CMサイトが行ったインターネットリサーチ結果を集計。
    有効回答者数:3,627名
    調査日:2017年9月25日

    interview

    http://rankingoo.net/articles/music/20171003-3/3

    【松本隆・作詞作品ランキングが名曲しかない件wwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ