タグ:音楽

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2018/03/16(金) 05:35:19.84 ID:CAP_USER9
    2018.3.14 水曜日
    ザ・フーのロジャー・ダルトリー、ライヴでの耳栓の重要性についてファンに語る

    ザ・フーのロジャー・ダルトリーは耳栓の重要性についてファンに警鐘を鳴らし、何十年にも渡って大音量の音楽を聴いてきたために今では「非常に耳が聞こえにくく」なってしまったと語っている。


    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    Photo: GETTY
    https://nme-jp.com/nmesite/wp-content/uploads/2018/03/GettyImages-608657112_THE_WHO_1000-720x457.jpg
    no title

    https://nme-jp.com/news/51633/

    【爆音ライブで有名なザ・フーのロジャー・ダルトリーさん、ライヴでの”耳栓”の重要性について語る 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2018/03/16(金) 00:40:20.50 ID:CAP_USER9
    2016年にノーベル文学賞を受賞した米歌手のボブ・ディラン(76)が、今年の『FUJI ROCK FESTIVAL』(7月27日~29日 新潟県湯沢町苗場スキー場)にヘッドライナーとして出演することが16日、発表された。

    1978年の初来日から40周年となる今年、レジェンドが満を持してフジロックのステージに立つ。
    奇しくも日本での公演は今回のフジロック出演で101回目。
    日本のロックフェスへは初参戦となり、ヘッドライナーでの出演を予定しているという。

    ディランは1941年、米国ミネソタ州生まれ。
    62年にアルバム『ボブ・ディラン』でデビューし、「風に吹かれて」「ライク・ア・ローリング・ストーン」など多くのヒット曲を生み出す。
    公民権運動やベトナム戦争で揺れた1960~70年代のアメリカにおいて、反戦・反権力を訴えた「プロテスト・ソング」の文学的な詞表現は多くの若者や後進のアーティストたちに影響を与えた。

    続きは以下より
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180316-00000300-oric-ent

    ボブ・ディラン
    http://www.cinra.net/uploads/img/news/2018/20180316-bobdylan_full.jpg
    no title


    『FUJI ROCK FESTIVAL '18』
    2018年7月27日(金)~7月29日(日)
    会場:新潟県 湯沢町 苗場スキー場
    出演:
    ボブ・ディラン
    ケンドリック・ラマー
    N.E.R.D
    SKRILLEX
    CHVRCHES
    VAMPIRE WEEKEND
    ジャック・ジョンソン
    MGMT
    YEARS & YEARS
    ANDERSON .PAAK & THE FREE NATIONALS
    カーラ・トーマス
    GREENSKY BLUEGRASS
    HOTHOUSE FLOWERS
    ジェイムス・ベイ
    ODESZA
    SUPERORGANISM
    TUNE-YARDS
    WESTERN CARAVAN
    サカナクション
    BRAHMAN
    DIRTY PROJECTORS
    マキシマム ザ ホルモン
    BERHANA
    go!go!vanillas
    JON HOPKINS
    MAC DEMARCO
    小袋成彬
    RANCHO APARTE
    Suchmos
    ユニコーン
    and more

    【ボブ・ディラン『フジロック』初出演決定でファン歓喜wwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2018/03/12(月) 23:15:29.83 ID:CAP_USER9 BE:511393199-PLT(15100)
    「カリスマ」「大物」と呼ばれる還暦オーバーのミュージシャンは数いれど、'10年代に入ってからもヒットを量産しているのはこの二人のほかにはいない。なぜいまなおファンが増え続けるのか――。
    1

    続きは
    現代ビジネス 2018.3.11
    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/54665

    【カリスマは何故カリスマたるのか? 中島みゆきや桑田佳祐が未だに第一線で活躍し、若者にも人気がある理由とは】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2018/03/13(火) 05:13:23.29 ID:CAP_USER9
    英Metal Hammer誌が「2018年 注目すべき日本のメタル・バンド 5選」を発表
    2018/03/13 02:52
    1


    詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
    http://teamrock.com/feature/2018-03-12/5-japanese-bands-to-look-out-for-in-2018


    http://amass.jp/102295/

    【Metal Hammer誌が「2018年 注目すべき日本のメタル・バンド 5選」を発表 選出は妥当?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2018/03/11(日) 13:49:36.76 ID:CAP_USER9
    長渕剛(61)といえば「とんぼ」「巡恋歌」をはじめ、数々のヒット曲を持つシンガー・ソングライターだ。
    これまでに様々な騒動が取りざたされてきたものの、そのカリスマ性は今もなお衰えていない。

    その長渕の次男・蓮(24)こと「ReN」が、父と同じシンガー・ソングライターの道を歩んでいることをご存じだろうか。

    長渕の関係者が語る。
    「もともとはレーシングドライバーでした。車好きが高じて12歳からレースを始めたそうです。

    2010年にイギリスに渡って転戦し、ベストルーキーアワードを2回受賞したほど才能があったんですが、腰を負傷し、15年には引退してしまいます。
    で、イギリスにいたときに衝撃を受けたのがロックでした。そこで、ミュージシャンに転身したのです」

    続きはいかより
    http://news.livedoor.com/article/detail/14416607/

    写真
    http://care-send.com/wp-content/uploads/2017/08/ReN201702top.jpg
    no title


    ReN - Lights [Offcial Video]
    https://www.youtube.com/watch?v=wrtiKQ3B25M


    【長渕剛の息子が独力で音楽コンサート興行を成功させて話題にwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ