タグ:音楽

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/09/26(火) 00:04:48.44 ID:CAP_USER9
    《引退までのこの1年 アルバムやコンサート、最後にできる限りのことを精一杯し、有意義な1年にしたい》

    9月20日、公式HPで来年9月16日をもって引退することを発表した安室奈美恵(40)。これからの1年の抱負を
    こう語った。11月8日、ベストアルバム『Finally』を発売する。実はここで、大きなサプライズがあるという。

    「今年の8月、安室さんは小室哲哉さん(58)と極秘で再会したんです。2人が会うのは数年ぶりのはずです。
    すでに引退を考えていた安室さんは、ブレークのきっかけをつくってくれた恩師というべき小室さんに
    気持ちを伝えたかったのかもしれません。そこで話が盛り上がり、小室さんのプロデュースによる新曲が
    決まったんです」(音楽関係者)

    95年にソロデビューした安室は、3曲目小室が楽曲をプロデュースし、大ブレイクを果たした。だが、 01年に安室は“小室ファミリー”を離脱した。安室自身が他の路線に挑戦したいと考えたことなどが理由だった。
    その後、疎遠な時期が続き、小室の曲をまったく歌わない時期もあったという。

    《一時期、小室さん時代の曲はしばらく歌わない方が良いのかもと思っていました。過去は振り返りたくないし、
    私は今の自分を見てほしかったから。でも、小室さんが作ってくれた歌はいい歌が多いんですよ。今でも
    歌うとテンションが上がる。やっぱり、いいものはいいし、そう素直に言える大人でいたい》(『AERA』08年5月12日号)

    袂を別ってから16年。歳月が雪を溶かしたようだ。

    「すでに、レコーディングに入っているようです。アップテンポな曲で、これまで小室さんが制作した
    安室さんの楽曲でいうと『Don't wana cry』に雰囲気が似ているかも。“2人の黄金期”を彷彿とさせる曲ですね。
    11月のベストアルバムにこの新曲も入るように進められています」(前出・音楽関係者)

    9月22日、仕事先のイタリアから帰国した小室は、羽田空港で取材に応じた。

    「(引退は)考えられなくもないなぁという感じです。始まりから卒業まで、すべてを見られることは
    初めてなので、感慨深いものはありますね」

    次々と新しいことに挑戦し、多くの人に感動を与えてきた安室奈美恵。最後の1年も、彼女の挑戦は
    止まることはない。
    1

    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170926-00010002-jisin-ent

    【【安室】安室奈美恵、新曲は16年ぶり小室プロデュースが決定!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/09/22(金) 05:49:24.67 _USER9
    2017/09/22 04:52

    TM NETWORKの宇都宮隆がソロ・デビュー25周年記念アルバムを2018年2月発売

    TM NETWORKの宇都宮隆がソロ・デビュー25周年記念アルバムを2018年2月28日発売。インフォメーションによれば「ボーカリスト宇都宮隆の軌跡と現在進行形を切り取った集大成的アルバム」。リリース元はavex

    【アルバム情報】
    タイトル:宇都宮隆ソロデビュー25周年記念アルバム(仮)
    発売日:2018年2月28日(水)
    商品形態:3形態

    1.[miniAL+AL+Blu-ray Disc]+豪華フォトブックレット(仮)+ 購入特典(仮)
    ■価格:¥10,800(税込)
    ■品番:AVC1-93768?9/B
    ■POS:498806493768/4
    フォトブックレット 40P予定 豪華BOX仕様(シリアルナンバー入り予定)(仮)
    ※mu-mo ショップ・ツアー会場限定盤/初回生産限定盤(数量未定)

    2.[miniAL+DVD]
    ■価格:¥3,000(税込)
    ■品番:AVCD-93770/B
    ■POS:498806493770/7

    3.[miniAL+AL]
    ■価格:¥3,000(税込)
    ■品番:AVCD-93771?2
    ■POS:498806493771/4

    [各 内容]
    ・miniAL : 新曲6曲(新曲およびカバー曲収録予定)
    ・AL: 過去音源[10曲予定]
    ・DVD / Blu-ray:ミュージックビデオ、他
    ・フォトブックレット:オフショット写真、インタビュー収録 計40ページ(仮)

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)

    1

    http://amass.jp/94789/

    【【音楽】TM NETWORKの宇都宮隆がソロデビュー!25周年記念アルバムが2018年2月に発売】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/09/19(火) 18:23:08.21 _USER9
    http://natalie.mu/music/news/249238
    2017年9月19日 13:37

    さくらももこ、来生たかおの2名によるコラボレーションアルバム「One Week」に参加するゲストボーカリストが発表された。

    11月8日にリリースされる「One Week」は作詞をさくら、作曲を来生が手がけた作品。月曜日から日曜日まで、女性主人公の何気ない日常が曜日ごとにつづられた全7曲が収められる。
    今作にはゲストとして小谷美紗子、辛島美登里、青葉市子、柳原陽一郎、中納良恵(EGO-WRAPPIN')、太田裕美、原田郁子(クラムボン)の7名が1曲ごとに参加。なお今作のDVDには7曲それぞれのショートアニメが収録される。

    ■さくらももこ&来生たかおプレゼンツ「One Week」収録曲 / ゲストボーカリスト
    01. 月曜日の朝 / 小谷美紗子
    02. 火曜日の昼 / 辛島美登里
    03. 水曜日の夕方 / 青葉市子
    04. 木曜日は雨 / 柳原陽一郎
    05. 金曜日の夢 ~朝か夜かの物語~ / 中納良恵
    06. 土曜日の恋人 / 太田裕美
    07. 日曜日の昼下がり / 原田郁子

    http://cdn2.natalie.mu/media/1709/0904/extra/news_xlarge_oneweek_jkt201711.jpg
    no title

    http://cdn2.natalie.mu/media/1709/0919/extra/news_xlarge_kisugitakao_Art201709.jpg
    no title

    【【音楽】『One Week』" さくらももこ×来生たかお" コラボアルバムに小谷美紗子、辛島美登里、太田裕美、中納良恵、原田郁子ら参加】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/09/20(水) 22:27:22.20 _USER9
    2017/09/20 13:22

    11月11日の<ベースの日>にベーシストたちが繰り広げる一夜限りのグルーヴ・ナイトが開催決定

    11月11日の<ベースの日>にベーシストたちが繰り広げる一夜限りのグルーヴ・ナイト<THE BASS DAY LIVE 2017>が開催決定。
    出演ベーシストは秋田ゴールドマン(SOIL & “PIMP” SESSIONS)、亀田誠治、 武田祐介(RADWIMPS)、休日課長(ゲスの極み乙女。/DADARAY)、ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)

    以下、プレスリリースより

    4つの「1」を4本の弦に見立てて、11月11日は「ベースの日」。ベースという楽器のすばらしさを知ってもらうことを通して、もっと音楽の楽しさを分かち合うきっかけを作っていこう!という目的のもと、
    J-WAVE(81.3FM)の番組企画から始まり、2014年にクラウドファンディングを通して賛同を集めて記念日登録されました。

    今年も「ベースの日」を祝して、赤坂BLITZで「THE BASS DAY LIVE 2017」の開催が決定!

    【秋田ゴールドマン(SOIL & "PIMP" SESSIONS)】【亀田誠治】【武田祐介(RADWIMPS)】【休日課長(ゲスの極み乙女。/DADARAY)】【ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)】という、日本の音楽シーンを牽引するベーシストたちが集結し、
    それぞれがシンガー、ラッパー、ドラマーなどジャンルレスなゲストミュージシャンを招き、オリジナリティー溢れるスタイルでスペシャルセッションや、スペシャルバンドアクトを繰り広げる。

     様々なベースの魅力をダイレクトに体感する、ベーシストたちによる予測不可能な一夜限りのグルーヴ・ナイトにどうぞご期待ください。

    【開催概要】
    イベントタイトル:THE BASS DAY LIVE 2017
    日時:2017年11月11日(土) 開場17:00、開演18:00
    会場:赤坂BLITZ (http://www.tbs.co.jp/blitz/a_map.html)
    出演ベーシスト:秋田ゴールドマン(SOIL & "PIMP" SESSIONS)、亀田誠治、武田祐介(RADWIMPS)、休日課長(ゲスの極み乙女。/DADARAY)、ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)※ゲストミュージシャンは後日発表
    (以下略、全文はソースをご覧ください。)

    1

    http://amass.jp/94655/

    【【音楽】ハマ・オカモト(OKAMOTO'S)や休日課長(ゲスの極み乙女)等が出演!11月11日の<ベースの日>にベーシストたちが繰り広げる一夜限りのグルーヴ・ナイトが開催決定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/09/19(火) 18:08:41.22 ID:CAP_USER9
    https://www.j-cast.com/2017/09/19308837.html?p=all
    2017/9/19 15:53

    B'zがデビューしたのは、まだ年号が「昭和」だった1988年だ。それから約30年、当時23歳だったボーカル・稲葉浩志さんも、すでに52歳である。ギターの松本孝弘さんは56歳だ。

    2017年9月18日、特別番組「MUSIC STATION ウルトラFES2017」(テレビ朝日系)に出演した稲葉さんの姿に、ツイッターなどでは「老けた」などといった声が一時噴出した。
    ところが、歌が始まると、その反応は一変することになる。

    約10時間という大型音楽番組として放送された「ウルトラFES」、B'zは最後から2番目に登場した。

    稲葉さんのこの日の衣装は、黒の長袖シャツにやはり黒のパンツという、落ち着いた雰囲気のものだ。
    出番に先立ち、番組が独自アンケートで選定した「元気が出る超(ウルトラ)ソング」で、B'zの「ultra soul」(2001年)が1位となったことが紹介され、司会のタモリさんが、「ultra soul、1位でしたね」と話を振るが、稲葉さんは、「ありがとうございます」と低い声で返すばかり。

     これまでの活動についての感想を聞かれても、「節目節目で野外でライブをやってきたんですけど、そのたびに雨が降る、みたいな感じだったんですけど、最近は少し天気も味方につけて、晴天のことが多いんですけど......」といった具合で、元々テレビ番組では「うまくしゃべれない」と公言しているとおりのローテンションが続く。

     そのトークの姿に、「年齢」を感じた視聴者も多かったようだ。直前には、過去の「Mステ」出演時の映像が流れていたこともあってか、「稲葉さんちょっと老けたなー...」「目元をみると年を感じてしまうな」「稲葉さん52歳か...ワイプで若い頃の映像と並べるの止めて」といった書き込みが、ツイッターには相次ぐ。

      ところが歌が始まると、評価は一変した。「さっきまで歳取ってたのに歌い出したら若返った」「稲葉さん歌始まった瞬間若返ってね?」「歌い出すと-(マイナス)15歳くらいなる不思議」「ステージに上がったら肌のハリがアップするのなんなの」

     先ほどまでのテンションの低さが嘘のように、ステージを縦横に動き回りながら、腰をくねらせ、観客を煽り、スピーカーの上に飛び乗り、高音でシャウトする。はつらつとした稲葉さんのパフォーマンスに、
    「松本さんももう56歳で、稲葉さんも52歳か~! 歌声は衰えるどころか進化し続けてるなぁ。。。」「あんだけ動いてあんだけ声出て高音シャウトもキレキレで。そして曲間に魅せるセクシーな微笑み。あんな52歳いるかね」「稲葉さん52歳だって...奇跡?奇跡なの?何したらあんなに若さキープできるの?教えて!」と、ツイッターは最終的に、その「若さ」に驚愕する声に埋め尽くされた。

    https://www.j-cast.com/assets_c/2017/09/news_20170919152532-thumb-645xauto-121815.jpg
    no title

    【【画像】B'z稲葉浩志のふけ具合に視聴者騒然wwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ