タグ:音楽

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/10/17(火) 21:52:28.27 _USER9
    2017.10.17 火曜日

    ロバート・プラント、レッド・ツェッペリンの再結成について語る

    ロバート・プラントはレッド・ツェッペリン再結成の可能性について水を差し、メンバーが再び協力する可能性は極めて低いことを認めている。

    ロバート・プラントは1980年に解散したレッド・ツェッペリンのフロントマンであり、2007年にはアーメット・アーティガンの追悼コンサートでジョン・ポール・ジョーンズやジミー・ペイジと共に一夜限りの再結成を果たしており、ジョン・ボーナムの息子のジェイソン・ボーナムもドラマーとしてこのライヴに参加している。

    しかし、ロバート・プラントは今なおソロ・ライヴでレッド・ツェッペリンの楽曲を演奏しているものの、再結成は実現しそうもないことを認め、「進み続け」ていきたいとしている。

    「後退することはできないわけでね。1年前のことでも同じことを繰り返すのは厳しいわけで、49年前のことならなおさらでね。進み続けるしかないんだよ」とロバート・プラントは『テレグラフ』紙に語っている。

    続けて、ロバート・プラントは最新アルバム『キャリー・ファイアー』をリリースする準備を進めるなかで、同世代の人々の死が自分自身の死への意識を増加させたことについて認めている。

    「どれだけの声が失われてしまったのか、っていうね。我々の時代の音楽と偉業に貢献してきたわけでね。旅は常に別れを告げるものなんだ」と彼は語っている。

    「おそらく、僕についてもみんなそんなふうに考えてるんじゃないかな。『そうだ、ロバート・プラントを見といたほうがいい。あと、どれだけ頑張ってられるんだ?』ってね」

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    http://nme-jp.com/nmesite/wp-content/uploads/2017/10/RobertPlantGettyImages-545396876-720x457.jpg
    no title

    http://nme-jp.com/news/44951/

    【【音楽】ロバート・プラント「レッド・ツエッペリンの再結成はほぼない。進み続けるしかないんだ」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/10/12(木) 22:49:51.51 ID:CAP_USER9
    [ 2017年10月12日 09:20 ]

    イーグルス「ホテル・カリフォルニア」40周年記念盤11・24発売

     米ロックバンド「イーグルス」の大ヒットアルバム「ホテル・カリフォルニア」の40周年記念盤が11月24日に発売されることになった。

     収録曲を新たに高音質処理化(リマスター)し、未発表のライブ音源を10曲収録する。CD2枚組みとブルーレイ、CD2枚組み、CD1枚の3形態。

     同アルバムは1976年12月に発売され、米ビルボード・チャートで8週連続1位を記録。グラミー賞で2冠に輝いた。


    アルバム「ホテル・カリフォルニア」の40周年記念盤が発売されることになったイーグルス
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/10/12/jpeg/20171011s00041000311000p_view.jpg
    no title

    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/10/12/kiji/20171011s00041000284000c.html

    【【音楽】イーグルス「ホテル・カリフォルニア」40周年記念盤が11/24に発売!リマスターし未発表のライブ音源収録】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/10/15(日) 04:42:33.87 _USER9
    2017.10.14 23:28

    X JAPAN、『ロンドン・タイムズ』で“世界一不幸なバンド”と紹介される

    X JAPANが、英国で1788年に創刊された世界最古の新聞媒体と言われている『ロンドン・タイムズ(The Times)』で紹介されている。本紙で日本のバンドが表紙に登場するのは、 229年にわたる歴史の中で初の事だ。

    記事のタイトルは「The world’s unluckiest band: the bizarre story of X Japan」。直訳すると「世界一不幸なバンド:奇妙なX JAPANの物語」だ。
    その記事は「1982年に結成され、ドラマー・コンポーザーYOSHIKIが率いるバンドX JAPANは、QUEENに加え、 Iron Maidenのヘヴィメタ・ヒステリア、 洗練されたクラシック音楽のシンフォニーを融合させたような壮大さの中に十分なメロドラマがある。
    X JAPANを世界的現象にしたいというYOSHIKIの計画は、そう遠くない未来まで来ているようだ。」という冒頭から始まる。

    以降YOSHIKIの幼少期、Kiss、David Bowie、Led Zeppelin、Sex Pistolsとの出会いからロックの道へ。さらにバンドの解散と復活、メンバーの死など、その後起こる数々のドラマをかなり深いところまでX JAPANの歴史として掘り下げ、 読者に紹介している。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    https://img.barks.jp/image/review/1000147881/top.jpg
    no title

    https://www.barks.jp/news/?id=1000147881

    【【音楽】X JAPAN、『ロンドン・タイムズ』で“世界一不幸なバンド”と紹介される 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/10/11(水) 05:30:59.59 ID:CAP_USER9
    2017/10/10(火) 19:48

    ザ・ビートルズ、ステレオ盤SHM-CD紙ジャケシリーズ16タイトルが“W復刻帯”仕様で再発売

     2014年に世界初/日本独自企画盤として、全16作品がSHM-CD/紙ジャケット仕様で限定発売されたザ・ビートルズのアルバム・シリーズの再リリースが12月6日決定した。

     今回は2014年に限定発売されたステレオ盤SHM-CD/オリジナルLPアートワークを復刻した紙ジャケットに、日本初回盤LP帯を可能な限り復刻した“オリジナル巻き帯”と、1972~76年に発売されていた通称“Forever帯”の意匠をタイトルを変更して再現した“Forever被せ帯”の“W復刻帯”仕様となる。

    ◎リリース情報
    2017/12/6 Release
    <発売ラインナップ>
    プリーズ・プリーズ・ミー
    ウィズ・ザ・ビートルズ
    ハード・デイズ・ナイト
    ビートルズ・フォー・セール
    ヘルプ!
    ラバー・ソウル
    リボルバー
    サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド
    マジカル・ミステリー・ツアー
    ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)(2枚組)
    イエロー・サブマリン
    アビイ・ロード
    レット・イット・ビー
    パスト・マスターズ(2枚組)
    ザ・ビートルズ 1962年~1966年(赤盤)(2枚組)
    ザ・ビートルズ 1967年~1970年(青盤)(2枚組)
    <仕様>
    ・初回生産限定
    ・オリジナルLPアートワークを復刻した紙ジャケット仕様(日本製作)
    ・日本初回盤LP帯を可能な限り復刻した巻き帯
    ・1972~76年に発売されていた通称“Forever帯”の意匠を、タイトルを変更して再現した被せ帯
    ・2009年デジタル・リマスター音源(ステレオ盤)
    ・英語・日本語ブックレット(*ブックレットは2009年リマスター盤と同一)/歌詞・対訳付


    http://www.billboard-japan.com/scale/news/00000056/56256/610x_image.jpg
    no title

    http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/56256/2

    【【音楽】ザ・ビートルズ、ステレオ盤SHM-CD紙ジャケシリーズ16タイトルが“W復刻帯”仕様で再発売 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/10/06(金) 21:17:01.64 _USER9
    2017.10.6 20:00

    コーネリアス、ベックの日本武道館公演にゲスト出演

    ベックが10月23日(月)に東京・日本武道館公演で開催する単独公演に、スペシャル・ゲストとしてコーネリアスが出演することが明らかになった。

    ベックは約3年半ぶりのニューアルバム『カラーズ』を来週10月11日(水)に日本先行リリースし、23日(月)に日本武道館、24日(火)に新木場スタジオコーストで緊急来日公演を行なうことが決定している。コーネリアスの海外公演ではベックが飛び入り参加するなど親交の深い両者だけに、武道館でのコラボレーション実現にも期待したいところだ。

    なお、ゲスト・アクトの決定に伴い、日本武道館公演の開演時間は18:20に変更となっている。各公演のチケット一般販売は、明日10月7日(土)より各プレイガイドにて開始される。

    ■公演情報
    <Hostess Club Presents...Beck>
    2017年10月23日(月) 東京・日本武道館
    WITH VERY SPECIAL GUEST CORNELIUS
    OPEN 17:30/ START 18:20
    (中略)

    ※ゲストアクト決定につき、開演時間が18:20に変更となります。
    [出演予定時間]
    CORNELIUS 18:20~19:00
    BECK 19:30~

    2017年10月24日(火) 東京・新木場STUDIO COAST
    OPEN 18:30 START 19:30


    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    https://img.barks.jp/image/review/1000147625/001.jpg
    no title

    https://img.barks.jp/image/review/1000147625/003.jpg
    no title

    https://www.barks.jp/news/?id=1000147625

    【【音楽】ベックの日本武道館公演にゲスト出演「コーネリアス」が決定】の続きを読む

    このページのトップヘ