タグ:鈴木

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    Red-peppers


    1: 2018/07/10(火) 17:19:45.53 ID:CAP_USER9
     歌手鈴木亜美(36)が「ジューシーヨガフェイスプロジェクト」のスペシャルサポーターに就任し、10日、都内でイベントに出席した。

     常にきゅっと上がった口元、みずみずしい表情を保つ「ジューシーヨガ」を考案した、ヨガ講師の城所恵美氏に指導を受けながら、参加者20人とヨガを行って「ほっぺたが上がったような感じがします」と笑顔を見せた。

    続きは以下より
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180710-00263961-nksports-ent

    【激辛キャラ鈴木亜美の唐辛子を使用する量が凄いwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2018/03/13(火) 00:10:49.04 ID:f2mxsbpE0

    【鈴木尚広さんのプロフィールが凄過ぎるwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2018/02/18(日) 22:06:51.54 ID:CAP_USER9
    歌手の鈴木亜美(36)が18日、ツイッターを更新。
    自身の整形を疑う声へ不快感を示した。

    鈴木は「いまだに整形したと言われる…目頭切開」と整形を疑う声がなくならないことを告白。
    「していないのにね」とキッパリ否定し、「歳をとれば皮膚は痩せていく、唇も頬も目元も。どんどんハッキリと、輪郭もしっかりとしていく」と顔の変化は加齢によるものだと訴えた。


    続きは以下より
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180218-00000169-spnannex-ent

    鈴木亜美
    http://pbs.twimg.com/media/DVQ1RlMVwAEccL4.jpg
    no title

    http://pbs.twimg.com/media/DVQ1RlGU0AIPV1d.jpg
    no title

    【鈴木亜美がネット上の整形疑惑にブチ切れ!「何も知らないくせに言うな!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2018/01/29(月) 16:10:26.51 ID:CAP_USER9
     

     俳優の山田孝之が東京都内で行われた日本コカ・コーラの缶コーヒー「ジョージア」の新CM発表会に登場した。これまで同CMのシリーズでさまざまな職業の人を演じてきた山田は「生まれ変わったらなりたい職業」を問われ、「俳優」と明言した。

     ひねりのない回答を、山田は「幼少期から夢がなく、15歳から俳優をやっているので、それ以外の職業が出てこない」と説明。俳優という職業の奥深さや魅力について「それが分からず、答えがないのでずっとやっている。そこが魅力でもある」と語った。
    10939078


    【イケメンすぎる!?生まれ変わっても俳優 ジョージアCM発表会で山田孝之 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2018/01/14(日) 22:55:41.22 ID:CAP_USER9
    [ 2018年1月14日 21:27 ]

    「西郷どん」序盤から“泣ける大河”に 深み持たせた“子役たちの熱演”

     俳優の鈴木亮平(34)が主演を務めるNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」(日曜後8・00)第2話が14日に放送された。
    初回放送後から鹿児島弁が注目を集めるが、子役の熱演も「泣ける」と話題になっている。

    続きは以下より
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/01/14/jpeg/20180114s00041000364000p_view.jpg
    no title

    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/01/14/kiji/20180114s00041000360000c.html

    【名作ドラマ!?『西郷どん』序盤から“泣ける大河”に…深み持たせた“子役たちの熱演” 】の続きを読む

    このページのトップヘ