タグ:野球

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/09/23(土) 08:06:43.61 ID:CAP_USER9
    早実の清宮幸太郎内野手が22日、都内の同校で記者会見を行いプロ志望届を提出することを表明した。だが、無条件で12球団OKの姿勢ではなく、
    事前に希望球団と異例の面談を行い、「自分を厳しく指導してくれて成長させてくれる球団にいきたい」という。プロ志望届け提出後は、スカウトとの接触は
    許されているが、ドラフト前に複数球団と行う面談は極めて異例。その狙いは、どこにあるのだろうか。

     元ヤクルトのスカウト責任者でドラフトの裏も表も知る片岡宏雄氏は、こう見ている。

    「12球団OKか?と聞かれ、まだわからないと答えた場面で、おや?っと思った。逆指名がない時代に事前面談というのは、私もほとんど覚えがないな。
    クジを引かれて交渉に入ってから“この球団はちょっとねえ”と思っても、後の祭り。それなら事前に話を聞いて、希望に合わない球団には、“どうか指名を
    遠慮してもらえないでしょうか”と伝えておくつもりだろう。将来はメジャー志望らしいから、その球団方針も清宮の球団選択に影響するのかもしれない。
    清宮側の意向を聞いた上でも日ハムのように何があっても行くという球団もあるだろうし、入団拒否の危険があるなら他の候補に方向転換を考える球団も出てくると思う」

     片岡氏もスカウト時代、1992年のドラフトで、当時の野村克也監督に、星稜の松井秀喜に複数球団競合の可能性を説明すると、『即戦力の投手だ!』と、
    伊藤智仁を1位指名したことがあった。伊藤も3球団の競合となったが「清宮が今回、面談を口にしたことで1位指名球団が減る可能性は高いね」という。

     面談イコール希望球団の絞り込み作業になることは間違いなさそうだ。

     球団の育成ビジョンに共感できない場合は、ルール上、何の拘束力もないが、礼を尽くして事前に指名回避をお願いすることもあるだろう。そうなれば、
    1位指名球団は、減ると見られる。

     清宮は、この日の会見で「簡単に口にはできない」としながらも、「青写真はある」と将来メジャーの夢を捨てていないことを明らかにした。そして、
    メジャー挑戦への条件として、日本のプロ野球で「本塁打王になること」とも言った。

     各球団との事前面談では、当然、ポスティングによるメジャー移籍に関する球団の方針も確認され、清宮側の球団選定に大きく影響すると見られる。
    日ハムがメジャー志望だった大谷翔平を説得するために育成ビジョンをレジメにまとめ、ポスティング移籍OKの条件をもつけたとされるが、将来のポスティング移籍を
    了承するか、どうかもひとつのポイントになるのかもしれない。そうなると、これまで球団として、ポスティングを認めてこなかった巨人は不利だ。

     片岡氏は、こうも続けた。

    「逆に言えば密約もなくクリーンだということ。確かに指導者、環境によってプロでの成否は変わってくるから、引退するときに笑って辞めるためには、
    どの球団に入るかの選定は大事になってくる。日ハム、ソフトバンクは、育成システムには実績がある。日ハムは、中田翔の動向次第で、すぐ使うかもしれないが、
    ソフトバンクは1年、2年は無理させずに育てるだろう。逆に怖いのは育成よりチーム成績が優先される巨人と阪神。監督が目をつぶって使い続けることが
    できるかどうか。巨人は、太田泰示を育てきれずに日ハムに放出し、岡本和真も育てきれていない。金本監督は、新人王を獲得した高山俊でさえ2年目は
    我慢して使えなかった。三振が続いたから、“はい!2軍”では、清宮はつぶされてしまう。清宮の父親が、阪神ファンだと聞くので阪神が面談で落とされる側に
    いくとは考えにくいが。OBだから言うわけじゃないが、推薦するのはヤクルト(笑)。即、使ってもらえるだろうしメディアを含めたプレッシャーも巨人、
    阪神のようにきつくない。伸び伸びとプレーさせてもらえる環境にある。彼が会見で言った“厳しさ”は足りないかもしれないが。少し話が脱線してしまったが、
    面談が進むにつれて球団がふるいにかけられるだろう」

     いずれにしろ清宮サイドに面談で育成についての論理的なプレゼンテーションができないような球団は、ふるい落とされても文句は言えない。過去の
    育成実績も、モノを言うだろう。1位指名を考えている球団は、ドラフト前から、面談に備えたプレゼン資料の作成に追われることになりそうだ。 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170922-00000002-wordleafs-base
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170922-00000002-wordleafs-base&p=2

    【プロ表明の清宮が希望する異例の事前面談に驚愕の声wwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/09/23(土) 22:44:09.56 ID:CAP_USER9
    ● ヤクルト 1 - 8 阪神 ○
    <25回戦 神宮>

     ヤクルトが阪神に1-8で敗れ、今季90敗目を喫した。

     ヤクルトは4回に先発の由規が、大和にタイムリーを浴びるなど2点の先制を許すと、
    5回にロジャースに2ランを打たれた。3点ビハインドの7回には、3番手の山本哲哉が4失点。

     打線は6回に阪神のミスから1点を奪うも、4回以降は1本も安打を放つことができず、
    阪神投手陣に抑え込まれた。

     1-8で敗れ今季90敗目となった真中満監督は「しょうがない。明日から1つでも
    勝てるようにやるしかありません」と厳しい表情で振り返った。

    ベースボールキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170923-00132616-baseballk-base

    【ヤクルトが47年ぶり90敗で完全に暗黒期な件wwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/09/21(木) 21:35:29.59 ID:CAP_USER9
    ニューヨーク・ヤンキース対ミネソタ・ツインズ(現地20日、ヤンキー・スタジアム)の試合中にトッド・フレイジャー内野手が放った105マイル(約170キロ)のライナー性のファウルボールが客席の少女に直撃。球場は騒然となり、試合は4分間中断して、少女の様子を見守った。

     5回裏にヤンキースのフレイジャーが放った三塁方向へのライナー性の当たりが、客席で観戦していた少女に直撃した。その事実に気づいたフレイジャーは明らかに動揺ながら少女の様子を打席近くから見守った。

     少女が客席から運び出されている間、試合は中断。ヤンキースのジラルディ監督は試合後にセキュリティから症状は大丈夫だったという情報を受けたことを記者に明かした。

     打球を放ったフレイジャーはインタビューで、「自分の子供のことを思い出した。ただただ彼女の無事を祈るだけだ」と記者に答え、少女を気遣った。

     また、「ネットの範囲を広げるべきだ。すべての球場がネットを使うべきだと思う」と答え、「この件で何か事が進むことを願っている」と球場の改革を訴えた。

     ツインズのドージャーも同じく試合後に「すべての球場にネットが必要だ」と答え、「ファンが見にくくなるとかは関係ない。すべては安全のためだ」と球場のネット設置を主張した。

     ヤンキー・スタジアムでは今年5月にはファンの少年にバットの破片が直撃、7月にも170キロの打球がファンに直撃するなど、球場内での事故が相次いでいる。
     
     一方で、今年初めにはインディアンスの本拠地でファウルボールに当たり失明した男性が球団に対して起こした訴訟で、裁判所は球団の責任を認めない判決を出している。MLBでは歴史的に、「ファンはボールや折れたバットが当たるリスクを認めた上で試合に行くこと」との主張が通っているが、今回の件で球団がより安全性を強化するような施策を取ることになるのだろうか。

    1

    9/21(木) 12:24配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170921-00010004-baseballc-base 

    【【野球】少女に170キロのファウルが直撃し騒然!試合は中断、少女は客席から運び出される】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/09/17(日) 10:17:25.01 _USER9
    元中日ゼネラルマネジャー(GM)の落合博満氏(63)が17日、TBS系情報番組「サンデーモーニング」(日曜前8・00)に生出演。監督復帰について「そういう話があれば考えます」と意欲的な姿勢を見せた。

     落合氏は2004年から8シーズン、中日の監督を務め、リーグ優勝4度、07年には球団を53年ぶりの日本一に導いた。野球解説者の張本勲氏(77)も「来年、3つくらい(監督枠が)空くからね。最後のご奉公で、いいチームを作ってもらいたい」と後押し。司会の俳優・関口宏(74)から「声が掛かれば(監督を)やるんですね」と確認されると、「考えます」と答えていた。
    1

    9/17(日) 10:10配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170917-00000090-spnannex-base

    【【野球】落合博満氏、監督復帰か!?「話あれば考える」】の続きを読む

    このページのトップヘ