タグ:野球

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/12/12(火) 16:49:57.19 ID:oz9j/z+Q0
    楽天 オコエは国内で自主トレ、米ボンズ氏施設のプラン撤回

     今オフの楽天・オコエは国内にとどまって自主トレに励む。

     11月20日の契約更改の際、米サンフランシスコでバリー・ボンズ氏の経営するジムでトレーニングをするプランを明かしたが、これを撤回。
    メキシコでのウインターリーグ参加中に同施設を見学したが「正直普通だった。とりあえず仙台で練習すると思う」と明かした。「簡単に言うと、足が速いまま筋力をつけたい」とオフのテーマを掲げ3年目の飛躍を目指す。

    【【悲報】これは意識低すぎる・・・オコエ、アメリカでのジムトレーニングもなんかやめちゃう 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/12/12(火) 17:09:28.76 ID:CAP_USER9
     藤浪晋太郎(23)が契約更改に臨んだのは、12月1日だった。今季は開幕から不振で、プロ入り初の二軍降格も経験した。4000万円ものダウン提示に対し、「本当に、妥当かな、と…」と答えただけ。1億2000万円でサインした。3勝5敗(11試合)、防御率4・12、“エース”として「物足りない」のひと言では済まされない大不振だった。

    「秋季キャンプでも、腕の振りについて色々と注意を受けていました。四死球連発で精神的にもまいってしまい、彼も言っていた通り、技術的な狂いを取り戻せませんでした」(在阪記者)

     そんな藤浪に対し、キナ臭い情報も飛び交っていた。「トレード要員」、長い不振から脱出できなければ、「環境を変えてやる」の名目で放出してしまう意見が出ているのだという。

     来春キャンプで「レギュラー特権」を剥奪、つまり、先発ローテーション入りを前提としたマイペース調整は認めない。他投手と一軍当確を争い、オープン戦で結果を残せなければ、二軍に行ってもらうというもの。この時点で復活の兆しが見られなければ、他球団放出となるのだそうだ。

    「いや、金本(知憲=49)監督が就任する直前でした。15年シーズンが終了してすぐ、藤浪は地元メディアのインタビューを受け、近年続いていたシーズン終盤での失速について答えています。ベンチ全体が暗い雰囲気になること、選手が下を向いてしまう現状を変えたいと訴えていました。そのときのインタビュアが矢野燿大二軍監督ですよ。矢野氏のコーチ入閣はもちろん、金本監督の就任の話すらまだ出ていなかった時期でした。矢野氏はコーチ入閣と同時に藤浪の向上心の高さを金本監督に伝えています。金本監督は打撃陣の強化ばかりを話してきましたが、藤浪をチームの中核に据えるつもりでした」(球界関係者)

     こうした否定コメントも聞かれたが、今オフは大型トレードが成立しやすい状況にもある。まず、埼玉西武の山川穂高(26)がアヤシイ。山川は契約更改で提示された金額が自分の予想を大きく下回るとし、「予定している額よりも下ならば、絶対に(印鑑を)押さない」と憤っていた。今季の山川は規定打席には届かなかったものの、打率2割9分8厘、23本塁打、61打点を挙げた。2位争いの佳境となった9月からは4番を任されており、「チームに貢献できた」との思いも強かった。提示額が前年度年俸の1600万円からの倍増に届かなかったとされるが、西武球団はカネでモメる選手がいちばんキライなのだ。チームとして保留者が出たのは7年ぶり、7年前の保留者だった中島宏之、涌井秀章は、最終的にチームを追われている。たとえ主力であっても、「どうぞ、出て行ってください」の空気を作られたら、新天地を探すしかないだろう。

     また、ブキミなのが北海道日本ハムだ。栗山英樹監督(56)はペナント奪回には中田翔(28)の復活が不可欠とし、打順を2番に変える私案を話していた。中田は最後までFA宣言をするかどうかで迷っていた選手だ。

    「日ハムはGM制が機能しているチームであり、選手の補強、編成の権限はフロントにあります。糸井嘉男をトレード放出したのは、契約更改の席でメジャー挑戦の意向をいきなり切り出し、年俸面でもモメたからとされています。栗山監督は糸井放出を全く聞かれていませんでした」(前出・同)

     こうした前例を考えると、栗山監督はこの時期にあえて中田の名前を挙げることで、フロントに「彼を放出しないでくれ」と訴えていたのかもしれない。

     藤浪を放出するとしたら、獲得する側の球団もそれ相応の選手を出さなければならない。思えば、藤浪は二刀流・大谷翔平の同級生であり、プロ入り当初は甲乙つけがたいライバルと目されていた。この2年間の不振で大きく差をつけられてしまったが、投手としての将来性はメジャースカウトも認めていた。突き放すことで「這い上がって来い」と厳しく指導するのも間違ってはいないが、2年続けての不振であり、阪神首脳陣は救いの手を差し伸べてもいいのではないだろうか。

    「コーチが『ここが悪いから、こう直せ』というのは簡単。本人が気づかなければ、本当の意味での弱点克服とはなりません。それができず、気づかないまま辞めていく選手が圧倒的に多いんですが」(プロ野球解説者)

     ライバルに水をあけられた藤浪が復活できなければ、トラの優勝はない。

    http://wjn.jp/article/detail/9349618/
    http://images.wjn.jp/article/18/9349618-1-1.jpg
    no title

    【大谷と差がつきすぎィ!「藤浪晋太郎がトレード要員」って本当? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/12/11(月) 21:06:57.65 ID:CAP_USER9
     プロ野球・日本ハムからポスティングシステムで大リーグ・エンゼルス入りが決まった大谷翔平投手(23)が日本時間の10日、ロサンゼルス郊外にある本拠地エンゼル・スタジアムでファン公開の入団会見を行った。

     大谷は背番号「17」の真っ赤なユニホームに袖を通し、「ハイ、マイ・ネーム・イズ・ショウヘイ・オオタニ」と英語会見をスタート。ユーモアを交え30分以上にわたって会見した。

     「日米の報道陣250人、ファン1000人以上を集めた入団会見だが、球団の期待はかなり大きい。プレーもさることながら、現地に莫大な“経済効果”をもたらすことは確実。来年の春先まで現地は“大谷フィーバー”になりそうだ」(プロ野球担当記者)

     当然、日本のスポーツニュースも現地の大谷を大々的に追いかけることになりそうだが、そこで激化しそうなのが、美人女子アナたちによる“争奪戦”だというのだ。

     「局アナたちを押しのけて真っ先にはせ参じそうなのが『スポーツLIFE HERO'S』(フジテレビ)を担当するカトパンこと加藤綾子アナでしょう。以前は大リーガーのダルビッシュ有に接近し玉砕した苦い過去もありますが、大人の色気でメロメロにしそう。既婚者ですが、NHKは『サンデー・スポーツ』の杉浦有紀アナの投入は確実。推定Gカップの“メロン乳”が武器です。となると、テレビ東は『追跡LIVE! Sports ウォッチャー』の曜日キャスターをつとめる“インテリ巨乳”の鷲見玲奈アナでしょう。フジは当然、大谷と同郷で『めざましテレビ』のスポーツキャスターをつとめる久慈暁子アナをあてがうはず。久慈アナが大谷と“中出し婚”でもしてくれれば幹部も万々歳のはずです」(民放キー局のスポーツ班スタッフ)

     しばらく、大谷の周囲は美女アナたちの“ハーレム状態”になりそうだ。

    http://wjn.jp/article/detail/4660938/
    http://images.wjn.jp/article/38/4660938-1-1.jpg
    no title

    【【野球】"大谷翔平"争奪戦が終わり、そして始まる"大谷翔平"争奪戦──。 球団の次は美人女子アナが奪い合うwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/12/10(日) 23:58:46.74 ID:Ymzexo5+0
    <プロ野球>埼玉西武、巨人・谷岡を獲得へ
     ◇移籍の野上の人的補償

     プロ野球・埼玉西武は明日11日、巨人へフリーエージェント(FA)移籍した野上亮磨投手(30)の人的補償として谷岡竜平投手(21)を獲得したと発表した。
     谷岡は埼玉出身で成立学園高等学校から東芝を経てドラフト3位で巨人に今季入団。切れのある直球とスライダーが武器の右腕で、1年目は中継ぎとして5試合に登板して0勝1敗、防御率12.00だった。

     入団からわずか1年で移籍することになった谷岡は「チームは変わるが、一回り、二回りも成長した姿を見せられるように新天地でも頑張りたい」とコメント。
     埼玉西武の鈴木葉留彦球団本部長は「年齢も若く、能力も非常に高い選手という評価で、将来性も十分。来季からも勝負できる素材」と期待していた。
    77a9e62da2a4bb44d1add42c00ca6dd1


    【【速報】これは良移籍!埼玉西武、野上亮磨投手のFAの人的補償が遂に決定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/12/10(日) 20:55:14.67 ID:CAP_USER9
     
    日本ハム斎藤佑樹投手(29)が9日、サービス精神全開でファンを喜ばせた。

     都内で行われた首都圏ファンズミーティングに、新垣と参加。チーム屈指の盛り上げ役、新垣に引っ張られる形で、
    モノマネや歌マネを披露した。お笑いコンビ・トレンディエンジェルの代表ネタ「斎藤さんだぞ!?」や、
    桑田佳祐の「白い恋人達」を熱唱し、大歓声を巻き起こした。

     寝ている時の姿を聞かれた時には「右を下にして寝ています。抱き枕はないですね」と回答。
    すかさず隣にいた新垣から「何を抱いているんだよ~!」と突っ込まれると「めんどくせー!」と絶叫するなど、
    自然体な姿にファンも大興奮だった。

    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171209-00073512-nksports-base
    画像
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20171209-00073512-nksports-000-2-view.jpg
    no title


    日本ハム・斎藤佑樹投手が9日、都内でファンミーティングを開催した。

     歌手・桑田佳祐の物まねを披露したり、トレンディエンジェルのギャグ「斎藤さんだぞ」を口にしたりして、ファンを盛り上げた。

     トークショーでは「僕は夢をずっと追い続けたい。野球選手として大成功するという夢です」と語り、拍手を浴びた。

    デイリー
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171209-00000117-dal-base

    【【野球】「斎藤さんだぞ!?」 斎藤佑樹がトークショーでファンを喜ばせる】の続きを読む

    このページのトップヘ