タグ:野球

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/10/30(月) 00:45:05.66
    横浜ファン

    1

    【【野球】12球団で一番『パイア(審判が、明らかに一方のチームに有利な誤審をした際に使う言葉)』を連呼するチームと言えばwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/10/28(土) 13:24:45.40 ID:yUZgdlH0d
    10%くらいか?
    fb_logo01


    【【急募】DeNAベイスターズが日本一になる確率をあげろwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/10/28(土) 00:40:50.56 _USER9
    10/27(金) 19:07配信
    「これ、放送しちゃダメだったろ」 TBSドラフト特番、死にたかったと嘆く「指名漏れ」選手にスタジオ絶句

     2017年10月26日放送の「ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう」(TBS系)で、九州共立大の望月涼太選手(22)が特集された。そのエピソードが「あまりに重すぎる」とインターネット上で波紋を広げている。

     「死にたいと思うくらい、申し訳ないなって」。望月選手は番組VTRの中で、両親へのこんな「懺悔」を口にしていた。一体、彼と両親との間に何があったのか。そして、ドラフトの「結果」はどうなったのか。番組で生中継された、その一部始終とは......。

    ■「自分が野球をやってから、家の中がおかしくなった」

     望月選手は滋賀県出身の遊撃手で、大学通算110安打を記録したヒットメーカー。高校時代は通算32本塁打を記録するなど、パンチ力ある打撃も特徴。今年のドラフトでは、複数の社会人チームの誘いを断ってプロ志望届を提出していた。

     そんな望月選手の生い立ちを紹介したのが、ドラフト当日に放送されたTBS特番だった。特集のタイトルは、「野球が切り裂いた家族の絆 今夜、笑顔を取り戻す」。野球をきっかけに「崩壊」したという望月選手の家庭をクローズアップした内容だ。

     この特集VTRの冒頭で望月選手は、

      「自分が野球をやってから、家の中がおかしくなった。死にたいと思うくらい、申し訳ないなって思っていました」

    と懺悔の言葉を口に。その上で、家族がそろって写真を撮影したのは「15年前が最後」との情報も紹介された。

     いったい、望月選手の家庭に何があったのか。番組のVTRで特集されたエピソードは、次のような内容だった。

     幼い頃からプロ野球選手を目指していた望月選手は、小学4年生の時に周囲との「温度差」から少年野球チームを退団。そこで、建設会社を経営していた父に「毎日練習に付き合って欲しい」と頼んだ。

     息子からの真剣な願いに父は応えた。毎日2時間の朝練習に付き合い、会社も早退した。さらに、息子を高額な野球塾に通わせるなど、毎月10万円以上を望月選手のために費やした。

     当然、家計は苦しくなり母はパートへ。だが、それでも父は息子のサポートを優先した。あるときは、息子の練習のために85万円のバッティングマシーンを購入したというのだ。


    部下の横領で父の会社は廃業に

     望月選手が中学生になると、親子の練習時間はさらに伸びた。父が会社を休んで練習に付き合い、経営を部下に任せることも多くなっていた。

     このとき、一家を揺るがす大事件が起きる。父が仕事を任せていた部下が、会社の建設資材を転売し、その金を持ち逃げしたのだ。被害額は数千万円に達し、父の会社は廃業を余儀なくされた。

     会社を失ったことで、望月家の生活は激変。日々の食費にも困るようになり、父と母が衝突することも多くなった。だがそれでも、父は「高校入学まで付きっ切りで練習を見たい」として、なかなか新たな仕事を始めなかった。

     徐々に崩壊する家庭に強く責任を感じていたという望月選手。番組の再現VTRでは、自分の部屋で一人号泣する望月選手に、妹が、

      「やめなよ、野球。家族がここまでぐちゃぐちゃになってるのに。そこまでして続けるものなの、野球って?」

    との言葉をかけるシーンも放送された。

     こうした状況について、望月選手は番組のインタビューの中で、

      「泣いてるときは死にたいって思っていました。お父さんを見てても、お母さんを見てても前までは普通だったのに...。幸せな普通の家族。でも自分が野球をやってから、家族が無茶苦茶っていうかバラバラになった」

    と悲壮な表情を浮かべて振り返る。その上で、「自分が何とかしないといけない。プロ野球選手になって、親を生活できるようにさせてあげたい」とも話していた。

    ドラフトの結果は...

    (続く)
    1

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171027-00000012-jct-ent&p=1 

    【【テレビ】「これ放送したらダメだろ」「重すぎる・・・」 TBS『ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう』で放映された、野球に人生を狂わされた家族の話・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/10/28(土) 05:20:13.04 _USER9
    DeNAがセ・リーグで初めてリーグ3位から日本シリーズ出場を果たした。多くのメディアが“下克上”達成と盛り上がる一方で、
    首位・広島と14.5ゲームゲーム差つけられていたDeNAが日本シリーズ出場に出場していいのかという疑問視する声も挙がっている。

    そもそも2004年にパ・リーグが先行導入し、さらに2007年から両リーグで正式に実施することになったクライマックスシリーズ(CS)は、その形態に根本的な矛盾を抱えている。
    日本シリーズに出場するチームは本来、セ・パ両リーグの“覇者”であるべきなのに、今回のようにリーグ優勝したチームが出場できない事態が起こってしまうから、すべてのファンを納得させられないのだ。

    MLBのように各地区を勝ち上がったチームがリーグ優勝を争うかたちのプレーオフ形式なら問題はないし、誰もが納得できる。しかしCS実施前にすでにリーグ優勝が決まってしまうのは明らかな矛盾だろう。

    一部メディアやファンの中にはCS自体を廃止し、以前のようにリーグ優勝チームがそのまま日本シリーズに出場できるようにした方が良いという意見も少なくない。
    しかしCSというプレーオフ形式が現在では多くのファンに受け入れられ、プロ野球を盛り上げる人気コンテンツの1つになっているように思う。ならばプレーオフは残しておきたいところだ。

    もし現在の2リーグ12チーム制のままMLBのような整合性をもたせるならば、両リーグを3チームずつに地区分けするか、以前パ・リーグが実施していたシーズンを前後期制にして、
    まず各リーグでリーグ優勝を争うかたちにしなければならない。しかし現実的にみれば1地区3チームは少ないし、シーズン前後期制は長丁場のシーズンの醍醐味を失うことになる。

    ならば思い切って2リーグ制を廃止して1リーグに統轄し、12チームを3地区に分け、地区優勝3チームとワイルドカード1チームでタイトルを争うかたちにすべきではないだろうか。
    リーグ優勝は消滅しても地区優勝というタイトルが新たに誕生するし、さらに現在のMLBのようにワイルドカード進出を2チームで争うようにすればプレーオフに計5チームが参加できるようになり、6チーム参加できるCSと遜色はなくなる。

    また1リーグ制になってもセ・パ両リーグの特性を残したいのであればDH制を従来通りとし、これまで交流戦で実施されてきたかたちで元パ・リーグのチームの主催試合でDH制を採用すればよい。
    あくまで個人的な意見だが、東地区を日本ハム、楽天、巨人、ヤクルトの4チーム、中地区をロッテ、西武、DeNA、中日、西地区を阪神、オリックス、広島、ソフトバンク──に分ければそれぞれセ・パの2チームが入ることになり、バランスも保たれるだろう。

    CSが根本的な矛盾を抱える限り、自分の中にあるわだかまりを解消できることはない。むしろその矛盾を薄めるがごとくリーグ優勝チームに最大のアドバンテージを与える現行の開催方式は逆に不満を増してしまっている。
    やはりプレーオフもホーム&アウェイで堂々と開催すべきだ。

    かつてプロ野球界に1リーグ制導入が囁かれたこともあったが、当時は球界再編問題に揺れる中での一部球団の独断的な意見だった。だが今回は違う。12チーム一丸となって更なる発展を目指していく上での1リーグ統合だ。
    ぜひNPBを中心に真剣な討議をお願いしたい。
    1

    菊地慶剛 | スポーツライター/近畿大学法学部非常勤講師
    10/27(金) 10:10
    https://news.yahoo.co.jp/byline/kikuchiyoshitaka/20171027-00077415/

    【【野球】なぜNPBは1リーグ制にしないのか? 負けた広島、勝った横浜】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/10/26(木) 17:33:29.57 _USER9
    プロ野球のドラフト会議は26日に東京都内で開催され、最大の目玉選手と言われた早稲田実業の
    清宮幸太郎内野手(18)は日本ハムが交渉権を獲得した。

    清宮には日本ハムをはじめロッテ、ヤクルト、巨人、楽天、阪神、ソフトバンクと7球団の指名があり、
    抽選の結果木田優夫GM補佐が「交渉権確定」のくじを引き当てた。

    交渉権確定後に行われたインタビューで当たりくじを引いた木田GM補佐は「(友人である)
    明石家さんまさんに左手でいけと言われました」とくじの“勝因”について説明。清宮に対し
    「日本の宝になる選手」と入団と活躍に対する大きな期待を語った。
    1

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171026-00000114-spnannex-base

    【【野球】注目のドラフト、清宮選手の交渉権は日ハムが獲得!! くじを引いた木田GM「明石家さんまさんのおかげ」】の続きを読む

    このページのトップヘ