タグ:道徳

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    publicdomainq-0044164tdfrcq

    1: 2021/03/30(火) 04:48:18.66 ID:3VQpniH20
    ソースは日本と諸外国の比較

    【宗教に何のメリットも無かったことが決定してしまうwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    39294c2103703a74f245140f270c1e32_t

    1: 2020/06/13(土) 03:18:54.495 ID:jCf5Nc0Sd


    【【胸糞】道徳の教科書「ふと横を見ると、大柄な人がいるのに気づく。」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title

    1: 2020/01/19(日) 15:38:02.81 ID:swFkbK5P0
    【星野君の二塁打】

    (打てる、きっと打てるぞ!)

    星野君は、強くバットをにぎり直した。

    (かんとくの指示は、バントだけれど、今は打てそうな気がするんだ。どうしよう……。)

    ピッチャーが第一球を投げ込んできた。星野君は反射的に、思いきりバットをふった。

    バットの真ん中に当たったボールは、ぐうんとのびて、セカンドとショートの間をあざやかにぬいた
    。ヒット! ヒット! 二塁打だ。ヒットを打った星野君は、二塁の上に直立して、
    思わずガッツポーズをとった。この一打が星野君の所属するチームを勝利に導き、市内野球選手権大会出場を
    決めたのだ。

    その翌日も、チームのメンバーは、練習を休まなかった。決められた午後一時に、町のグラウンドに集まって、
    焼けつくような太陽の下で、かた慣らしのキャッチボールを始めた。

    そこへ、かんとくの別府さんが姿を現した、そして、

    「みんな、今日は少し話があるんだ。こっちへ来てくれないか。」

    と言って、大きなかしの木かげであぐらをかいた。

    選手たちは、別府さんの周りに集まり、半円をえがいてすわった。

    「みんな、昨日はよくやってくれたね。おかげで、ぼくらのチームは待望の選手権大会に出場できることになった。
    本当なら心から、『おめでとう。』と言いたいところだが、ぼくにはどうも、それができないんだ。」

    別府さんの重々しい口調に、選手たちは、ただごとではなさそうなふんいきを感じた。

    別府さんは、ひざの上に横たえたバットを両手でゆっくり回していたが、それを止めて、静かに言葉を続けた。



    【【悲しすぎる】小学生の道徳の教科書【星野君の二塁打】が物議を醸す!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    wakaremichi_man

    1: 2019/07/08(月) 11:58:36.95 ID:GpmyP28N0

    no title

    【日本の道徳の教科書「デブを殺して5人を助けますか?」←どうする? 】の続きを読む

    このページのトップヘ