タグ:裁判

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2018/03/20(火) 14:45:05.57 ID:CAP_USER9
    http://www.sankei.com/smp/affairs/news/180320/afr1803200018-s1.html

    10代の少女にわいせつな行為をしたとして、静岡県青少年環境整備条例違反罪に問われた静岡市駿河区の自営業、吉村友利被告(36)の判決公判が19日、静岡地裁であり、佐藤正信裁判官は無罪を言い渡した。吉村さんは平成28年8月に県立美術館で開催された粘土教室でインストラクターをしていた際、当時15歳の少女の尻を触るなどしたとして逮捕、起訴された。
    続きはソースから

    1

    【【法の死】少女にわいせつ、インストラクター男性に無罪判決・・・ 裁判長「被告が少女の尻付近を手で触れたことは認めるがわいせつ性なし」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2018/03/02(金) 22:09:07.02 ID:CAP_USER9
    たかじんさん妻敗訴確定 サンデー毎日記事巡り
    2018.3.2 18:33 SANSPO.COM(サンスポ)
    http://www.sanspo.com/geino/news/20180302/sot18030218330011-n1.html
    1

    タレントの故やしきたかじんさんの妻が、サンデー毎日の記事で名誉を傷つけられたとして、発行元の毎日新聞社に損害賠償を求めた訴訟は、妻敗訴の二審判決が確定した。最高裁第1小法廷(木沢克之裁判長)が1日付で、妻の上告を受理しない決定をした。

    続きはソースから


    【やしきたかじんさんの妻・さくらさん、敗訴──。 ”嘘つき”は誰だ?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2018/02/19(月) 17:52:19.65 ID:LIza65ZA0
    Takashi Mochizuki
    @mochi_wsj
    コロプラvs任天堂裁判記録閲覧報告1:

    任天堂が白猫プロジェクトに関しコロプラを訴えている件について、記録を閲覧したので報告します。
    ツイッターの制限上簡易的になりますが、興味がある方は東京地裁で閲覧できます。収入印紙150円が必要。

    Takashi Mochizuki?
    @mochi_wsj
    コロプラvs任天堂裁判記録閲覧報告2:

    訴えている点は

    1: プレイヤキャラクタの移動操作に関して
    2: チャージ攻撃操作に関して
    3: 端末におけるゲームへの復帰に関して
    4-a: アプリをインストールした端末およびシステムに関して
    4-b: 実行される通信ゲーム方式に関して
    5: シルエット表示に関して

    4478index

    【【速報】コロプラが任天堂に対し特許侵害していた全内容がヤバすぎるwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/12/21(木) 23:20:42.02 ID:xLf2OWW00 BE:284093282-2BP(1000)
    園児が遊ぶ声「うるさい」 訴えた男性、敗訴確定:朝日新聞デジタル

     「園庭で遊んでいる園児の声がうるさい」として、神戸市の男性が近隣の保育園を相手取り、慰謝料
    100万円と防音設備の設置を求めた訴訟の上告審で、男性の敗訴が確定した。最高裁第三小法廷
    (木内道祥裁判長)が19日付の決定で、男性の上告を退けた。

    85

    続きは以下より
    https://www.asahi.com/articles/ASKDP5RC9KDPUTIL03M.html

    【【悲報】穏やかな生活は帰ってこない・・・「保育園でクソガキ遊んでる声がうるさい」と訴えた男性、敗訴確定 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/11/27(月) 19:02:08.36 ID:eFHSVoX/0● BE:284093282-2BP(2000)
    「生活保護受給世帯の就職活動にパソコンが必要なら,知人等から借りて賄えばいい。」という判決(東京地判平成29年9月21日): 弁護士 木村康之のブログ
    2017/11/25 11:50:02

    私が担当している裁判(生活保護法第63条の規定に基づく費用返還請求処分取消請求事件)で,目を疑うような内容の判決が言い渡されました。

    原告であるAさんは,生活保護を受給していましたが,手違いにより,1年間で生活保護費が70万円ほど多く払われていました。
    Aさんは,そのことに気づかず,70万円のうち6万円でパソコンを買い,就職活動などに使っていました。
    その後,Aさんは役所から保護費70万円を全額返せと言われたので,パソコンの購入費用6万円については,今後自立するために必要なやむを得ない支出なので,返還額から免除して欲しい,と裁判所に訴えました。

    この原告の訴えに対し,東京地方裁判所民事第2部(林俊之,梶浦義嗣,高橋心平裁判官)は以下のとおり判断しました。

    『原告は,本件パソコン等は,求職活動や,〇〇会社で就労していた際の派遣元である××会社では,
    給与明細をパソコン等で印刷しなければならず,原告が収入申告を行うためには,必要不可欠であった旨を主張する。

    しかし,原告が主張する上記用途であれば,パソコン等を一時的に知人等から借りるなどして賄うことができ,本件パソコン等は自立更生のために不可欠とはいえず,その他自立更生のために不可欠といえる用途があることはうかがわれない。
    したがって,本件パソコン等代金を自立更生免除の対象としなかった処分行政庁の判断が不合理とはいえない。』
    1

    以下ソース
    http://kmrysyk.cocolog-nifty.com/lawyer/2017/11/post-5a96.html

    【【生活保護】東京地裁「生活保護家庭の就職活動にパソコンは不要。必要なら知人から借りればいい」】の続きを読む

    このページのトップヘ