タグ:芸人

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20181212-00553260-shincho-000-view


    1: 2018/12/13(木) 06:53:26.61 ID:CAP_USER9
    お笑いタレント・久保田かずのぶ(とろサーモン)が、自ら起こした上沼恵美子“批判騒動”によって、芸人生命の危機を招いているようだ。

    発端は、2日に放送された“日本一の漫才師を選ぶ祭典”『M-1グランプリ2018』(テレビ朝日系)放送後にスーパーマラドーナ・武智がインスタライブで配信した、久保田の動画だった。
    『M-1』で審査員を務めた上沼の審査内容に不満を持った久保田は、「酔ってるから言いますけど、(審査員を)そろそろもうやめてください」「自分目線の、自分の感情だけで審査せんといてください」
    「お前だよ、一番お前だよ。わかんだろ、右側のな」と発言し、審査員席の一番右の席に座っていた上沼を批判。
    上沼は3日放送のラジオ番組内で審査員の引退を宣言し、翌4日には久保田は自身のTwitterに上沼への謝罪コメントを投稿した。


    続きは以下より
    http://dailynewsonline.jp/article/1608040/
    2018.12.12 21:55 ビジネスジャーナル

    【上沼恵美子、とろサーモンを“公開処刑”…久保田、各局が起用自粛で芸人生命に終止符か 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    6

    1: 2018/12/06(木) 05:59:19.08 ID:VqorNlkh0
    とろサーモン久保田騒動後ラップ番組に出る

    久保田のラップ書き起こし

    敗戦後の日本国民は権力や財力などにひれ伏した、檻の中の羊のようになるように飼いならされた
    強い者に立ち向かうヒーロー、悪い者を打ちのめすヒーローは二次元では人気を集めるが
    会社や社会の中では年長者や権力者に意見をする事は
    正しい事でも罪人 悪人のように大衆に吊るし上げられ、羊として生きる事が正しいと洗脳された家畜達に批判される運命にありますか
    自己中心的で身勝手な思考に、観る者の反感を持ち不快感を覚えていたくせに
    誰かが権力に刃向かうとは何事だと声を上げると、一斉にそれに賛同
    自分達とは違う勇気ある者を潰しに来るのは彼等が皆、権力に逆らえない自分の生き方を変える勇気がないのか
    家畜人間だからです
    だから僕はこの言葉が流行
    ぼーっと生きてるんじゃねー、ぼーっと生きてる奴が入ってくんじゃねー

    その後司会に
    「一番右の人凄いねーお前だよお前へと」
    いじられ、さすがの久保田もこれには気まずそうな表情。


    【とろサーモン久保田、大炎上騒動を起こすもまったく反省していない 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    kaminuma_emiko-20170530163103


    1: 2018/12/05(水) 17:35:17.64 ID:VscRsSEq0
    未だ更年期に入っていない若々しさも同時に証明した

    【上沼恵美子さん、M-1審査員引退の理由を説明「出産、育児のため」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    manzai


    1: 2018/12/04(火) 08:35:58.72 ID:CAP_USER9
    漫才日本一を決める「M-1グランプリ2018」がスタートし、霜降り明星、和牛、ジャルジャルの3組が最終決戦に進出し、霜降り明星4票、和牛3票で霜降り明星が優勝した。

    今大会は4640組がエントリー。和牛、霜降り明星、ゆにばーす、見取り図、かまいたち、、スーパーマラドーナ、ジャルジャル、トム・ブラウン、ギャロップのファイナリストに、敗者復活戦を勝ち上がったミキを加えた10組が出場。
    審査員はオール巨人、上沼恵美子、中川家・礼二、松本人志、立川志らく、サンドウィッチマン・富澤たけし、ナイツ・塙宣之の7人がつとめた。


    続きは以下より
    http://dailynewsonline.jp/article/1596176/
    2018.12.04 07:30 トカナ

    【M-1グランプリ、立川志らくの審査が最悪!? “笑えないけど99点”に批判殺到 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    わindex


    1: 2018/12/02(日) 23:56:46.53 ID:CAP_USER9
    テレビ朝日系の若手漫才師日本一決定戦「M-1グランプリ2018」(後6・34)が2日、東京都内で行われ、霜降り明星が制覇し、賞金1000万円と“平成最後の漫才日本一”の栄冠を手にした。

     お笑いコンビ、ダウンタウンの松本人志(55)は「前半は全体的に重かった。後半はみんながチームプレみたいな感じで漫才を盛り上げてくれて、俺はおっさんやから泣きそうになった」とねぎらった。

    続きは以下より
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181202-00000592-sanspo-ent

    【<松本人志>「M-1」に感激!「おっさんやから泣きそうになった」 】の続きを読む

    このページのトップヘ