タグ:紅白歌合戦

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/11/17(金) 21:54:56.51
    @k●●●●6
    20周年なのに紅白出れないのか。
    NHKにも干されたか。
    秋元の圧力か。
    どっちにしても秋元グループ嫌い👋

    @h●●●●9
    ちっ
    いいか?
    勘違いするなよ?
    モーニング娘。は紅白に出れないんじゃない‼︎
    出ないんだ‼︎

    @i●●●●e
    紅白より年越しライブしてた方が事務所は儲かるのです。
    最近の紅白の視聴率の落ち目もありますが…それを知っての紅白辞退や卒業してる歌手も多いのが事実です

    @i●●●●e
    現に裏番組(笑っては…)などに視聴率とられてるし、他にもディズニーリゾートとかUSJとか年越しライブ等いって年越しを家で過ごさないひとも多くいるし

    @h●●●●4
    20周年で出れないってどうしたらいいの??
    今年は某ジャニーズグループともオリコンいい勝負したし、20周年っていう節目の年だし、他の出場グループと並べても遜色ないと思うけど😭
    今年じゃなくてもいいグループはいっぱいあるけど、娘。は今年じゃなきゃだめだったんだよ
    ファン目線だけど…

    @k●●●●1
    NHKって昔は口パクはダメだった気がしましたが、実力が無いと出られないって時代ではないんですかね。
    本物が分かる人達でハロプロは応援しましょう(笑)

    1

    【【紅白歌合戦】モーニング娘。が紅白歌合戦落選でハロオタブチギレwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/11/16(木) 10:37:05.18 ID:CAP_USER9
    今年の「NHK紅白歌合戦」の総合司会に、お笑いコンビ・ウッチャンナンチャンの内村光良が抜擢された。
    総合司会を同局のアナウンサー以外のタレントが務めるのは、1983年のタモリ、2005年のみのもんた(山根基世アナとの共同司会)以来。
    紅組司会は、昨年に続き女優の有村架純。白組司会は、嵐の二宮和也に決定した。

    内村にとって紅白は、98年に音楽ユニット・ポケットビスケッツのメンバーとして出場して以来の出演となる。

    この報にネット民は「ウッチャン良いじゃん」「ウッチャンはLIFEやってるから選ばれたんだろーね」など歓迎ムードのある一方、「なんでウッチャンなの? 総合司会はNHKの局アナでいいよ」「なんでウッチャン? 
    NHKには優秀なアナウンサーいっぱいいるじゃない。訳がわからん!」など、賛否が分かれた。

    芸能ジャーナリストは、内村の起用理由をこう見立てる。

    「基本的にNHKは、局への出演の多さ、いわゆる貢献度が重視されます。内村がNHKに出演しているのは、
    12年から続いている『LIFE!~人生に捧げるコント~』のみ。ですが、『LIFE~』は紅白視聴につながる中高年女性の支持が高く、内村は幅広い知名度があり老若男女から好感度が高い。
    それが、ジャニーズ枠と揶揄される白組司会の二宮や、2年続投となる有村の緩衝材的存在になればと考えたのではないか。『イッテQ!』や『スクール革命!』などでの実績も加味されていると思います」

    バラエティ番組の司会者としては高評価の内村だが、歌番組の司会は皆無に等しい。
    時間配分の難しい生放送の紅白を、どこまで仕切れるか楽しみにしたい。
    1

    http://dailynewsonline.jp/article/1376365/
    2017.11.16 10:14 アサジョ

    【【紅白歌合戦】内村光良が総合司会に選ばれた“やっぱり”な理由 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/11/17(金) 06:32:22.36 ID:CAP_USER9
    年末の『NHK紅白歌合戦』の出場歌手が決定。
    30年目のエレファントカシマシや20周年の三浦大知、
    10周年のHey! Say! JUMP、トータス松本(ソロ)などが初出場となることがわかった。

    全体的に「見所」の少ない『紅白』となるのは明白だ。
    昨年は「ピコ太郎」や「君の名は。」「逃げ恥」など盛り上げやすいエンタメコンテンツがあったが、今年は目立った大ヒットがない。
    安室奈美恵や桑田佳祐などにも出場を断られたようで、結局ジャニーズとAKBグループが中心となりそうだ。
    これでは今年の視聴率下降もやむなしか。
     
    その一方、女子中高生の間で人気ということで、初出場となったのが韓国アイドルグループ・TWICEだ。
    TWICEは9人組のアイドルグループで、昨年日本に上陸。10代から大きな支持を集めているようだ。
    ちなみに、そのうち3人(ミナ・サナ・モモ)は日本人である。
    "TTポーズ"は今年、流行のポーズとして時折メディアでも取り上げられていた。
     
    韓国グループの『紅白』出場は実に6年ぶり。ただ、やはり一部からは厳しい声が......。

    「一部では『韓国枠はいらない』『そこまで知名度あるの』『流行って、ステマじゃん』など、拒否反応を示す意見は多いですね。

    10代に大人気なのは確かなようですが、他の世代にはあまり浸透していないのもあるでしょう。
    そもそも『ゴリ押し』ということで嫌う意見も多数です。

    『嫌韓』に敏感な人も多いですし、『安室などの空いた枠に入れただけ』という声もあります。
    韓流を好きでなければ特に喜ばしい出場でもないということでしょうか」(記者)
     
    やはり一部の「韓流バッシング」は今なお強い様子だ。

    TWICEの存在が『紅白』視聴者離れの要因にもなり得るということか。
     
    TWICEが10代に絶大なる人気を誇るのは事実だが、全世代の支持を集める存在ではないらしい。
    まあ、今回の『紅白』で一部世代の支持すらもなさそうな出場者が多いのも否定はできないのだが......。
    1

    http://biz-journal.jp/gj/2017/11/post_5041.html


    【【紅白歌合戦】紅白初出場の韓国アイドルグループ・TWICEに厳しい声「韓国枠いらない」「ゴリ押し」「まったく知らない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/11/17(金) 06:09:07.41 ID:CAP_USER9
     おおみそかの「第68回NHK紅白歌合戦」の出場者が16日に発表されたが、リストの中には来年9月16日の引退を発表しており“ラスト紅白”として注目された安室奈美恵(40)の名前はなかった。

     各スポーツ紙によると、同日行われた会見で同局の制作サイドトップはオファーしていることを明かしたものの交渉の経緯は明かさず、「最後まで粘り強くお願いしていく」とコメントしたという。

     「今月23日には同局で2時間にわたって安室をインタビューした特番『安室奈美恵 告白』が放送される。同番組の収録には紅白の制作幹部が立ち合い“誠意”を見せたというが、ビジネスにシビアな安室にとって特番と紅白はまったく別物。そもそも、民放キー局に比べて格安なギャラで紅白に出てある程度の時間拘束されるメリットはまったくない。現時点で出場する可能性は限りなくゼロに近いだろう」(レコード会社関係者)

     そんな中、この日の発表を前に一部が報じたのが、今月初めにAbemaTVで放送された72時間生特番の視聴者数が7400万人を突破した、元SMAPの稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(43)、香取慎吾(40)が出演する「Abema紅白」が企画されていることを報じた。

     「特番同様、3人がホスト役で、『セロリ』の山崎まさよし、『夜空ノムコウ』のスガシカオ、川谷絵音、サカナクション、ナオト・インティライミ、小室哲哉らSMAP時代の楽曲提供者たちが出場するのだとか。Abemaはいくらでも金を使うので破格のギャラで安室に水面下で安室にオファーしているようだ。安室が出るとなれば“裏紅白”ともいえるそっちに視聴者を持って行かれてしまうだろう」(音楽業界関係者)

     “安室効果”でどこまでアクセスが伸びるかが注目される。
    1

    http://wjn.jp/article/detail/0078200/

    【【紅白歌合戦】安室奈美恵、“裏紅白”出場か? 元SMAPの3人らとも共演の可能性】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/11/16(木) 11:30:33.25 ID:CAP_USER9
    11/16(木) 11:22配信
     大みそかの「第68回NHK紅白歌合戦」(後7時15分)の出場歌手46組が16日、東京・渋谷の同局で発表された。トータス松本(50)、Hey!Say!JUMP、SHISHAMO、TWICEら10組が選ばれた。

     スーツ姿の竹原ピストル(40)は「紅白に出させていただけるとは思っていなかったけれど、歌うたいとして、一度経験してみたいステージだった。光栄に思いますし、うれしく思います。精いっぱいやらせていただこうと思っています」と力強く宣言した。

     住友生命「1UP」のCMソング「よー、そこの若いの」がロングヒットを記録。「CMを歌わせてもらったり、映画やCMに出させてもらったり、チャンスをくれた方に恩返しをしなきゃいけないと思った」。出場が決まった心境には「シンプルに思ったのは父ちゃん、母ちゃん喜ぶだろうな~。楽しみなことは、WANIMAの3人と福岡のライブハウスで過ごしたことがあって、そういった仲間と紅白の舞台で再会できたのは感慨深いものがある」と話した。
    1

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171116-00000093-sph-ent

    【【紅白歌合戦】"よー、そこの若いの" 竹原ピストル、紅白初出場に喜び語る「父ちゃん、母ちゃん喜ぶだろうな~」】の続きを読む

    このページのトップヘ