sggsindex


1: 2018/09/29(土) 04:20:43.52 ID:CAP_USER9
■なぜ秋葉原から「本当のオタク」がいなくなったのか

世界有数の電気街として知られる東京・秋葉原は、テレビやPCなどの家電からコンデンサや抵抗器といった電子部品まで、機械なら何でも手に入るだけでなく、アニメグッズやゲームセンター、メイドカフェなどサブカルチャーの街としての側面も持つオタクの街。
それが一般的なイメージだろう。
しかし、今の秋葉原の実態は観光客向けの形骸化した萌えとインバウンドの街であり、オタクの街ではない。
それが秋葉原に10年以上通う私の意見だ。

  続きは以下より
http://news.livedoor.com/topics/detail/15370289/

【秋葉原から「ホンモノのオタク」が消えた理由 】の続きを読む