タグ:相撲

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    sumo_rikishi_harite2


    1: 2018/09/28(金) 07:11:39.77 ID:CAP_USER9
    日本相撲協会は、貴乃花親方の退職について「本人の意思が固い」などとして来月1日に開かれる臨時の理事会で退職を認める見通しです。このまま退職の意思が翻されないかぎり角界を去ることになります。

    貴乃花親方は今月25日、日本相撲協会に退職を届け出たほか、部屋の力士などの千賀ノ浦部屋への移籍を希望する書類を提出しました。

    これを受けて相撲協会は27日の理事会で、来月1日に臨時の理事会を開いて力士などの移籍を審議し承認したあと、貴乃花親方の退職についても扱うことを決めました。

    続きは以下より
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180928/k10011647341000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_004

    【貴乃花の退職 日本相撲協会が認める見通し 優勝22回 平成の大横綱が角界を去ることに 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    vsvsindex


    1: 2018/09/27(木) 13:07:39.97 ID:CAP_USER9
    2018年9月27日10時16分 スポーツ報知
     
     
    貴乃花親方

     日本相撲協会への退職届を提出した貴乃花親方の兄で、元横綱3代目若乃花のタレント・花田虎上(まさる、47)が27日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)に生出演した。
    続きは以下より

    【花田虎上、 「とくダネ!」生出演で貴乃花親方に呼びかけ和解を提案「番組で二人旅でも」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    sumo_rikishi_harite2


    1: 2018/09/26(水) 07:13:00.29 ID:CAP_USER9
    貴乃花親方が、東京・江東区東砂に構える貴乃花部屋をすでに手放していたことが25日、分かった。会見で貴乃花親方は、土俵と共に部屋を残す意向を示した。だが「即入居可」の貸倉庫物件として、不動産業者などが、新たな入居者を募集していた。 

    現在、貴乃花部屋として構えている物件は、1カ月74万円余りで新たな入居者を募集していた。「即入居可」の貸倉庫として、もちろん相撲部屋だけではなく一般企業なども対象に広く募集。不動産業者は「手続きがスムーズに進めば2週間で入居できる物件です」と説明。2週間後には、企業のオフィスなどとして、利用が開始される可能性が出ていることが判明した。

    続きは以下より
    https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/201809250001024.html

    【貴乃花は既に「土俵」手放していた 貴乃花部屋物件は「即入居可」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    sumo_rikishi_harite2


    1: 2018/09/25(火) 17:32:19.82 ID:CAP_USER9
    ソース
    テレビ中継


    【貴乃花親方、新団体設立は否定「一切ない」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    sumo_rikishi_harite2


    1: 2018/09/25(火) 06:43:00.20 ID:CAP_USER9
    大相撲の貴乃花親方(46)=元横綱=が24日、自身の活動などを伝えるサイト「貴乃花応援会」で“意味深発言”をアップした。

    この日更新したブログ上で、秋場所を千秋楽まで迎え、関取3人が皆勝ち越したことを報告。
    最後に「皆様長らく貴乃花を応援してくださりありがとうございました。
    厚く御礼申し上げるとともに、弟子たちを今後、末永く応援賜りますように何卒宜しくお願い申し上げます」とつづった。
    真意は不明だが受け取り方によっては相撲協会を退職することを示唆するような文面となっている。

    続きは以下より
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180924-00000277-sph-spo
    9/25(火) 6:07配信

    【貴乃花親方「長らく貴乃花を応援してくださりありがとうございました」真意不明も退職示唆の可能性も 】の続きを読む

    このページのトップヘ