タグ:炎上

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/09/25(月) 22:15:01.79 ID:CAP_USER9
    ブログやツイッターなどに批判的な意見が殺到する「炎上」騒動。それに関与しているのはネット人口の約3%だと文化庁が調査結果を発表した。

    NHKはこれを受け、「燃やしている」のは少数であり、批判意見を鵜呑みにせずに冷静になったほうがいいと報道した。これについて「3%ってすごい数じゃね?」「炎上を甘く見てると自滅する」などといった意見が出ることになった。

    「炎上が起こるとネット中が批判しているように見える」

    文化庁が2017年9月21日に発表した「『国語に関する世論調査』」(16年度)によれば、「炎上」状況にあるサイトやアカウントに遭遇した場合に、書き込みや拡散などをするかをと聞いたところ「大体すると思う」が0.5%、「たまにすると思う」が2.2%で、「すると思う(計)」は 2.8%だった。20代が最も高く「すると思う(計)」は10.7%だった。また、「炎上」について、「好ましい」は0.9%、「どちらかと言えば好ましい」は4.1%で、「好ましくない」「どちらか と言えば好ましくない」の合計は 77.5%となっている。これは、全国の16 歳以上の男女に個別面接調査を17年2月から3月にかけ行い、2015 人から有効回答を得たというものだった。

    NHKオンライン「NHK NEWS WEB」は9月22日にこれに関するニュース記事を配信し、

    「ネットの『炎上』 関与は3%と少数 文化庁が調査」

    という見出しで、

    「炎上が起こるとネット中が批判しているように見えるが、実際には少数であることがわかる。炎上が全員の意見だと、うのみにせず、冷静に捉えることが大切だ」

    という識者のコメントを掲載したため、ネット上で「3%ってすごい数じゃね?」といった議論が起きた。掲示板には、

    「書き込みや拡散で3パーセントは多い。閲覧だけならもっと増えるし」
    「ネットを馬鹿にしている新聞や、テレビが流している偽データwww」
    「企業でも軍隊でも 全体の3%が反乱起こしたら 組織を乗っ取れるんだが」

    などといった声が挙がった。そして、「炎上」には「冷静に捉える」、という部分に対してはこんな意見が出た。

    「炎上」が起こる理由は存在する「適切な対応を」

    掲示板には、

    「参加者だけが共感してると思うのか?バカだなー」
    「ネットに繋がった多数の人間が話題にするから炎上するんだろ。どうしても狙って炎上工作みたいな話にしたいのか」
    「そうやって甘く見て開き直り、自滅したテレビ局がある」

    などと書き込まれた。

    ITジャーナリストの井上トシユキさんにJ-CASTニュースが9月25日に話を聞いたところ、まず、16年6月に国際大学GLOCOMの山口真一講師らが発表した過去1年間に「炎上」に加わったのは全体の1.1%(20~69歳の男女計4万504人が回答)という数字をベースに考えると、参加人数が急増していることが分かる、とした。また、3%という比率が高いのか低いのかは別として、15年末の日本国内のインターネットユーザーは1億46万人いて(総務省が16年に発表した『通信利用動向調査』)、単純に3%をかければ相当の人数になる。仮に8000万人が書き込みや拡散が可能とすれば240万人だ。

    「ネット上のおかしな奴らが騒いでいるだけ、と相手にしなかったり、批判を鵜呑みしないこともあるかもしれないけれど、『炎上』が起こる理由は存在するし、言葉足らずの説明だったため、本心とは異なる誤解を受けていることもあります。『炎上』した場合はそれを受け止めて、適正な対応をすることが重要なんです」

    と井上さんは話している。
    1

    2017年9月25日 18時22分 J-CASTニュース
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13661869/

    【【炎上】炎上に「関与」はネット人口の「3%」?NHK「燃やしているのは少数であり、批判意見を鵜呑みにしない方がいい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/09/25(月) 18:57:12.82 ID:CAP_USER9
    「らき☆すた」「フラクタル」などの作品で知られるアニメ監督の山本寛(ゆたか)さん(43)が投稿したツイートが、ネットユーザーの間で炎上騒ぎに発展している。

     「やっぱええ歳こいてアニメ観てるような人間は障害者だよ」。山本さんはさらに、後に更新したブログで「アニメを観ることは間違いなく脳に重大な障害を与えている」と踏み込んだ。

    ■ファンのリプライに反応

     山本さんは2017年9月23日朝、ツイッターに「やっぱええ歳こいてアニメ観てるような人間は障害者だよ」と投稿し、リプライ欄で「ほんまに障害ある人に失礼では?? 」「アニメに携わりすぎて頭がおかしくなったんですか?」と批判を浴びることとなった。さらに、

      「障害者はまだ人の心があるな。やっぱり『悪魔』と言うしかないな」

    とツイート。

     「何歳くらいまでなら大丈夫でしょうか?将来が不安です」「人と少し違うだけで障碍者扱いするな。本当に障害で苦しんでいる人に失礼だ」など、寄せられたリプライの一部にも「生まれてから一切観ない方がいいです」「困ったら言葉狩りですか?」と過激な言葉遣いで送り返した。

     山本さんは昼、こうして批判するユーザーに対し、

      「こんな発言今まで何万回としてるのに、まだ反応するの?パブロフの犬かお前ら?やっぱりアニメは脳を溶かす作用があるのかもね」

    とブログで罵倒した。

      「最近になって『ポタク』という用語まで作って、悪質なのは一部であって多くのオタクはマトモなんだ、と無理にでも思い込もうとしたが、やはり無駄のようだ。少なくともアニメで19年働き、オタクになってから30年の俺が言うんだから、何かしらの含みを感じ取れないものかねぇ?もう回りくどいことをしても無駄だ。アニメを観ることは間違いなく脳に重大な障害を与えている。何よりこの炎上がそれを確かに証明している」

    「典型的なネトウヨの発想だと思う」

     本人のブログで「こんな発言今まで何万回としてる」と書かれたように、山本さんがネットユーザーの批判に対し、口汚い言葉を発するのは、今に始まったことではない。

     2016年10月13日付のブログでは「アニメ監督なのにアニメ業界を批判しているなんて!っていう言い分がね、もうね、熱測りに行きましょうか?ってくらい、可哀想。同調圧力の賜物」と非難した。「『日本に住んでるのに日本を批判するなんて!』っていう、典型的なネトウヨの発想だと思うの。右傾化がひどい」と、いわゆる「ネット右翼」に結び付けていた。
    1

    9/24(日) 16:41配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170924-00000007-jct-ent 

    【【大炎上】萌えアニメ監督・山本寛氏「ええ歳こいてアニメ観てるような人間は障害者」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/09/22(金) 18:48:57.87 _USER9
    “浪速のエリカ様”こと上西小百合衆院議員(34=無所属)が、次期総選挙に出馬しない意向を固めたことが21日、本紙の取材でわかった。

    週明けの25日にも上西氏本人が記者会見を行う。

    橋下チルドレンとして注目を浴びたものの“国会サボリ疑惑”、最近ではJリーグ浦和レッズサポーターへの暴言ツイートで世間を騒がせてきたが、無念の不出馬を決めた現在は、修行僧のように自身の言動を反省しているという。

    一方で交際中の年上男性との結婚がこのほど決まったとの情報も…。前代未聞の“不出馬婚”の行方は――。

    「次の選挙は当選する確率が高い政党から出ます」(2017年7月19日の記者会見で)

    「私は死ぬまで政治家ですので、次の選挙も立候補します」(17年2月6日、映画「ウィーナー」のイベントで)

     こう言ってはばからなかった上西氏に議員バッジを外す時が来た。関係者の話を総合すると、上西氏は来月10日公示、22日投開票が濃厚な解散総選挙で、大阪7区(吹田市、摂津市)からの出馬を断念。すでに後援会や側近には伝えているという。

     上西氏は12年12月の衆院選で日本維新の会(当時)から出馬し、初当選。選挙時や当選後もツンデレな対応をしたことから女優の沢尻エリカ(31)に例えられ“浪速のエリカ様”と呼ばれたが、慎重なマスコミ対策と猫をかぶっていたせいもあって、意外にも“ブレーク”したのは2期目に入ってから。

     15年3月の“国会サボリ疑惑”の文春砲で渦中の人となり、維新の党を除名処分に。その後は開き直ったかのように、メディア出演やセクシー自叙伝の出版、最近では浦和レッズサポーターに「サッカーの応援しているだけのくせに、なんかやった気になってるのムカつく。他人に自分の人生乗っけてんじゃねえよ」とつぶやき、大炎上した。

     他方で森友学園問題は地元大阪で起きた不祥事とあって、業者へのヒアリングや実地調査を精力的に行い、核心を突く事実を暴いた場面も。無所属ながらも国会で追及する野党勢をアシストし、結果的に安倍政権を追い込んだ立役者の一人だったともいえる。

     前出関係者によると、無所属の上西氏は「政治は政党が行うもの」という理念のもと、総選挙を見据え、水面下で複数の政党と接触。政党入りを模索していたが、残念ながら不調に終わってしまったという。

     不出馬を決めた上西氏は支援者の顔を思い出し、涙に暮れた。高校時代の憧れだった歌手・安室奈美恵(40)の引退発表と自らの引き際を重ね、感慨にふける場面もあったという。

     気になる今後については、すでに芸能事務所が獲得に乗り出しており、タレントや政治評論家として活動していく見込み。収録済みのテレビ番組は複数ある。情報発信も従来通り、ツイッターやインスタグラムで行い、機が熟せば政界への再挑戦も考えているという。

     プライベートでは、かねて交際中の年上男性との結婚がほぼ内定。当初は存在自体が怪しまれ、“エア彼氏説”も浮上していたが、フィアンセは羽賀研二受刑者(56)、もしくはショーンK(49)似のイケメンセレブ男性という。一部では「妊娠した」という情報も出回っている。上西氏に近い関係者は「政界引退ではないが、仕切り直そうということになった。本人も『私の故郷は永田町』と話している。将来的に人妻議員となって戻ってくればいい」と話す。

     25日に行う予定の記者会見では、不出馬表明のほか、これまでの言動に対する反省の弁も口にする。

    「あれだけ威勢のよいことを言っておいての不出馬ですから、批判は甘んじて受けると。己を見つめ直すために、四国八十八か所巡りを勧める声もある」(関係者)

    “政界の炎上クイーン”がいなくなるのは寂しいが、また新たなフィールドで活躍していくだろう。
    1

    2017年9月22日 16時30分 東スポWeb
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13648723/

    【【炎上芸人】上西小百合議員「タレントや政治評論家として活動していく」 結婚?妊娠?次期総選挙に不出馬】の続きを読む

    このページのトップヘ