タグ:炎上

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/10/23(月) 15:04:24.85 _USER9
    武田鉄矢「セクハラは必要悪」発言で炎上
    2017.10.23 11:30
    https://myjitsu.jp/archives/34610
    https://myjitsu.jp/wp-content/uploads/2017/06/takeda_tetsuya-20170620141309.jpg
    no title


    22日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演した俳優の武田鉄矢がセクハラを事実上容認するとも取れる発言をし、ネット経由で視聴者から批判を浴びている。

    この日は著名な映画プロデューサー・ハーベイ・ワインスタイン氏が過去30年間に及びセクハラを受けたとして、女優から続々と告発されているというニュースを取り上げた。

    コメンテーターとして出演した漫画家の倉田真由美やヒロミが、今まで被害を受けた女優が声を上げられなかったことに驚くコメントを述べる中、
    同じくコメンテーターとしてゲスト出演した武田鉄矢は、「別にビックリしないニュースだ」と感想を述べた。

    その理由について武田は、「日本の映画にパワーがあった頃は、平気でこんな(セクハラまがいの)ことを言う人がいた。『私は女優を愛人にしたんじゃない。愛人を女優にしたんだ』と平然と言う人もいた」と明かした。

    MCの東野幸治は、『バカ殿様』シリーズなどで女性タレントと数多く共演している志村けんを引き合いに出した。
    「志村さんはアイドルの女の子のお尻などをよく触る。それは緊張しているアイドルを同じ目線にさせて、本番のコントでツッコんでもらうため」と、今の芸能界でも普通にあることだと示唆した。

    2: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/10/23(月) 15:04:43.43 _USER9
    ◇「俺もよく(女性の体を)触る」と名言

    すると武田は、「俺もよく(女性の体を)触る。人間って、好きとかだらしない所とか見せないと、仲良くならないよ」と力説した。

    武田は「触るのはあくまでも肩ぐらいだ」と弁明したが、「今はほんのわずか(認識が)ずれただけでも大騒ぎになるご時世じゃないですか。当時の金八先生でセット裏でやってたことも、パワハラになる」と、現在はセクハラやパワハラの定義が厳しすぎると訴えた。

    武田の意見に対し、ツイッターでは

    《違うよ。昔からダメだったけど女の人が我慢してただけなんだよ》
    《仲良くも無いジジイやババアに触られるのは普通にいやだろ。自分のだらしなさは自分だけで完結できる方法で見せてくれよな》
    などと、批判的な意見が寄せられている。

    芸能人が一般人と違う視点でニュースを斬るのが同番組の醍醐味だが、セクハラに限っては感覚が離れすぎているようだ。

    【【炎上】武田鉄矢「セクハラは必要悪」「俺もよく(女性の体を)触る」  即座に「肩を」と誤魔化すも・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/10/12(木) 18:33:55.80 ID:CAP_USER9
    10月11日、タレントの坂上忍とお笑い芸人・ヒロミがMCを務める「犯人に告ぐ!盗聴盗撮 怒りの追跡バスターズ第3弾」(TBS系)が、約3時間にわたり放送された。

    その中で目玉となった事件は「300通の脅迫文を送り続けた卑劣なストーカー男! 追跡すると番組史上最大のどんでん返しが待っていた!! 坂上忍が真相を追及!! ストーカーの正体は弟だった!」というものだ。

    事件の概要は、1年間で300通もの脅迫状が送られてきた既婚者女性が、探偵事務所に相談。
    そして、相談を受けた探偵と番組スタッフがタッグを組み、犯人を追い詰めるというもの。そして犯人は、女性の夫の友人と判明したのだが……。

    ところが実際には、売名を目論んだ探偵がシナリオを書き、探偵の実弟が犯人役、その妻が被害者女性を演じていただけのことだった。つまり、TBSはこの探偵に騙されていたというオチだった。

    しかし、この展開に視聴者は「このヤラセ番組マジふざけんな!」「この茶番はひどい」「テレビ局がハメられた!って設定のストーリーなのね。
    やるならもっと上手いの書けよ」「視聴者舐めんな!」「テレビで流す必要ある? 本当に騙されたのなら局内で解決すればいいのに。時間を返せ」
    「騙されたならお蔵入り企画だよね」「これ、結構問題があるよね。BPO動いてくれ」などと怒り心頭だ。

    テレビ誌ライターも「視聴者が怒るのも当然」と番組サイドを非難する。

    「TBSで不定期に放送している恵俊彰MCの特番『緊急!公開大捜索』は、実際に行方不明者の身元が判明したり、公開捜査の結果、犯人が出頭するなど、いい結果を出してきた。
    それなのに、同じ局でこんな内容を放送するとは、愚行としか言いようがない。他の番組まで“ヤラセなのか”と誤解を与えかねません」

    今回ばかりは、視聴者をバカにするなと言いたい。
    1

    http://dailynewsonline.jp/article/1364409/
    2017.10.12 18:14 アサジョ

    【【テレビ】TBS「怒りの追跡バスターズ」に「酷い茶番」「時間を返せ」と視聴者激怒!! 「テレビ局が騙された」という意味不明な展開 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/10/12(木) 23:28:48.33 ID:CAP_USER9
    モデルで女優の水原希子(26)が10月9日、インスタグラムにヒップが露わになったセクシー写真を投稿した。「美しくないものを見せるな」「何がしたいんですか?」と容赦ない批判を浴びて大炎上している。

    ■お騒がせ芸能人・水原希子、ヒップ露出写真を公開して大炎上

    何かとお騒がせの水原。9日には『週刊プレイボーイ』(集英社)向けに撮影した写真をインスタグラムで公開。青空の下、ミニスカートからヒップがのぞくセクシーな一枚だ。

    同写真が投稿されるや否や、ネット上で大炎上。「何がしたいんですか?」「最近露出狂ぎみ」「これは出しちゃいけないやつ」「美しくないものを見せるな」と非難の嵐が吹き荒れている。


    2017/10/12 11:45 デイリーニュースオンライン
    https://netallica.yahoo.co.jp/news/20171012-43090965-dailynewsq

    no title

    【水原希子のインスタが批判だらけの大炎上wwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/09/26(火) 11:44:54.85 ID:CAP_USER9
    無所属の上西小百合衆院議員(34)が、今秋から大手芸能事務所に所属し、タレント活動を行う予定であることが25日、分かった。

    上西氏は同日、東京・衆議院第二議員会館で会見を行い、改めて次期総選挙への不出馬を発表し、理由として「勝てないからです。選挙というのは勝つために出るものであって、勝つ見込みがないのに、賑やかしで出馬をするというのは、いいことだとは思いません」ときっぱり。
    「次の選挙は来年5月ごろだと想定していた。私の戦略ミスです」と、10月22日に投開票が決まった総選挙への準備不足の悔恨も口にした。

    今後のタレント活動については、「私は政治家としてメディアに出た訳であって、国会に戻れるように活動していく」とあくまで政治活動を続けるとしながらも、「テレビが嫌いなわけではないですし、テレビ局に行くのも好きですから」と大いに前向き。会見でも自ら武器として挙げた「偶然得た発信力と存在感」にさらなる磨きをかけ、アピールを続けていく思いを口にした。

    関係者によると、すでに上西氏の元には複数の大手芸能事務所からのオファーが届いており、10月中旬には所属先を発表する予定。
    また、解散後は議員ではなくなるため、経費節減などのため、大阪の議員事務所はいったん閉鎖し、活動の基盤を東京に移す可能性が高いという。

    また、日常的に“炎上”を繰り返し、今年7月にはJ1・浦和レッズのサポーターから殺害予告を受ける騒動にまで発展していた、ツイッターの利用についても意欲的。
    「炎上というのは、受け取られる方の問題だとは思うんですけど…」と前置きしつつ、「私は橋下さんのやり方が好きなんです。ちょっと過激なことを言って、議論を引き出す。それによって問題点が浮き彫りになってくるから」と、過去に決別した前大阪市長・橋下徹氏(48)の名を挙げてその効力を主張した。
    その上で「橋下さんも、いろんな表現を使って『薪をくべて』います。私も、これからも発信すべきことを発信していきたい」と“炎上路線”を継続することを宣言した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170926-00000040-dal-ent

    会見で不出馬を表明した上西小百合議員
    http://daily.c.yimg.jp/gossip/2017/09/25/Images/d_10586481.jpg
    no title

    http://daily.c.yimg.jp/gossip/2017/09/25/Images/d_10586482.jpg
    no title

    http://daily.c.yimg.jp/gossip/2017/09/25/Images/d_10586534.jpg
    no title

    http://daily.c.yimg.jp/gossip/2017/09/25/Images/d_10586535.jpg
    no title

    http://daily.c.yimg.jp/gossip/2017/09/25/Images/d_10586475.jpg
    no title

    【【炎上芸人】上西小百合議員、タレント活動本格化 すでに複数の事務所からオファーが】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/09/25(月) 22:15:01.79 ID:CAP_USER9
    ブログやツイッターなどに批判的な意見が殺到する「炎上」騒動。それに関与しているのはネット人口の約3%だと文化庁が調査結果を発表した。

    NHKはこれを受け、「燃やしている」のは少数であり、批判意見を鵜呑みにせずに冷静になったほうがいいと報道した。これについて「3%ってすごい数じゃね?」「炎上を甘く見てると自滅する」などといった意見が出ることになった。

    「炎上が起こるとネット中が批判しているように見える」

    文化庁が2017年9月21日に発表した「『国語に関する世論調査』」(16年度)によれば、「炎上」状況にあるサイトやアカウントに遭遇した場合に、書き込みや拡散などをするかをと聞いたところ「大体すると思う」が0.5%、「たまにすると思う」が2.2%で、「すると思う(計)」は 2.8%だった。20代が最も高く「すると思う(計)」は10.7%だった。また、「炎上」について、「好ましい」は0.9%、「どちらかと言えば好ましい」は4.1%で、「好ましくない」「どちらか と言えば好ましくない」の合計は 77.5%となっている。これは、全国の16 歳以上の男女に個別面接調査を17年2月から3月にかけ行い、2015 人から有効回答を得たというものだった。

    NHKオンライン「NHK NEWS WEB」は9月22日にこれに関するニュース記事を配信し、

    「ネットの『炎上』 関与は3%と少数 文化庁が調査」

    という見出しで、

    「炎上が起こるとネット中が批判しているように見えるが、実際には少数であることがわかる。炎上が全員の意見だと、うのみにせず、冷静に捉えることが大切だ」

    という識者のコメントを掲載したため、ネット上で「3%ってすごい数じゃね?」といった議論が起きた。掲示板には、

    「書き込みや拡散で3パーセントは多い。閲覧だけならもっと増えるし」
    「ネットを馬鹿にしている新聞や、テレビが流している偽データwww」
    「企業でも軍隊でも 全体の3%が反乱起こしたら 組織を乗っ取れるんだが」

    などといった声が挙がった。そして、「炎上」には「冷静に捉える」、という部分に対してはこんな意見が出た。

    「炎上」が起こる理由は存在する「適切な対応を」

    掲示板には、

    「参加者だけが共感してると思うのか?バカだなー」
    「ネットに繋がった多数の人間が話題にするから炎上するんだろ。どうしても狙って炎上工作みたいな話にしたいのか」
    「そうやって甘く見て開き直り、自滅したテレビ局がある」

    などと書き込まれた。

    ITジャーナリストの井上トシユキさんにJ-CASTニュースが9月25日に話を聞いたところ、まず、16年6月に国際大学GLOCOMの山口真一講師らが発表した過去1年間に「炎上」に加わったのは全体の1.1%(20~69歳の男女計4万504人が回答)という数字をベースに考えると、参加人数が急増していることが分かる、とした。また、3%という比率が高いのか低いのかは別として、15年末の日本国内のインターネットユーザーは1億46万人いて(総務省が16年に発表した『通信利用動向調査』)、単純に3%をかければ相当の人数になる。仮に8000万人が書き込みや拡散が可能とすれば240万人だ。

    「ネット上のおかしな奴らが騒いでいるだけ、と相手にしなかったり、批判を鵜呑みしないこともあるかもしれないけれど、『炎上』が起こる理由は存在するし、言葉足らずの説明だったため、本心とは異なる誤解を受けていることもあります。『炎上』した場合はそれを受け止めて、適正な対応をすることが重要なんです」

    と井上さんは話している。
    1

    2017年9月25日 18時22分 J-CASTニュース
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13661869/

    【【炎上】炎上に「関与」はネット人口の「3%」?NHK「燃やしているのは少数であり、批判意見を鵜呑みにしない方がいい」】の続きを読む

    このページのトップヘ