タグ:演歌

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title

    1: 2020/01/15(水) 03:57:07.60 ID:M6iYLsAGp



    【【これはヤバい】氷川きよしさん、完全に限界突破】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    karaoke_nessyou



    1: 2019/12/19(木) 11:55:00.39 ID:dLNYSoAo9
    氷川きよし 本家QUEENが“公式カバー”を認めた3つのポイント
     
     演歌歌手の氷川きよし(42才)が『氷川きよしスペシャルコンサート2019~きよしこの夜Vol.19~』で、世界的ロックバンド・QUEENの『ボヘミアン・ラプソディ』の日本語バージョンを初披露すると、ファンのボルテージは一気に上がったという。



    (以下略、続きはソースでご確認下さい)


    https://blogos.com/article/424541/

    【氷川きよし 本家QUEENが公式カバーを認めた3つのポイント  】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    okama_newhalf



    1: 2019/12/11(水) 17:27:56.32 ID:GxZUjQgl9
     
    「みんなが求める『氷川きよし』に徹してきたけど、40歳を過ぎて、人としてもっと表現の幅を広げたいという気持ち。そもそも演歌というのは様式美、つまり、こうあるべきという型がある。日本独特の素晴らしい音楽だけれど、その中に収まらない『自分の性分』というものもあって――」

     昨年からは、同じ九州の出身で、やはり中性的なキャラクターの美輪明宏の『ヨイトマケの唄』もカバーしている。

    続きは以下より
    https://www.dailyshincho.jp/article/2019/12111659/


    【氷川きよし(42)初告白「男らしく生きてって言われると」演歌の様式美に収まらない性分 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    th_business_icon_simple_w_bittersmile


    1: 2019/11/16(土) 07:33:51.10 ID:Ez8KLFPpM

    【氷川きよしさん、もう原型が思い出せない。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    bandicam 2018-11-11 15-38-57-360

    1: 2018/11/10(土) 16:53:38.96 ID:CAP_USER9
    選定委員の中で揉めに揉めた末、栄えある1位に輝いたのは、石川さゆりの『津軽海峡・冬景色』(作詞:阿久悠/作曲・編曲:三木たかし)だ。

    続く2位は、79年(昭和54年)にヒットした八代亜紀の『舟唄』(作詞:阿久悠/作曲:浜圭介/編曲:竜崎孝路)だ。

    哀切の“古賀メロディ”、美空ひばりの『悲しい酒』(作詞:石本美由起/作曲:古賀政男/編曲:佐伯亮)は3位となった。

    続きはこちら
    https://taishu.jp/articles/-/61903?page=1


    4位『函館の女』(1966年)北島三郎 

    5位『襟裳岬』(1974年)森進一 

    6位『北の宿から』(1975年)都はるみ

    7位『よこはま・たそがれ』(1971年)五木ひろし

    8位『川の流れのように』(1989年)美空ひばり

    9位『喝采』(1972年)ちあきなおみ

    10位『矢切の渡し』(1983年)細川たかし

    https://taishu.jp/mwimgs/0/2/640/img_02e82e8801bb479dd6669a07147610b3487242.jpg

    https://taishu.jp/mwimgs/5/4/640/img_54d4af771278c6252cd77386b49d8d03358439.jpg

    【ニッポンの演歌!歴代ランキングBEST100発表!】の続きを読む

    このページのトップヘ