タグ:清宮

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/11/06(月) 23:12:03.99 ID:pMvaLLT80
    国内フリーエージェント(FA)権を行使せずに残留することが濃厚とされる日本ハム・中田翔内野手(28)が
    来季も日本ハムでプレーすることになってもレギュラー争いからのスタートとなることがわかった。
    秋季キャンプの栗山監督(56)は「(中田)翔が残ってくれるというなら俺は嬉しいけど
    じゃあ『来季もレギュラーで頼むぞ』とは話は別。翔には一度死んでもらって生まれ変わってまたレギュラーを勝ち取って欲しい」と語った。
    記者からドラフト1位指名の早実・清宮幸太郎内野手(18)と競わせるのかと問われると
    「もちろん(清宮)幸太郎は翔と争うことになるだろうけど翔の壁は大きいだろうね。
    でもだから乗り越えがいのある壁だと幸太郎には伝えてあるし、
    翔にも『お前このままだと(清宮に)負けるぞ』とケツに火はつけておいた」と清宮と中田でレギュラー争いをすることを匂わせた。

    中田は打率2割1分6厘、16本塁打、67打点と本来の数字とはかけ離れた結果に終わり辛い1年となった。
    日本ハムで厳しい現実が待ち構えていると知った中田が心変わりをすることはあるのだろうか。
    thumb-12176-94311-sports


    【【悲報】中田翔、日ハムでレギュラーはく奪されるwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/11/03(金) 22:40:55.95 ID:JnBYyz9Y0
    これが現実だよな
    9


    【理想の清宮 .330 40本 120点 現実の清宮 .280 25本 90点 正直期待外れだろwwwwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/10/27(金) 22:58:59.11 ID:4b66FWpx0
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171027-00000087-asahi-spo
    >サントリーの監督だったころにいろんな話をした。ワールドカップもサントリーの合宿所で夜中に一緒に見たし。俺は、尊敬しているから
    20171026-00000116-dal-000-7-view


    【栗山監督が清宮獲得へ自信「清宮パパとは非常に仲がいい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/10/26(木) 17:33:29.57 _USER9
    プロ野球のドラフト会議は26日に東京都内で開催され、最大の目玉選手と言われた早稲田実業の
    清宮幸太郎内野手(18)は日本ハムが交渉権を獲得した。

    清宮には日本ハムをはじめロッテ、ヤクルト、巨人、楽天、阪神、ソフトバンクと7球団の指名があり、
    抽選の結果木田優夫GM補佐が「交渉権確定」のくじを引き当てた。

    交渉権確定後に行われたインタビューで当たりくじを引いた木田GM補佐は「(友人である)
    明石家さんまさんに左手でいけと言われました」とくじの“勝因”について説明。清宮に対し
    「日本の宝になる選手」と入団と活躍に対する大きな期待を語った。
    1

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171026-00000114-spnannex-base

    【【野球】注目のドラフト、清宮選手の交渉権は日ハムが獲得!! くじを引いた木田GM「明石家さんまさんのおかげ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/10/23(月) 08:08:12.63 ID:CAP_USER9
    清宮幸太郎 父・克幸氏のタフネゴぶりにプロ球団タジタジ

     清宮幸太郎(18)の運命の日が近づいている。10月26日のドラフト会議では、1位指名に史上最多10球団が競合との予測もあり、日本中が注目している。

     だが、ここへきて球界には不穏な空気が広がっている。ドラフト直前になって各球団が方針を翻し、清宮の指名を回避するという情報が広がっているのだ。風向きが変わったきっかけは、10月2日、清宮と各球団との間で行なわれた面談だった。広島と日本ハムを除く参加した10球団は、思いのほか厳しい言葉を投げかけられたようだ。

    「面談には清宮本人のほかに両親と早実の野球部長が同席した。プロ側への質問のほとんどは父親の克幸氏(ラグビートップリーグのヤマハ監督)から発せられ、母親がメモをとる傍らで清宮は黙って聞いているだけ。

     本人が口を開いたのは、DeNAのスカウト部長に対し“筒香選手はどうしてあのようになったのですか?”と聞いたときぐらい。交渉のカギは克幸氏が握っている」

     ある在京球団の編成担当はそう明かす。

     清宮は一貫して「12球団OK」という姿勢を崩していない。同時に「将来のメジャー挑戦を目指して厳しく育ててもらえる球団」を希望してきた。ところが克幸氏は、もっとシビアな現実を突きつけたようだ。

    「克幸氏はほとんどの球団に対し、口にこそしないものの“指名してくれなくても構わない”とばかりのつれない態度だったという。

     西武との面談では、球団の二軍寮や練習場、球場の設備が老朽化していると指摘。他球団にも、清宮が早実の先輩である王(貞治)さんをどれほど尊敬しているか、球団の育成システムや施設の充実度がいかに重要かという話題に。“これじゃ事実上のソフトバンク逆指名だよ”とぼやく担当者もいた」(同前)

     あまりの“タフネゴシエーター”ぶりに、多くの球団がタジタジになってしまったようだ。スポーツ紙デスクがいう。

    「最近になってオリックス、中日などが撤退を決めたという情報が出回っているのも面談と無関係ではないようだ」

     清宮のプロ志望届提出直後に1位指名を明言した阪神以外“清宮1本”の球団は現われていないのも気にかかる。

    【清宮父克幸氏の強引な交渉に各球団も辟易wwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ