タグ:東京五輪

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/09/30(土) 01:37:23.46 ID:CAP_USER9
    ねとらぼ:http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1709/29/news127.html

    小池百合子東京都知事は9月29日の記者会見で、2020年にコミックマーケット(コミケ)などのイベントが開催できない可能性がある問題について言及し「5月の1日から5日までの間、コミケ関連で使えるように調整をしている」と語った。
    http://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1709/29/l_ikko_komike001.jpg
    no title


    コミケは例年東京ビッグサイトで開催。
    しかし、同所は2020年開催の東京オリンピック・パラリンピックでメディアが使用するスペースとなるため、2020年はコミケを始めとするイベントが開催できないのではないかと危惧されていた。

    東京ビッグサイトが使用できない問題について小池知事は「特にコミケといわれるコミック関係のイベントはいつも大変な賑わいとなっている」と前置きした上で、「西の展示棟を調整し、平成32年(2020年)の5月1日から5日までコミケ関連で使えるよう関係者と調整している」「大変なファンのいるイベントであり、オリンピックだけでなくいつもの方々にお使いいただけるような工夫をしております」と語った。
    http://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1709/29/l_ikko_komike002.jpg
    no title

    【【東京五輪】小池知事が五輪の影響でコミケ等のイベントが開催できない可能性について言及 「コミケ関連で使えるように調整している」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/09/28(木) 19:47:46.60
    【アムロス】安室奈美恵の引退表明で「誰が東京五輪で歌うのか?」と話題 / ネットの声「ジャニーズとAKBは勘弁」「小林幸子が世界の度肝を抜く」などビックリ

    2018年9月16日をもって引退すると電撃発表した歌手の安室奈美恵さん。その功績は余りにも大きく日本中に衝撃が走っているが、なぜか3
    年後の東京五輪にまつわる話題がネット上で盛り上がりを見せている。

    その内容とは、本命の1人として見られていた安室さんの引退により「誰が東京五輪の開会式で歌うのか?」というもの。ネタ的な意見も
    含めて、ネット上ではカオス的な展開になっているのでご紹介したい。

    ・本命の1人
    あくまで推測の域を出ないが、やはり安室さんは東京五輪の開会式で歌う本命の1人であったことだろう。歌唱力はもちろんのことエンタ
    ーテイメント性も含めて、日本を代表するトップアーティストの1人であることは疑う余地がない。

    その他に本命候補と見られているのが、リオ五輪の閉会式で音楽を総合プロデュースした椎名林檎さん。そして2016年にアーティスト活動
    を再開した宇多田ヒカルさんあたりだろう。どちらも開会式を託すのにふさわしい実力の持ち主だが、ネット上ではこの2人以外の名も多
    く飛び交っている。

    ・ネットの声
    「順当にいけば椎名林檎か宇多田ヒカルだろうな」
    「その2人なら納得できる」
    「頼むからジャニーズとAKBだけはやめてくれ」
    「嵐が君が代を歌うとする。それに熱狂するジャニヲタとか想像するだけで恐ろしい」
    「EXILEも勘弁な」
    「秋元康先生もジャニー喜多川さんも、おとなしく手を引いてください」
    「SMAP復活フラグが立ったんじゃね?」
    「夏のお祭りには桑田佳祐とサザンが良く似合う」
    「B’zがいるだろうが!」
    「小林幸子が世界の度肝を抜く」
    「日本らしく演歌でいいじゃん。氷川きよしにずんどこ節歌ってもらおう」
    「由紀さおりあたりでいいだろ」
    「みなさん、ピコ太郎をお忘れかな?」
    「別に歌う必要がない」

    印象的だったのは「誰に歌って欲しい」という意見よりも、「ジャニーズやAKBなどのアイドルだけはやめてくれ」という声が多かったこ
    と。アイドル文化はジャパニーズカルチャーのひとつであることは間違いないが、東京五輪の開会式には不向きだと考えている人が多いよ
    うだ。

    まだ3年あるとも、もう3年しかないともいえる2020年の東京五輪。安室さんの引退表明は時空を超えて、こんな話題にも影響を及ぼしてい
    る。
    1

    https://gunosy.com/articles/aDmeS 

    【【東京五輪】2020東京五輪は誰が歌うのか? 「ジャニーズ、AKB系列は絶対にやめて!」との声多数】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/09/23(土) 16:38:07.87 _USER9
     女子バレーボール・ママさんプレーヤー荒木絵里香が再び日の丸をつけて臨む。東京五輪へ向けた第一歩として、9月5日から開催されたワールドグランドチャンピオンズカップは、韓国以外、すべて格上。苦しい戦いが続いたが、鬼のスケバン・中田久美監督(52)が一目を置いた選手が33歳の荒木絵里香。
     「銅メダルを獲得したロンドン五輪のメンバーで、当時は主将でした。その後、結婚と出産が重なりセミリタイア状態でしたが、ド根性で代表に返り咲いたのです」(体協詰め記者)

     荒木は木村沙織、迫田さおりなど、実力派揃いの東レ・アローズに在籍していた。ロンドン五輪イヤーの'12~'13年シーズンは、スパイク、ブロック、サーブの個人タイトル三冠王に輝き、敢闘賞、ベスト6賞にも選ばれたが、'13年10月に結婚&出産のため退団。リーグ昇格を果たしたばかりの弱小チームで再スタートを切って以後、その努力は半端なく凄い。
     「夜は子どもを寝かしつけ、ダンナの夕食を作ってからランニングへ。明け方も朝食の支度前にまた走り込み、昼間も子どもの脇でスクワットをするなど、1分1秒を惜しんで練習を積み重ねてきたといいます」(同)

     それについて中田監督は「代表合流後に人づてに聞かされた」というから、情ではなく本当に“必要な戦力”と捉えたのだろう。
     「“木村ロス”後の代表を引き継いだ中田監督は、新しい中核選手の発掘も課せられていました。荒木はそこに割って入ってきたわけです。代表合宿で若手が練習に音を上げそうになると、中田監督は『ああぁん!?』と聞き直し威圧する。それに萎縮する選手へのフォロー役もしていました」(同)

     荒木は時に、若手の憧れでもある木村の話も聞かせた。年齢が近いため「お互いにババアと呼び合っていた」と笑わせ、「でも、木村はね…」と、陰で努力していたことを伝えることも忘れないという。
     「自身も代表再合流に向け、本来のミドルだけではなく、レフトやライトの練習もしていましたよ」(関係者)

     海外ではママさんプレーヤーの活躍は珍しくないが、日本では少ない。今後もド根性をハートに刻んだ荒木がスケバン監督を救うか。
     「ババアなんかじゃないよ」
     ママさん荒木絵里香が自らをムチ打つド根性浪花節だ~い。
    1

    http://wjn.jp/article/detail/7284711/

    【【女子バレー】荒木絵里香、結婚・出産を経て五輪メンバーキャプテンへ!】の続きを読む

    このページのトップヘ