タグ:映画

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/11/30(木) 22:02:35.76 ID:CAP_USER9
    映画『タイタニック』(2007)でジャック(レオナルド・ディカプリオ)が死ななくてはいけなかった理由を、ジェームズ・キャメロン監督が Vanity Fair にずばり語った。

     豪華客船タイタニックの海難事故をジャック&ローズ(ケイト・ウィンスレット)のロマンスと共に描き、世界的な大ヒットを記録した本作。ファンが20年にわたって議論し続けてきたのは、二人が海へと放り出されたラスト。ジャックはローズを助けるために自ら犠牲になるが、そもそも彼女が乗っていたドアにはジャックが乗るスペースもあったのではないかという点だ。

     なぜローズはジャックのためにスペースを空けなかったのか、との問いにキャメロン監督は「答えはとてもシンプルだよ。なぜなら脚本の147ページに『ジャックは死ぬ』と書かれていたから。彼女を支えるには十分な大きさで、彼を支えるのには不十分だったからだが、もちろんそれは芸術的な理由によるものだ」と回答。

     「こんな議論を公開から20年後もしているなんてバカげている。本当に」とかなりうんざりした様子を見せつつも、「だがそれが意味しているのは、この映画が、観客がジャックが死ぬのを見て心引き裂かれるほど、彼をとても愛すべき存在として描けたということ」とある意味満足もしているよう。キャメロン監督は「彼が生き延びていたら、映画のエンディングは無意味なものになっただろう……。これは死と別れについての映画だ。彼は死ななくてはならなかった。こうならなければ、煙突が彼に落ちてきて沈んでいたよ。つまりは芸術なんだ。物事は芸術的な理由で起こる、物理的な理由でなくてね」と続けた。

     ちなみに、ローズ役のケイト・ウィンスレットは昨年、米ABCのトーク番組「ジミー・キンメル・ライブ!」に出演して「実際、彼(ジャック)もあのドアの上に乗れたと思うのよね」と打ち明けていた。(編集部・市川遥)

    2017年11月28日 20時28分 シネマトゥデイ
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13953858/

    写真
    http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/1/0/10fac_97_13daa870_86973fff.jpg
    no title


    2017/11/28(火) 21:39:08.31
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1511872748/

    【【映画】「タイタニック」の主人公ジャックが死ななければならなかった本当の理由wwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/11/29(水) 20:35:50.44 ID:CAP_USER9
     人気アニメ「名探偵コナン」の劇場版22作目「名探偵コナン ゼロの執行人」が、2018年4月13日に公開されることが29日、明らかになった。20作目「純黒の悪夢(ナイトメア)」に続き、安室透がメインキャラクターとして登場するほか、黒ずくめの組織のナンバー2のRUMなのではないかとうわさされる警視庁管理官・黒田兵衛が劇場版に初登場する。監督は、「モブサイコ100」などの立川譲さんが務める。

     「ゼロの執行人」は、東京サミットの会場である巨大施設「エッジ・オブ・オーシャン」で突然、爆破事故が発生。そこには、全国の公安警察を操る警視庁の秘密組織・通称「ゼロ」に所属する安室透の影があった……という展開。安室は、毛利小五郎に弟子入りした私立探偵「安室透」、黒ずくめの組織のメンバー「バーボン」、公安警察の「降谷零」と“トリプルフェイス”を持つ重要人物。不穏な動きを見せる安室に、主人公・江戸川コナンたちが翻弄(ほんろう)される中、爆破事件の容疑者として小五郎が逮捕されてしまう。小五郎の無実を証明するため真実を追究するコナンと、その前に立ちはだかる安室がぶつかり合う姿が描かれる。

     「名探偵コナン」は、小学生探偵の江戸川コナンが、次々と起こる難事件を解決する人気マンガで、1994年から青山剛昌さんが「週刊少年サンデー」(小学館)で連載している。96年からテレビアニメが放送され、97年からは劇場版アニメも製作されている。今年4月に公開された劇場版21作目「から紅の恋歌(からくれないのラブレター)」は、シリーズ最高となる約68億8000万円の興行収入を記録するなどヒットした。

    2017年11月29日
    http://mainichi.jp/articles/20171128/dyo/00m/200/034000c

    名探偵コナン ゼロの執行人
    1

    https://cdn.mainichi.jp/vol1/2017/11/28/20171128dyo00m200034000p/7.jpg

    【【映画】「名探偵コナン」 劇場版22作目『ゼロの執行人』18年4月公開 安室透を中心に物語が動く】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/11/28(火) 21:39:08.31 ID:CAP_USER9
    映画『タイタニック』(2007)でジャック(レオナルド・ディカプリオ)が死ななくてはいけなかった理由を、ジェームズ・キャメロン監督が Vanity Fair にずばり語った。

     豪華客船タイタニックの海難事故をジャック&ローズ(ケイト・ウィンスレット)のロマンスと共に描き、世界的な大ヒットを記録した本作。ファンが20年にわたって議論し続けてきたのは、二人が海へと放り出されたラスト。ジャックはローズを助けるために自ら犠牲になるが、そもそも彼女が乗っていたドアにはジャックが乗るスペースもあったのではないかという点だ。

     なぜローズはジャックのためにスペースを空けなかったのか、との問いにキャメロン監督は「答えはとてもシンプルだよ。なぜなら脚本の147ページに『ジャックは死ぬ』と書かれていたから。彼女を支えるには十分な大きさで、彼を支えるのには不十分だったからだが、もちろんそれは芸術的な理由によるものだ」と回答。

     「こんな議論を公開から20年後もしているなんてバカげている。本当に」とかなりうんざりした様子を見せつつも、「だがそれが意味しているのは、この映画が、観客がジャックが死ぬのを見て心引き裂かれるほど、彼をとても愛すべき存在として描けたということ」とある意味満足もしているよう。キャメロン監督は「彼が生き延びていたら、映画のエンディングは無意味なものになっただろう……。これは死と別れについての映画だ。彼は死ななくてはならなかった。こうならなければ、煙突が彼に落ちてきて沈んでいたよ。つまりは芸術なんだ。物事は芸術的な理由で起こる、物理的な理由でなくてね」と続けた。

     ちなみに、ローズ役のケイト・ウィンスレットは昨年、米ABCのトーク番組「ジミー・キンメル・ライブ!」に出演して「実際、彼(ジャック)もあのドアの上に乗れたと思うのよね」と打ち明けていた。(編集部・市川遥)

    2017年11月28日 20時28分 シネマトゥデイ
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13953858/

    写真
    http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/1/0/10fac_97_13daa870_86973fff.jpg
    no title

    【タイタニックでジャックが死なねばならなかった本当の理由をキャメロン監督が激白wwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/11/25(土) 22:32:49.22 ID:CAP_USER9
    2017/11/25 09:41 

    デミ・ロヴァートとイディナ・メンゼルが、映画「アナと雪の女王」の主題歌「レット・イット・ゴー」が盗作であるとして訴えられている。
    米ゴシップサイト・TMZによると、ハイメ・シエロという名のミュージシャンが、ディズニー、デミ、そしてエルサ役として劇中で同曲を歌ったイディナらに対して訴訟を起こしているという。

    盗作だと訴えるシエロは「何百万のリスナーを獲得し、あらゆるチャートを賑わせる世界的ヒットを収めた」同曲は、
    自身が2008年にレコーディングした「ボラール」(中略)という曲にサビ、メロディー、歌詞、テーマなど様々な面で著しく似ていると主張している。

    「アナ雪」は12億1900万ドル(約1360億円)の興行成績を収め、2014年5月時点で全映画史上5番目の売り上げを記録した。

    1

    http://www.narinari.com/Nd/20171146800.html

    【【映画】デミ・ロヴァートさん、「アナ雪主題歌は盗作」と訴訟】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/11/20(月) 15:44:50.44 ID:CAP_USER9
    11月18日、19日の全国映画動員ランキングは、『IT/イット “それ“が見えたら、終わり。』(全国223館)が、公開3週目で動員ランキング1位を飾った。公開1週目の順位は2位、2週目も2位だった。

    先週トップを飾った『HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION』(全国318館)は2位。“ゴジラ”初の長編アニメーション『GODZILLA 怪獣惑星』(全国158)は初登場3位になった。

    そのほか、関ジャニ∞の丸山隆平主演のコメディ『泥棒役者』(全国225館)が初登場4位。スティーヴン・ソダーバーグ監督の新作『ローガン・ラッキー』(全国304館)は初登場9位に入った。

    次週は『映画かいけつゾロリ ZZ(ダブルゼット)のひみつ』『gifted/ギフテッド』『最低。』『ジャスティス・リーグ』『光』『火花』『覆面系ノイズ』などが封切られる。

    全国映画動員ランキングトップ10(興行通信社調べ)
    1位『IT/イット “それ“が見えたら、終わり。』
    2位『HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION』
    3位『GODZILLA 怪獣惑星』
    4位『泥棒役者』
    5位『マイティ・ソー バトルロイヤル』
    6位『ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~』
    7位『映画キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!』
    8位『ご注文はうさぎですか?? ~Dear My Sister~』
    9位『ローガン・ラッキー』
    10位『ミックス。』

    【『IT/イット』の映画動員数が空前絶後だと話題にwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ