タグ:工藤静香

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/12/11(月) 05:41:06.57 ID:CAP_USER9
    歌手・工藤静香(47)の名曲ばかりのトリビュートミニアルバム『Shizuka Kudo Tribute』が20日に発売される。同作は男性声優7人が参加する話題作で、6日に解禁されたメイキング映像第1弾では森久保祥太郎(43)、下野紘(37)、鈴村健一(43)、梅原裕一郎(26)、谷山紀章(42)、関智一(45)、梶裕貴(32)ら全員の美声も初お披露目された。

    今年、ソロデビュー30周年を迎えた工藤。1月から公式インスタグラムを開設したほか、メモリアルイヤーを機にテレビ復帰も果たし、安全地帯の玉置浩二(58)やB'zの松本孝弘(56)といった大物アーティストの楽曲提供を受けた記念アルバム『凛』のリリースも話題となった。一見、順調そうに見えるソロデビュー30周年だが、その内情はあまりにも落差がある。

    「工藤本人もソロデビュー30周年にはかなり意気込んでいたようですが、周囲が思ったように盛り上がらない。一昨年から続くSMAP解散騒動でのイメージダウンが著しく、往年のファンですら離れてしまったとも。8月に発売された記念アルバムもオリコンが発表した週間CDアルバムランキングの結果は21位で、初動売り上げはわずか2950枚。必死の宣伝活動も虚しく、枚数はまったく伸びませんでした」(スポーツ紙記者)

    1990年代後半に女性歌手として不動の地位を築いた工藤だが、昨年のSMAPの解散騒動でネガティブなイメージがついてしまい、人気低下に歯止めがかからない状態だ。夫・木村拓哉(45)の仕事に口出しもしていると報じられ、インスタグラムでプライベート情報を発信する度に木村のファン以外からも総スカンを食らう惨状に。

    「工藤としては、メモリアルイヤーの締めくくりとして紅白出場が目標にあったがそれもあえなく落選してしまった。記念アルバムの売り上げ不振に加えて紅白落選とあっては、今後の芸能活動は難しい。まるで近年の和田アキ子(67)のような印象になりつつあります」(前出・記者)

    30周年のお祝いが終わった後の工藤は、せめて夫のサポートに専念する方が賢明なのかもしれない。それはそれでファンの反感を買いそうだが。

    文・阿蘭澄史(あらん・すみし)
    >>1974年滋賀県出身。フリー記者。某在京スポーツ紙の契約記者を経て、現在は週刊誌等で活躍中。主な著書に『真相!アイドル流出事件簿』(ミリオン出版)、『事務所をクビになった芸能人』(竹書房)、『芸能人のタブー』(宙出版)など。

    https://news.infoseek.co.jp/article/dailynewsonline_1383830/

    【工藤静香さんの悲惨すぎる現状がこちら・・・これはマジでやばい】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/11/10(金) 17:39:21.60 ID:CAP_USER9
    11月6日に工藤静香がインスタグラムに投稿したコメントが波紋を広げている。

    工藤はこの日、北海道から玉ねぎやカボチャが届いたことをコメント冒頭で喜ぶと、
    続けて「イラッと来る事、信じられな~~い!何て思う事、色々ありますが、今日からまた一週間、好きな人、事に時間を使い頑張りましょう!!」と投稿しているのだ。

    「稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人によるAbemaTVの生放送番組『72時間ホンネテレビ』の翌日に投稿されていることから、ネット上では工藤が『信じられな~~い』と思うのは、そのことではないかという憶測が飛び交っているんです。
    この番組には、21年前にSMAPを脱退してオートレーサーになった森且行が出演したり、
    国内の過去最高同時視聴数7400万超を記録したりと、とにかく話題になりましたからね。
    ただ、たとえ『72時間ホンネテレビ』のことを指していなくても、『匂わせるようなことをわざわざ今、発信しなくてもいいのでは?』
    『このタイミングでぼんやりしたことを書いたら憶測されるかもって考えなかったのかな?』『時期的に黙っていればいいのに』といった声が続出しています」(女性誌記者)

    夫である木村拓哉を尻に敷いているイメージが強い工藤だけに、元SMAPのファンも過敏に反応したようだ。
    no title

    http://dailynewsonline.jp/article/1374430/
    2017.11.10 14:05 アサジョ

    【【芸能】工藤静香「72時間ホンネテレビ」放送翌日に「イラッと来る」とインスタに投稿】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/11/07(火) 22:09:12.31 ID:CAP_USER9
    昨年末にSMAPが解散となり、今年9月にジャニーズ事務所を退所した稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(43)、香取慎吾(40)の
    3人によるAbemaTVの生放送番組『72時間ホンネテレビ』が11月2日~5日にかけて放送され、大きな話題をさらった。

    番組には地上波テレビでも活躍するタレントが大勢出演。SNSでどんどん感想が書き込まれ、拡散していった。
    番組は全体的にゆるい雰囲気で構成され、深夜は基本的にダイジェスト放送となったが、その「無理しすぎない姿勢」も時代のニーズを汲んでいたといえる。
    スタッフやタレントが過酷な仕事でボロボロになるような姿を、楽しんで視聴するような時代ではないのだ。

    一部からはSMAPとして共に活動してきた中居正広(45)と木村拓哉(44)のサプライズ出演を期待する声も上がっていたが、結局それはかなわなかった。
    ただ、放送終了後に木村の妻である工藤静香(47)が自身のInstagramに書き込んだ些細な一文が、波紋を呼んでいる。

    工藤は11月3日に、天然石の写真を4枚UP。以降、新規投稿をするでもなく、その投稿のコメント欄にたびたび降臨して固定のファンたちとやりとりしている。
    質問に答えるだけでなく、「おはよう」「おやすみ」といったコメントも工藤は投稿。
    そんな中で、6日朝、北海道から玉ねぎやカボチャを送ってもらったことを喜ぶ一文と共に次の文章をコメント欄に書き込んでいた。

    『イラッと来る事、信じられな~~い!何て思う事、色々ありますが、今日からまた一週間、好きな人、事に時間を使い頑張りましょう!!』

    プライベートで、あるいは仕事で、何か嫌なことがあったと匂わせる文章なだけに、ファンから心配のリプライもついているが、それ以上の言及はない。

    おりしも発売中の「FLASH」(光文社)には、木村拓哉が懇意にしていたフジテレビの40代女性社員が、
    同社を退社して「新しい地図」を取り仕切る飯島三智氏の会社であるCULENに入社予定との記事が出た。
    長らくフジテレビで広報を担当していたその女性は、木村もファーストネームで呼ぶほど仲が良かった人物で、同誌は「キムタクの恋人」と評している。

    5月にはSMAPのチーフマネージャーだったF氏もジャニーズ事務所を辞職。

    幹部クラスの厚待遇で引き止められたにもかかわらず、決意は固くあっさり退社してしまったという。
    その前にも敏腕マネージャーであったM氏が退社しており、CULENに合流済みだ。
    どんどん勢力を増していく「新しい地図」に、ジャニーズ事務所側はどのような視線を送っているのだろうか。

    そしてSMAP解散に際して「フライデー」(講談社)の取材に応じ、「(事務所から独立すれば一時的に収入が増えるとしても)でも、仕事ってそういうものじゃないでしょう? 
    人と人のつながりで人間は生きている。私はそう思います」「(他のメンバー)4人の方々がどうお考えなのか。それぞれの価値観の問題です。
    なのに、どうして私たちが”裏切り者“呼ばわりされなきゃならないの!」と話していた工藤もまた、
    夫と袂を分かつたメンバーやスタッフらかつての仲間たちをどう見ているのか……。
    kudoshizuka0804_thum630

    http://dailynewsonline.jp/article/1373536/
    2017.11.07 21:05 messy / メッシー

    【工藤静香が元SMAP三人組に対してインスタで放った一言がひどいと話題にwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ