タグ:安室奈美恵

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/12/14(木) 21:52:40.60 ID:CAP_USER9
    安室奈美恵の特番が大コケ NHKでもしらけムード
    芸能週刊新潮 2017年12月14日号掲載
    https://www.dailyshincho.jp/article/2017/12140559/
    https://www.dailyshincho.jp/wp-content/uploads/2017/12/1712140559_1.jpg
    no title

    “アムラー”に支えられて…

     突然の引退発表をきっかけに巻き起こった安室奈美恵(40)フィーバー。
    しかし、その折も折、独占インタビューを報じたNHKの特番が大コケしてしまった。紅白歌合戦出場への“呼び水”ともされていたのに、どんな理由があったのか。
     11月8日にリリースされたベストアルバム「Finally」は、発売第1週で111万枚を突破。ダブルミリオンの達成は、ほぼ確実な勢いである。

     芸能記者に聞くと、
    「さらに、来年2月からはナゴヤドームを皮切りに国内5大ドームツアーと、香港、台湾などの海外公演も始まります。すべてを合わせた観客動員数は70万人。
    それでも、チケットのプラチナ化は免れない。平成の歌姫の最後の姿を目に焼きつけようと、チケット争奪戦が勃発するのは間違いありません」
    安室フィーバーは、序章が始まったばかり。

     ところが、11月23日に放送されたNHKの特番「安室奈美恵『告白』」は、なぜか大コケだったのだ。
    夜10時からオンエアの1時間番組だったが、平均視聴率は9・1%。それに対し、裏番組の「秘密のケンミンSHOWスペシャル」(日テレ系)は、10・1%だった。
    大手紙やスポーツ紙のラテ欄などで、大々的に番組宣伝を行ったのに、同時間帯のトップにすらなれなかったのである。

    【意外と不人気!?安室奈美恵の特番が大コケ NHKでもしらけムード 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/12/06(水) 23:11:56.03 ID:CAP_USER9
    安室奈美恵が手の付けられないほど傲慢になっているという噂が広がっている。親しい音楽ライター、雑誌、新聞記者らにも強硬に“取材規制”を始めたようだ。

    「紅白歌合戦に出場するかどうかで世間が騒いだ。NHKで“独占告白”する特番に出た。急に電話会社のCMに出るなど、一気に注目度が増しました。この人気に、“自分は別格だ”と思い始めているようです」(音楽ライター)

    安室は大手レコード会社の傘下で個人事務所を運営しているが、そのレコード会社を通しての取材制限がかなり厳しくなっているのだという。

    「SAMとの結婚と離婚について話を聞くことは禁止されています。それとともに、彼とのあいだに生まれた子供のことも話題にできません。彼女の母親は親族によって殺害されていますが、それに関しても100%触れてはいけません」(同・ライター)

    そのため、安室が引退へ向かう期間のことを“閉店セール”と揶揄して、その姿勢を非難するメディアもある。

    「しかし、自身で引退を発表し、周囲も強引に話題作りして金もうけをしているように見えます。実際に引退発表後にCM出演も増え、CDの売り上げもトップになりました。さながら“引退バブル”ではないですか」(レコード会社関係者)


    ■ 「引退特需」は一部の人間によるものか

    安室の人気が一般的かどうか疑問だという意見がある。NHKのスペシャル番組『安室奈美恵 告白』は平均視聴率9.1%で、事前に大々的に番組宣伝をしていたにもかかわらず、ふた桁視聴率にはならなかった。

    「20年前に“アムラー”を自称していたような人たちが勝手に騒いでいるようにも見えます。安室はそのころにも男性誌で人気はありませんでした」(男性誌編集者)

    ごく一部のファンだけの騒ぎなのかもしれない。

    まいじつ 2017年12月6日 19時30分
    https://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20171206/Myjitsu_037856.html

    写真
    https://s.eximg.jp/exnews/feed/Myjitsu/Myjitsu_037856_30bd_1_s.jpg
    no title

    【取材できなかったマスコミ激怒!<安室奈美恵>傲慢になり「取材規制」拡大か 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/11/21(火) 11:45:13.09 ID:CAP_USER9
    さんま、NHK紅白へ仰天提案「安室奈美恵が出るなら俺が司会する」
    2017年11月21日 11:32
    https://m.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/11/21/kiji/20171121s00041000104000c.html
    https://m.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/11/21/jpeg/20171107s00041000203000p_view.jpg
    no title


     お笑いタレントの明石家さんま(62)が18日放送のMBSラジオ「ヤングタウン土曜日」(土曜後10・00)に出演。
     ?16日に発表された大みそかのNHK「第68回紅白歌合戦」(後7・15~同11・45)の出演者に歌手・安室奈美恵(40)の名前がなかったことについて言及した。

     さんまは「安室奈美恵を見たいというのは事実。出てほしいよなあ」と安室の紅白歌合戦への出演を熱望。「今年の紅白は話題性が乏しいし、俺は(安室が)出ると踏んでるんやけど…」と予想した。

     続けて「最後の紅白だし…。どうあれこうあれ出てほしい」とし「安室奈美恵が出るなら俺が司会する、とか言えばええんかな」と提案した。
     ?共演陣に「もうそこ(司会者)は覆らないんじゃないですか」とツッコまれると「(総合司会の)内村は俺の後輩やから説得する。逆らえない逆らえない」と笑いを誘った。

    【【紅白歌合戦】明石家さんま「安室奈美恵が出るなら俺が司会する、とか言えばええんかな(笑)」「安室奈美恵を見たいと言うのは事実。出てほしいよなあ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/11/17(金) 06:09:07.41 ID:CAP_USER9
     おおみそかの「第68回NHK紅白歌合戦」の出場者が16日に発表されたが、リストの中には来年9月16日の引退を発表しており“ラスト紅白”として注目された安室奈美恵(40)の名前はなかった。

     各スポーツ紙によると、同日行われた会見で同局の制作サイドトップはオファーしていることを明かしたものの交渉の経緯は明かさず、「最後まで粘り強くお願いしていく」とコメントしたという。

     「今月23日には同局で2時間にわたって安室をインタビューした特番『安室奈美恵 告白』が放送される。同番組の収録には紅白の制作幹部が立ち合い“誠意”を見せたというが、ビジネスにシビアな安室にとって特番と紅白はまったく別物。そもそも、民放キー局に比べて格安なギャラで紅白に出てある程度の時間拘束されるメリットはまったくない。現時点で出場する可能性は限りなくゼロに近いだろう」(レコード会社関係者)

     そんな中、この日の発表を前に一部が報じたのが、今月初めにAbemaTVで放送された72時間生特番の視聴者数が7400万人を突破した、元SMAPの稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(43)、香取慎吾(40)が出演する「Abema紅白」が企画されていることを報じた。

     「特番同様、3人がホスト役で、『セロリ』の山崎まさよし、『夜空ノムコウ』のスガシカオ、川谷絵音、サカナクション、ナオト・インティライミ、小室哲哉らSMAP時代の楽曲提供者たちが出場するのだとか。Abemaはいくらでも金を使うので破格のギャラで安室に水面下で安室にオファーしているようだ。安室が出るとなれば“裏紅白”ともいえるそっちに視聴者を持って行かれてしまうだろう」(音楽業界関係者)

     “安室効果”でどこまでアクセスが伸びるかが注目される。
    1

    http://wjn.jp/article/detail/0078200/

    【【紅白歌合戦】安室奈美恵、“裏紅白”出場か? 元SMAPの3人らとも共演の可能性】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/11/14(火) 04:41:29.70 ID:CAP_USER9
    [2017/11/14]

    安室奈美恵ベスト初週111万枚! 史上初の年齢4年代連続ミリオン快挙

    歌手・安室奈美恵(40)のオールタイム・ベストアルバム『Finally』(11月8日発売)が、発売初週に111.3万枚を売り上げ、今週発表の11月20日付オリコン週間アルバムランキング(集計期間:11月6~12日)で初登場1位になった。

    アルバム発売初週でのミリオン突破は13年7カ月ぶりで、宇多田ヒカルの「Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.1」(04年3月発売)以来。
    安室のアルバムでは『SWEET 19 BLUES』(96年7月発売)以来21年3カ月ぶりで通算2作目、年齢4年代連続(10代~40代)のミリオンセールス達成はアーティスト史上初の快挙となった。

    安室のデビュー25周年を飾る本作には、1992年発売のデビュー曲「ミスターU.S.A.」から、2017年発売の最新シングル曲「Just You and I」までに発表された45曲に加え、新曲を含めた全52曲が収録されている。


    http://n.mynv.jp/news/2017/11/14/004/images/001l.jpg
    no title

    http://news.mynavi.jp/news/2017/11/14/004/

    【【音楽】安室奈美恵ベスト初週111万枚! アルバム発売初週でのミリオンは13年ぶり】の続きを読む

    このページのトップヘ