タグ:女優

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/10/23(月) 14:11:35.94 _USER9
    「来年消える女優ランキング」2位は武井咲、1位は…?
    2017.10.23 10:30
    https://myjitsu.jp/archives/34119
    https://myjitsu.jp/wp-content/uploads/2017/09/takei_emi2-20170905131543.jpg
    no title


    年末が近づいてくると毎年のようにインターネットで散見されるのが『来年消える○○ランキング』だ。この10月にも一部の芸能サイトで『来年消える女優ランキング』が発表された。

    このランキングで3位にランクインしたのがローラだ。

    「所属している芸能事務所に対して『裏切られた』と名指しで批判し、事務所の労働体制を暴露しました。その後、仕事が激減し、いまは決まっていたCMに出ているだけで、テレビ番組ではほとんど見かけなくなりました。
    事務所の移籍を巡って来年以降、2年ほどの期間は裁判になるでしょう。和解しなければ間違いなく消えます」(芸能プロダクション関係者)

    続いて2位は武井咲。9月1日に『EXILE』のTAKAHIROと結婚を発表している。

    「もともと仕事現場での評判が悪く、人にものを頼むときでも『~してください』とは言えず、『~やって』『~くれない?』としか言えず、敬語が使えないのがスタッフから特に不評です。
    突然の結婚で産休にはいるための違約金もすごいらしく、事務所も必要としなくなりました。産休のあいだで消えるでしょう」(テレビ雑誌編集者)

    ◇「棒演技」のレッテルを貼られた女優

    そして、1位は佐々木希だった。

    「佐々木に関しては“線香花火”だなんて声もあるほどで、最後のゆらめきのように頑張ってあとは落ちるだけと言われていました。結婚してなかったら、去年で消えるといわれていたぐらいです」(芸能ライター)

    佐々木は今年4月にお笑いコンビ『アンジャッシュ』の渡部建と結婚している。現在は、インターネットテレビHuluのドラマ『雨が降ると君は優しい』に出演しており、セクシーな演技が話題になっている。

    「どのドラマに出ても“棒演技”で、すでに女優失格のレッテルを貼られています」(同・ライター)

    いずれも芸能界で必要とされなくなる可能性が高い面々ということのようだ。

    【【芸能】「来年消える女優ランキング」3位に"事務所のブラックさを暴露したら干された"ローラ、2位は"敬語が使えない"武井咲、栄光?の1位はwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/10/16(月) 16:03:52.63 ID:CAP_USER9
    昭和のトーク番組「スター千一夜」は、アラン・ドロンや美空ひばりといった大物スターが、多数出演したことで知られる。
    仮に今も番組が続いていたなら、「千年に一人の美少女」と言われる橋本環奈(18)には、番組からお声がかかっただろうか。
    美人には違いないが、女優としての今後を占うと、不安材料があるというのだ。

     ***

    福岡県で活動するご当地アイドル・グループの一員だった橋本が、「千年に一人の美少女」と呼ばれたのを機に、瞬く間に全国区となったのが3年前。

    以来、歌手から女優中心に路線変更して、現在、人気沸騰中だ。

    スポーツ紙記者が言う。

    「今年3月には、昨年、主演を務めた映画『セーラー服と機関銃』のリメイクで日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞しています。
    さらに都議選のイメージキャラに起用され、お茶の間にも知名度が広がりました」

    そのうえ、小栗旬や菅田将暉に次ぐメインの役どころを務めた映画「銀魂」は、現在も公開が続き、興行収入は40億円に迫る大ヒット。 アジア圏だけでなく、米国や欧州での公開も予定されている。

    「『銀魂』は人気漫画が原作です。劇中では、原作のキャラクターの通りに鼻をほじったり、嘔吐するといった、アイドル出身なら躊躇しそうな演技もこなし、高評価を得ています」(同)

    先月まで主演を務めたドラマ「警視庁いきもの係」(フジ)は、平均視聴率が6・5%と振るわなかったものの、売れっ子女優の1人として一目置かれる存在だ。

    バラエティ番組で共演したタレントの関係者は、

    「収録現場には、マネージャーのほか、雑用をこなす付き人が数名、さらにメイクとスタイリストがそれぞれ1人ずついて、共演者の中でも目立っていました」

    制服姿か子供キャラ

    着実にスター女優への階段を上っているようだが、

    「彼女は、女優でやっていくには身長が低いんですよ。152センチしかないことが、今後の懸念材料になりますね」

    と言うのは、アイドル評論家の堀越日出夫氏。

    「なぜなら、背が低いというだけで、オファーされる役の幅が狭まってしまうからです。例えば、恋愛モノだと相手役との身長差が極端ですとバランスが悪く、キスシーンを撮るにしても、撮影に工夫が必要になる。
    そのため、通常ですとキャスティング側も、背の高い俳優との共演は避けることになるでしょう」

    最近、売れている女優で、背の低いと言われる有村架純が160センチ。さらに低い広瀬すずでさえ159センチ。
    今はまだいいが、低身長の橋本の汎用性が低いと見なされる日が将来的に訪れるのは、不思議なことではないというわけだ。

    それだけではない。アイドルに詳しいコラムニストの中森明夫氏によれば、

    「橋本の演技力はまだまだ期待できると思いますが、心配なのは、今後、どんな役を貰えるかということです。これまで出演映画はほとんどが制服を着た役で、『銀魂』も子供のようなキャラクターでした。つまり、彼女はまだ、実年齢と同じぐらいの役しか演じていないのです。一旦、少女役で有名になると、イメージが定着して、年を取った時に大人の女性を演じるのが難しい。制服の似合う可愛い少女から、全く異なる役柄に化けることが出来るかが、ポイントでしょう」

    美少女から大女優への脱皮は一夜にして成らず。

    「週刊新潮」2017年10月12日神無月増大号 掲載

    http://news.livedoor.com/article/detail/13752724/
    2017年10月16日 5時58分 デイリー新潮


    no title


    【【画像】橋本環奈の身長チビすぎワロタwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/10/16(月) 00:15:01.63 ID:CAP_USER9
    現地時間13日、第22回釜山国際映画祭で「ガラ・プレゼンテーション」部門に正式招待された『ナラタージュ』の記者会見が行われた。

    同映画祭には何度も参加している行定勲監督と、今回が国際映画祭への参加が初めてとなるヒロイン役の有村架純が登壇した。

    本作は、「この恋愛小説がすごい!」の2006年版で1位となった島本理生の恋愛小説「ナラタージュ」を、恋愛映画の名手である行定勲監督が映画化。
    主演に嵐・松本潤を迎え、ヒロインの有村架純との切なくも危ういラブストーリー。

    司会のカン・スヨン執行委員長から「国民の妖精とも言われているそうですが、声も美しいですね」と紹介された有村は、
    「初めて海外の映画祭に参加させていただくので、とても楽しみにしていました。この作品が韓国のみなさんにも映画の余韻を楽しんでもらえたらと思います」と挨拶した。

    続いて紹介された監督は、『ひまわり』(2000)が第5回釜山国際映画祭国際批評家連盟賞を受賞している。その際の審査員だったのが、司会を務めるカン・スヨン執行委員長だという。
    そんなこともあり監督は、「釜山は毎年のように来たい映画祭だ」と語り、「世界の人たちに観てもらう窓を開いてくれるのがここ、釜山だと思っています」と挨拶した。

    今年も新作の『ナラタージュ』で釜山国際映画祭に参加できたことがとてもうれしいと語る監督は、「『ニュー・カレンツ』部門で批評家連盟賞を受賞していなかったら、
    今の僕のキャリアは築けなかっただろうと思います。釜山国際映画祭は国際的な活動をするため、そして世界に映画を観てもらうための扉を開いてくれる場所です。

    だからこそ、これからも釜山国際映画祭を応援したい。
    そして新作が出来たら必ずここ、釜山に戻って来たいです」と語り、釜山は第二の故郷と言っても過言ではないと、本映画祭への想いを伝えた。

    また、本作の企画ができたのは2005年だと明かした監督。実現まで10年以上かかった理由について「恋愛劇は身近にある出来事を映画化するため、
    俳優が演じる感情の揺れがとても重要だ」と語り、演じる側にも過酷さを強いるため、俳優の選択が困難だったという。

    ヒロインを演じるに値する女優になかなか出会えなかったところ、有村に出会ったという。
    「まだデビューしていなかったのですが、有村さんにこの役をお願いすることになって、やっと映画がスタートした」と作品への思いを語った。

    難しい役どころについて有村は「壊れるほど相手を想うことは、わたし自身はまだ経験したことのない感情でしたので
    松本潤さんが演じる葉山先生への気持ちを持ち続けること、ただただ相手を想い続けることに集中しました」と撮影当時を振り返った。

    また「セリフだけで感情を読み取る映画なので当時23歳だったわたしには演じるのが難しいと感じていました。でもとても美しい映画にしてくださった監督に感謝しています」語った。

    no title

    https://www.cinematoday.jp/news/N0095312

    【【画像】有村架純が国民の妖精ってマジ?wwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/10/14(土) 21:16:28.47 ID:CAP_USER9
    13日放送の「全力!脱力タイムズ」(フジテレビ系)で、芸能リポーターのあべかすみ氏が、世界的女優と元アイドル女優の不仲を暴露した。

    「2017年 残り2カ月半で起きる!? 芸能4大スキャンダル 徹底告発SP」と題し、芸能リポーター歴29年のあべ氏が最新の芸能界のウワサについて、実名は伏せながらも解説していった。

    この中のひとつとしてあべ氏は、世界でも評価の高い女優Xと大河ドラマの出演経験がある元国民的アイドルの女優Yが、犬猿の仲になっているというのだ。

    あべ氏によると、原因は同じ事務所内でのふたりのトップ争いにあったとか。素行不良が理由でYが仕事を休んでいた時期に、事務所を支える活躍をしたのがXだったという。だが、それにも関わらず、Xにとって念願のドラマ主演の座がYに奪われてしまったというのだ。

    そこで不満を募らせたXは、事務所を移籍してしまったということだ。番組では、あべ氏は実名で語っていたようで、発言には規制音の処理がされていた。
    Weeklyjn_12860_0294

    2017年10月14日 17時22分 トピックニュース
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13747705/

    【世界的女優と元国民的アイドルが喧嘩寸前の仲らしいwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/10/10(火) 20:29:26.18 ID:CAP_USER9
    10月期のテレビドラマがスタート。夏のドラマでは、7年ぶりの放送となった『コード・ブルー 3rd』(フジテレビ系)や、先月電撃結婚を発表した武井咲(23)主演の『黒革の手帖』(テレビ朝日系)などが話題になった。

    しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女830名を対象に調査を実施。秋ドラマ出演女優の中から、本当に美人だと思う女優を複数回答で選んでもらった。

    ■第5位:米倉涼子(15.8%)

    (米倉涼子)

    第5位は、第5シリーズに突入する『ドクターX ~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)主演の米倉涼子(42)。

    60代女性で2位、50代で3位とシニア層の票を集めた。

    ■第4位:黒木メイサ(17.8%)

    (画像は『オトナ高校』公式サイトのスクリーンショット)

    土曜ナイトドラマ『オトナ高校』(テレビ朝日系)に出演する黒木メイサ(29)が4位。プライベートでは2児の母だが、32歳・処女のヒロインを演じることでも話題となっている。

    女性全体で2位と高く、20代・40代女性で1位だが、逆に20代・40代男性では10位以下と男女で評価が分かれている。

    ■第3位:石田ゆり子(20.6%)

    (石田ゆり子)

    第3位は月9『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』(フジテレビ系)に出演する石田ゆり子(48)。

    今月誕生日を迎えたことが、ネットで大きな話題になるなど、今注目を集めている女優のひとり。30代、40代で1位。同年代や少し下の世代が憧れる存在となっているようだ。

    ■第2位:武井咲(21.4%)

    (画像は『今からあなたを脅迫します』公式サイトのスクリーンショット)

    第2位は『今からあなたを脅迫します』(日本テレビ系)に出演する武井咲。20代、60代、女性全体で1位になっている。

    前回実施した「美人だと思う夏ドラマ女優ランキング」の3位からワンランクアップし、割合も5ポイントも増えている。好評だった『黒革の手帖』が要因のひとつかも。

    ■第1位:綾瀬はるか(23.6%)

    (画像は『奥様は、取り扱い注意』公式サイトのスクリーンショット)

    第1位は、『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)主演の綾瀬はるか(32)。

    とくに、30代~60代男性で1位になっており、男性からの支持が順位を押し上げている。

    なお、6位以下は、6位本田翼(25)、7位篠原涼子(44)、8位内田有紀(41)、9位は同票で満島ひかり(31)、吉田羊となった。

    秋ドラマは、まだ始まったばかり。今期はどんなドラマがブレイクするのか、美しさに心を奪われるようなヒロインの登場を予想してみるのも楽しそうだ。

    (文/しらべぇ編集部・小河 貴洋)
    1

    https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20161313265/

    【【芸能】美人だと思う2017秋ドラマ女優ランキング 3位石田ゆり子、2位武井咲、1位は】の続きを読む

    このページのトップヘ