タグ:夫

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title
    1: 2020/03/17(火) 18:21:01.22 ID:VBBbA/zz9
    昨年12月にAさんが家を飛び出す決定的な場面があったという。当時小倉は第3子を妊娠したばかりで、重い悪阻に見舞われていた。

    「深夜に帰宅したAさんは、臥せっている小倉さんに対し、『なんでごはんがないの?』という言葉をかけたのです。彼女は体調が悪いと訴えた上で、逆にAさんに対して父親としての自覚がないと叱責。最終的に『人間が小さい』などと罵ったのです。
    その言葉でAさんは涙目になり、家を出て行ってしまいました」(同前)

    3月18日(水)発売の「週刊文春」では、夫妻が別居に至る経緯を詳報。また直撃取材に応じたAさんが小倉への率直な思いを明かしている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200317-00036669-bunshun-ent
    3/17(火) 16:00配信


    【夫が別居を決意した決定的な小倉優子の一言www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    gatag-00005336


    1: 2020/03/15(日) 12:20:56.91 ID:hgYy2o3O9
    夫が邪魔をする……これって私だけ?
    日常生活において、また人生において、夫が自分の邪魔をしていると感じている女性は少なくない。自分でも「どうしてだろう」と思うのだが、そのそばからまた夫がイラッとすることをしてくれるのだという。

    夫を憎んでいるわけではないのに……アイさんの場合
    2歳年上の男性と結婚して16年、中学生と小学生の子がいるアイさん(45歳)。夫とは友人の結婚式で知り合い、ごく自然につきあってごく自然に結婚へといきついた。

    「細かいことを言うわけじゃないし、決して悪い人じゃない。それがわかっているのに、なんだか最近、夫が私のすべてを邪魔しているように思えてならないんです」

    子どもたちが部屋を散らかしたらギャーッと怒って片づけさせる。それが行き届いていなくても「しょうがないわね」ですんでしまう。
    だが夫が、使った爪切りを元に戻さなかったり読んだ新聞を畳んでいなかったりするだけで、彼女は体中でストレスを感じてしまうのだという。

    「元に戻してよ、片づけてよと言う気力を失うんですよね。そもそも文句を言う前に、またかという脱力感がある。私に手間をかけさせるためにわざとこういうことするわけ?
    と思ったり、あるいはまた私の邪魔をすると感じた。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17966562/
    2020年3月14日 22時25分 All About

    【妻たちの「私が夫にイラつく理由」が衝撃的すぎるwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title

    1: 2020/03/12(木) 09:06:32.19 ID:pxaMF4fS9
    サンケイスポーツ報道でタレント、小倉優子(36)と歯科医の夫(46)の別居が発覚した11日、小倉は沈黙を通した。この日は東日本大震災から丸9年にあたり、私的な公表を控えたようだ。関係者によると、12日にも何らかのコメントをするものとみられる。

     再婚2年目の小倉は第3子を身ごもり、もうすぐ妊娠6カ月。前夫との間の長男(7)と次男(3)も一緒に暮らしてきたが、昨年12月の再婚1周年の直前、夫が家を出て別居が始まった。小倉に専業主婦になるよう求めたが、断られたことが引き金だった。

     夫は離婚と子供2人の養子縁組解消を要求。小倉は知人に「子供たちや生まれてくる子のためにもやり直したい」と涙ながらに打ち明けている。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200312-00000035-sanspo-ent


    no title

    【【オワタ】小倉優子夫、子供2人の養子縁組解消を希望している模様www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    bandicam 2019-11-11 10-42-33-379

    【痴漢を追いかけていた夫が意識不明の重体になりました・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    bandicam 2019-10-27 10-12-54-436

    【私の夫がポジティブすぎて草wwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ