タグ:俳優

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    svsindex


    1: 2018/09/08(土) 13:51:54.80 ID:CAP_USER9
    映画『泣き虫しょったんの奇跡』の公開記念舞台挨拶が8日都内で行われ、主演の松田龍平、共演の永山絢斗、渋川清彦、新井浩文、松たか子、
    窪塚愛流、原作者の瀬川晶司五段、そして豊田利晃監督が参加した。

     俳優・窪塚洋介と元妻との間に生まれた14歳の息子・愛流は「映画を観に来ていただいてありがとうございます」と人生初の舞台挨拶に
    緊張気味で挨拶。オーディションで役を掴んでの俳優デビューで「生まれて初めての映画の撮影で上手く演技できるか不安だったけれど、
    自分なりに精一杯やろうと思った」と初々しい感想も、手応えを聞かれると「自分って凄いんだなと思った」と自画自賛だった。

    続きは以下より
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180908-00010017-abema-ent

    【窪塚洋介の14歳息子・愛流、俳優デビュー作に「自分って凄い」と自画自賛 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    bandicam 2018-09-01 12-23-02-868

    1: 2018/09/01(土) 01:20:53.99 ID:CAP_USER9
    2017年6月に未成年女性との飲酒と淫行で無期限活動停止となり、今年6月には所属事務所との専属契約を終了した小出恵介が、渡米を決断したことを
    発売中の8月28日発売の「女性自身」が報じている。同誌によれば、小出はニューヨークのアクターズスクールへ留学することを検討しているといい、
    取材に応じた小出の代理人の弁護士も、小出がアメリカでの活動に向けて手続きを進めていることを明かしている。

    しかし、この渡米報道を耳にした世間の人々からは「アメリカもそんなに甘くないでしょ」「何かやらかしたらアメリカに行けばいいっていう発想がムカつく」「吉田栄作みたいな末路をたどりそう」「いやいや、需要ないでしょ」「いまだに反省してないようだし、また同じことやらかしそう」など、批判的な意見ばかりが目立っている。

    続きはこちら
    https://www.asagei.com/excerpt/111426

    【小出恵介さん、ガチで決断してしまうwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    o0480030214202378059

    1: 2018/08/19(日) 18:40:14.70 ID:JII0QS810
    ブルース・リーがすごいと言うやついるけどおかしくね?
    どうみても顔芸だけのただのガリマッチョおじさんじゃん
    なんでみんな40年以上前に死んだシナ人を持ち上げるわけ?

    【ブルース・リーって凄い凄い言われてるけど、どこがすごいの? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    gsgindex


    1: 2018/08/14(火) 17:37:19.96 ID:CAP_USER9
    『バック・トゥ・ザ・フューチャー』 マイケル・J・フォックスやクリストファー・ロイドらメインキャスト4人が再結集
    2018/08/14 13:27掲載 amass
     

    映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の公開から33年、マイケル・J・フォックス(マーティ役)、クリストファー・ロイド(ドク役)、リー・トンプソン(マーティの母ロレイン役)、トーマス・F・ウィルソン(ビフ役)のメインキャスト4人が先週末に行われたイベントにて再結集。
    4ショット写真がInstagramページで公開されています。トンプソンは「4人の旧友が未来から戻ってきたわ」、ロイドは「特別だった」とコメントも添えています。4人はボストンで行われたイベント<FAN EXPO Boston>に出演。同イベントには5万人を超えるファンが参加しています

    続きは以下より
    http://amass.jp/109054/

    【『バック・トゥ・ザ・フューチャー』 マイケル・J・フォックスやクリストファー・ロイドらメインキャスト4人が再結集 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    dvcindex


    1: 2018/08/11(土) 17:40:09.68 ID:CAP_USER9
    ホリプロの“先輩・後輩”の明暗がくっきりと分かれた。

     石原さとみ(31)主演の「高嶺の花」(日本テレビ系)の第5話の視聴率は8・2%と、再び過去最低を記録。初回の11・1%が最高で、それ以降は9・6%、8・2%、9・2%とひとケタが続いている。

     一方、先輩の綾瀬はるか(33)主演の「義母と娘のブルース」(TBS系)の第5話の視聴率は、過去最高の13・1%を記録した。初回の11・5%から上昇傾向が続いている。


    続きは以下より
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/235198

    【綾瀬はるかと明暗…石原さとみ「高嶺の花」が苦戦の理由 】の続きを読む

    このページのトップヘ