タグ:中国

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/11/27(月) 00:11:31.38 0

    【中国アイドルが小さいサイズのチャイナ服を着た姿がたまらんwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/11/18(土) 17:21:37.35 ID:yL1+G5qw0 BE:123322212-PLT(13121) ポイント特典
     近年、中国では海外旅行がブームとなっていて、日本は人気の渡航先ランキングで常に上位となっている。
    事実、日本を訪れる中国人の数は年々増加しており、日本政府観光局によれば、訪日中国人の数は14年は240万9158人だったが、
    15年は前年比107.3%増の499万3689人となり、さらに16年は27.6%増の637万3564人となった。

     17年も9月までの統計で前年同期比11.0%の伸びを示しており、このままの勢いであれば、17年通年の訪日中国人客数は
    過去最高を更新することは確実であろう。中国で日本旅行がブームとなっている一方で、日本では中国は決して人気の渡航先ではなく、
    相手国への観光旅行という意味では、日本と中国に大きな温度差があると言える。

     中国メディアの今日頭条はこのほど、非常に多くの中国人が日本を旅行で訪れているというのに、なぜ日本人は中国を訪れたがらない
    のかと疑問を投げかけ、その理由は「中国が日本ほど清潔でないからか」と嘆いている。

     記事は、日本は観光業が発達していて、近年は多くの中国人が日本を旅行で訪れるようになっていると指摘。日本と中国の間には
    歴史問題が存在し、今なお多くの中国人が日本に対して複雑な感情を抱いているとしながらも、こうした感情も中国人の訪日旅行ブームには
    さほど大きな影響を及ぼしていないと論じた。

     続けて、初めて日本を訪れた中国人は目の前に広がる光景の「清潔さ」に驚き、「日本人はまったくゴミが出ない暮らしをしているのか」
    と思うほどだと紹介する一方、これだけ多くの中国人が日本を旅行で訪れているというのに、「日本人の間で中国旅行が人気となっている
    という話はまったく聞いたことがない」と指摘。しかも、一部の日本人は中国に対し、「大気汚染が深刻で、道路もゴミだらけ」というイメージ
    を持っており、こうした点を嫌って中国旅行を避けている可能性があると嘆いた。
    1

    全文
    http://news.searchina.net/id/1648044?page=1

    【【当たり前】中国メディア「なんで日本人は中国旅行したがらないの?汚いイメージがあるから?(´・ω・`)ていうか日本綺麗すぎワロタwww」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/11/08(水) 21:22:33.15 ID:CAP_USER9
    酒井法子のインターナショナルなドサ回り 海外では「怪物級美魔女」の人気
    11/8(水) 16:59配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171108-00532566-shincho-ent
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20171108-00532566-shincho-000-view.jpg
    no title

    海外では「怪物級美魔女」の人気

    覚醒剤の事件を起こしてから8年――。日本の芸能界ではすっかりイロモノ扱いとなってしまった“のりピー”こと酒井法子(46)だが、なぜか海外では大人気だという。

     ***

    毎年11月にマカオで開催されるカジノの見本市「MGSエンターテインメントショー」に今年ものりピーは登場する。初参加となった昨年は、事前告知がなかったにもかかわらず、彼女が登場すると「のりピーがいる!」と100人近い人だかりができたという。

    今年ものりピー目当てにファンが集まること間違いなしなのだが、マカオに限らずアジア圏での人気は根強く、昨年3月と今年1月には韓国のカジノでもディナーショーを開いている。
    さらには来年1月に香港でコンサートを開催予定で、チケットは3日で完売したとか。

    のりピーのアジアでの人気を支えるメインの客は中国人だというが、

    「酒井さんは1990年代前半に中華圏に進出しています。当時は、わざわざアジア諸国に出てゆく一流芸能人は珍しかった。それもあって、彼女が出したCDもドラマも現地では大人気でした」(ノンフィクション・ライターの安田峰俊氏)

    その人気は46歳にしてなお「怪物級美魔女」と呼ばれているほどなのだ。

     ***

    11月9日発売の「週刊新潮」では、のりピーのアジア人気の程を詳しく報じる。

    「週刊新潮」2017年11月16日号 掲載

    【【画像】酒井法子の現在がヤバすぎwwwwwwwwwマジかよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/10/22(日) 00:16:16.10 ID:blAmXguE0

    【【激カワ】中国の女子が可愛すぎる・・・天使すぎて草wwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/10/04(水) 12:26:48.02 ID:CAP_USER9
    10/4(水) 7:00配信
    文春オンライン

     契約違反問題で昨年AKBグループから独立した?中国・上海発のSNH48が愛国アイドル路線を爆走中。オタクを愛国戦士に“フライングゲット”したい習近平政権の愛国キャンペーン最前線をルポライターの安田峰俊さんがレポート。

     ◆◆◆

     今年10月1日、中国は68回目の国慶節(建国記念日)を迎えた。同月の18日に第2期習近平政権の顔ぶれを決める共産党大会が予定されていることから、今年は特に露骨な愛国キャンペーンが展開されている。

     例えば国営放送CCTVは国慶節に合わせて『厲害了、我的国(スゲえぞ、わが国)』と題した中国スゴイ番組を大々的に放送。内容は高速鉄道建設やイノベイションなど各方面における中国の偉大さを自画自賛するものだ。

     この波は社会全体に及んでいる。例えば上記の番組中で紹介されたシェアサイクル大手のofo社とモバイク社は、タイヤに「スゲえぞ、わが国」と書かれた国慶節バージョンの自転車車両を中国全土の160以上の都市で大量に配置するという、別な意味で中国スゲえと思わせる行動に出ているほどだ。

     中国スゲえの愛国キャンペーンに乗っているのはシェアサイクル業界だけではない。かつてAKB48の姉妹グループで、昨年6月に独立したSNH48も同様だ。彼女らはもともと2012年に秋元康のプロデュースによって上海で結成されたアイドルグループで、かつてはSKE48やAKB48と兼任する形で宮澤佐江・鈴木まりやの日本人メンバーも参加、日中エンタメ交流の一角を担う存在だった。

     だが、やがてSNH48の中国側運営会社が、秋元康のチェックを経ない中国国内オリジナル楽曲をリリースしたり、BEJ48(北京)やGNZ48(広州)などの姉妹グループを日本側運営会社AKSの許可を得ず設立するなどしたことで、AKSは「契約違反」であると激怒。昨年6月10日にSNH48は独立を宣言し、これに先立ち宮澤・鈴木の日本人メンバーも上海を去った。(※上記の「契約違反」については双方の見解が異なるため、本記事では詳述しない)

     その後の彼女らは中国の地場アイドルグループとして、AKSグループ時代以来の専用劇場・SNH48星夢劇院を拠点に活動を続行。やがて独立騒動の火種となったBEJ48やGNZ48に加えて、SHY48(瀋陽)・CKG48(重慶)・CGT48(成都、結成準備中)といった独自の姉妹グループをどんどん展開する。さながら水をぶっかけられたグレムリンのごとく、謎の大量増殖と独自の進化を繰り広げるようになったのである。

    https://youtu.be/WfWU9KuifzM


    ※AKSとの手切れ以前のSNH48メンバーが歌っていた『ポニーテールとシュシュ』の中国語版『馬尾与髪圏』のMV。歌唱のレベルやカメラワークはAKB48の本家MVよりも数ランク落ちる印象だ。

     SNH48はこの「脱日本化」事件以降、中国の純国産アイドルとして国内市場を見据えたマーケティングを開始するようになった。その一環としておこなわれはじめたのが、現代中国に吹き荒れる愛国ブームへの接近だ。

    【中国でAKB48のパクリグループが大量増殖している訳】の続きを読む

    このページのトップヘ