タグ:不倫

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/12/10(日) 07:59:40.62 ID:CAP_USER9
    14年に乃木坂46・松村沙友理との“路上キス写真”を撮られた、元「ヤングジャンプ」編集者の今について、雑誌編集者は語る。

    「この編集者は妻子ある身で、世間では“不倫スキャンダル”として騒がれましたが、会社からのお咎めはほとんどなかった。現在も編集者として活躍していて、担当しているウェブコンテンツはかなりの収益をあげているようです」

     そんな状況なので、本人も特に反省している様子はなく、松村との件に関しても「普通にナンパして成功しただけ」などと周囲に話しているという。

    「彼のように、集英社のような一流企業なら厳しい処分になるはずの社員にすら、集英社は激甘。それに、和月といえば現在の集英社を支える『ONE PIECE』の作者・尾田栄一郎の師匠筋として知られている。

    尾田が処分に口を出してきたら、誰も言い返せないでしょう。和月の容疑は本来、少年漫画から永久追放されるレベルの不祥事なだけに、それでも復帰が目に見えているという点で、同業者から『集英社は羨ましい』といった皮肉も聞かれます」(同)

     他社からも羨望される“聖域”に守られる和月だけに、『るろ剣』の復活はそう遠くない将来の話なのかもしれない。
    (文=編集部)

    http://biz-journal.jp/i/2017/12/post_21655_entry.html

    【【乃木坂46】松村沙友理の不倫相手の「ヤングジャンプ編集者の現在」→wwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/12/02(土) 19:44:13.15 ID:CAP_USER9
    【安田美沙子/モデルプレス=12月2日】

    タレントの安田美沙子が1日付のブログにて体脂肪率を告白し、驚きの声が上がっている。

    安田美沙子、夫の不倫報道に言及<コメント全文>

    安田は今年5月に第1子となる男児を出産。妊娠中は12キロ体重が増えたことも明かしていたが、産後2ヶ月で仕事復帰を果たした。

    現在はすっかりスタイルも戻ったようで、この日もジムでボディメンテナンスをしてきたことを報告。「それにしても、体脂肪が低くてびっくり!!なんと15%代!!」と自身も驚くほどの低さだったことを明かし、「お肉とか足りないのかなーバランスよく!を目指したいですね」とつづっている。

    ◆安田美沙子の体脂肪率に驚きの声

    元々マラソンに打ち込むなど引き締まった美ボディの持ち主である安田。ファンからは「ママになってもそのスタイルを維持できてるのは凄い」「産後痩せってどうすればいいんでしょうか?教えてほしい」など驚きの声が相次いでいる。

    2017年12月2日 18時18分 モデルプレス
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13973917/

    写真
    http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/a/9/a955d_749_0b20aea9_443cc929.jpg
    no title

    【安田美沙子の体脂肪率が低すぎワロタwwwww(※画像あり)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/12/02(土) 13:18:21.41 ID:CAP_USER9
    歌舞伎俳優の市川海老蔵が、2人の子供を連れ 11月27日の夜便でハワイに向かった。ハワイは、今年の6月22日に亡くなった妻・麻央さんが大好きな場所であり、海老蔵にとっても思い出深い地だ。

     しかしネット上では、この旅行が炎上する騒ぎになっている。麻央さんの姉でフリーアナウンサーの小林麻耶も同時期にハワイ入りしていたからだ。ただ、麻耶の目的は親友に会うためで、海老蔵ファミリーに合流したかどうかは報告されていない。
     これに対しネット民は「気分転換は必要だし、心のケアも必要だと思うけど、わざわざ同時期にハワイに行く必要はないと思う。麻央さんかわいそう」「これは無いね。喪中なのに2度は無い!」「亡くなった妻の姉とはいえ 麻耶はあくまで小林家の人間、きちっと一線を引くのが筋ってもん」などと疑問を投げかけた。
     それとは逆に「麻耶さん孝行も必要。子供が懐いてる身内は大切にするもの」「喪に服してる期間だから、バカンスするな?はぁ?私が言われたら、余計なお世話だとブチ切れです」「自分のお金で好きな所に行って何が悪い?最愛の人を亡くした人間は、家に篭ってろって事?」など、賛否が真っ二つ。
     芸能ジャーナリストは「麻耶のブログが曲解されたのかも」と擁護する。
    「麻耶は11月27日の更新から、しばらく間があった。それでブログ読者から体調を心配する声が寄せられたんです。その後、30日に心配させたことを詫び『あたたかい季候に癒され子供のパワーに背中を押されています』と書きましたが、ハワイ入りしていることには触れなかった。この思わせぶりな書き方があざとく思われたんだと思う。ただ彼女の心中を察すれば、いくら海老蔵が否定しても、麻耶との再婚話が何度も報じられてきた。だから明かせなかったんだと思います」
     ともあれ日本の喧騒から離れて鋭気を養ってきてほしい。

    アサジョ2017年12月1日18時40分
    https://news.infoseek.co.jp/article/asajo_42177/?ptadid=

    写真
    https://media.image.infoseek.co.jp/isnews/photos/asajo/asajo_42177_0-small.jpg
    no title


    2017/12/02(土) 07:27:54.28
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1512167274/

    【これは鬼女も激怒!<小林麻耶と海老蔵>「ハワイバカンス」に賛否が真っ二つ!「喪中なのに」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/11/25(土) 15:20:23.23 ID:z3D3j4It0
    不倫報道で世間を騒がせた作家の乙武洋匡氏(41)が、仕事が激減している状況を明かした。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171125-00061560-nksports-ent
    AS20171125001100_commL


    【【悲報】乙武さん、無事干される】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/11/20(月) 17:33:29.01 ID:CAP_USER9
     18日放送の『特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル』(読売テレビ)内で、今田耕司・ほんこん・ヒロミらが不倫相手とされる弁護士を政策顧問に起用した山尾志桜里議員について、「説明責任を果たせ」「大嫌い」などと批判の集中砲火を浴びせた。

     番組では、山尾議員が不倫相手とされる弁護士を政策顧問に起用した件について取り上げられ、ほんこんが「弁護士なら嘘ならば訴えればいい」と激怒。

     これについて、山尾議員擁護派の杉村太蔵が「政治家がイチイチ訴えていたらキリがない」と弁護するも、今田が「細かいのはキリないと思うんですよ。これに関しては死活問題やから、これを訴えんやったら、あと何を訴えるのか」と苦言を呈する。

     さらに、ほんこんも「山尾さんて、甘利さんのときでもごっつい追及しててんから、説明責任あるよ」と断罪する。

     極めつけはヒロミ。「おれ、この人嫌いだからね。嫌いなんだよ、本当に。いろんなことやってんだから、ガソリン代とか。毎回ね、説明しないのよ、だから大嫌いなの」とバッサリ。

     続けて、「ちゃんと説明をすれば、それが嘘でもまあみんなしょうがないなとなる。この人は全く出てこなくて、選挙のときにも謝れと言われて、『やってないから謝れないんです』って。そこまで言うならちゃんと出てきてやればいいのに」と苦言を呈す。梅垣義明も「嫌いって言っていいなら俺も嫌い」、間寛平も「嫌い」と口を揃え、まさしく集中砲火状態に。

     そして、山尾議員や倉持弁護士がマスコミについて「むき出しの好奇心」「俗物的雑音」と断罪していることについても、今田が、「鳴らすで~今日も俗物的な音」と茶化したうえで、「こんなん言われたら余計憎たらしい」と本音を吐露する。

     発言の少なかった間寛平も憮然とした表情を浮かべており、出演者は一様に嫌悪。杉村のみ必死にフォローしたが、その言葉は虚しく響くのみだった。

    「当選で気を良くした山尾議員ですが、自らの欲を優先した人事で世間の不興を買っただけでなく、マスコミを挑発するような発言を繰り返し、ほとんどの人間を敵に回してしまった。

     いくら彼女と倉持弁護士が優秀と言っても、国民の賛成がなければ政策として掲げる憲法改正はできない。これだけ孤立してしまうとなかなか難しい。憲法を本当に変える気があるなら、世間の評価や周りへの根回しも必要。突っ張るのではなく、周りとの協調を図っていくべきだった。

     この状況ではやはり、不倫相手と一緒に居たいから政策顧問に起用したと思われても致し方ない」(政治関係者)

     強気を保つ山尾志桜里議員だが、取り巻く状況はかなり厳しくなっているようだ。


    http://wjn.jp/article/detail/9314166/
    http://images.wjn.jp/article/66/9314166-1-1.jpg
    no title

    【【芸能】不倫弁護士を起用した山尾議員に今田耕司、ヒロミらが批判 ネット上でも「何故当選させたのか」と呆れ】の続きを読む

    このページのトップヘ