タグ:ライブ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/11/24(金) 18:39:25.71 ID:CAP_USER9
    突発性難聴や急性副鼻腔炎、急性咽頭炎など、体調不良に見舞われることの多い浜崎あゆみ。11月17日に開催予定だった全国ツアー「Just the beginning-20-TOUR 2017」宮城公演が、今度は気管支炎のために中止となった。

    「浜崎の公式サイトでは17日当日『本日医師により過労による急性気管支炎という診断内容を受けドクターストップがかかりました』と中止を発表。浜崎も自身のTwitterで『自己管理を含めてのプロです。なんの言い訳もありません。皆様からの叱咤激励の言葉すべて胸に刻みます』と謝罪していました」(エンタメ誌ライター)

     ファンからは「大丈夫だろうか、とても心配」「あゆ、大丈夫かな?急性気管支炎だからきついよね ゆっくり休んで」と心配の声が上がったものの、一部では「公演時間を過ぎてからの中止、まぢありえない」「地方なめんな!」など、当日になっての公演中止に怒りの声が上がった。

     実は、浜崎は11月に行った別のライブでも、「曲数が少ない」と批判を浴びたばかりだった。

    「浜崎は10日、11日と大阪公演を行ったんですが、10日のライブで機材トラブルがあり、開演が1時間も遅れました。そのため新曲を含む3曲がカットされ、これにクレームが上がっているんです」(イベント関係者)

     ネットでは「同じ値段を払って、曲数カット」「待った上に3曲カットはひどすぎます」という怒りの声がみられる。そもそも今回の全国ツアーは、不可抗力とはいえ、中止が相次いでいたのだ。

    「9月16日に予定していた徳島公演は、台風18号の影響で中止。10月22日に開催予定だった兵庫・神戸国際会館こくさいホールでの公演も、台風21号の影響のために中止となっています。そのうえ、今回は気管支炎で中止ですからね。天候などの仕方のない事情はあるにせよ、ここに来て自分で体調を崩してしまったのは、いかにも間が悪かった。これではライブを楽しみに待っているファンが、困惑したり、怒ったりするのも無理もありませんよ」(前出・エンタメ誌ライター)

     浜崎の全国ツアーは、来年の2月の沖縄公演をもってフィニッシュとなる。はたして、「平成の歌姫」は、この逆風を乗り切ることができるか!?

    (窪田史郎)
    1

    2017年11月24日 17:59
    http://www.asagei.com/93546

    【【音楽】浜崎あゆみ ライブで曲数カット、急きょ中止など連続しファンからの批判殺到】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/11/19(日) 17:01:34.85 ID:CAP_USER9
    https://www.oricon.co.jp/news/2100908/full/
    2017-11-19 16:47

    デビュー35周年、解散から30年というアニバーサリーイヤーを迎えたBOΦWYの伝説のライブをテレビで初放送する企画「BOΦWY 35th Anniversary Dec.2017 ?THE TV SPECIAL-」が実現。
    12月16日に『“GIGS” CASE OF BOΦWY COMPLETE』 、12月23日に『“LAST GIGS” COMPLETE』が、それぞれCS「フジテレビTWO ドラマ・アニメ」で放送される。
    この放送はインターネットチャンネルのフジテレビTWOsmartでもサイマル配信。

    今回の企画は、解散宣言をした1987年12月24日、東京・渋谷公会堂でのライブ「1224」が、4Kリマスター版で再発売されることを記念したもの。
    同チャンネルでは、初放送の伝説ライブ2作品に加え、「Singles Of BOΦWY ビデオクリップ集」、J:COMプレミアチャンネルでは「GIGS AT BUDOKAN BEAT EMOTION ROCK’N ROLL CIRCUS TOUR」から日本武道館公演の模様をおさめた2番組も放送される。

    テレビ初放送の『“GIGS” CASE OF BOΦWY COMPLETE』は、“BOΦWYのレパートリーすべてを演奏する”というコンセプトのもと、1987年7月31日の神戸ポートアイランド・ワールド記念ホールと、8月7日の横浜文化体育館の2夜限定で行われたライブ。
    まさしく絶頂期であったBOΦWYが、“最強のライブバンド”であることを世の中に知らしめたライブであり、BOΦWY史上最高峰のライブと伝わる。
    初期曲から最新曲までの集大成ともいえる内容は大きな反響を呼んだが、このライブの約4ヶ月半後の12月24日にBOΦWYは“解散宣言”をした。

    『“LAST GIGS” COMPLETE』は、1988年4月4日・5日に、完成直後の東京ドームで行われたBOΦWY最後のライブ。
    東京ドーム2Daysが発表された瞬間、チケットの申し込みが殺到し、東京都文京区の電話回線がパンクしたという逸話があり、2日分のチケット10万枚は10分でソールド・アウト。
    1987年12月24日の渋谷公会堂の解散宣言から3ヶ月。自分たちを支えくれたファンに対して感謝の思いを直接伝え、本当の意味でのラストシーンとなった本公演は、改めて彼らの大きさを実感させるライブとなった。
    空前の大ヒットを記録した「Marionette-マリオネット-」や誰もが知っている「わがままジュリエット」も演奏されている。

    ■放送予定
    ▼フジテレビTWO ドラマ・アニメ/フジテレビTWOsmart 
    番組タイトル:「“GIGS” CASE OF BOΦWY COMPLETE」
    放送日時:12月16日(土)後9:30~深0:00

    番組タイトル:「“LAST GIGS” COMPLETE」
    放送日時:12月23日(土・祝)後9:30~11:15

    番組タイトル:「Singles Of BOΦWY ビデオクリップ集」
    放送日時:12月23日(土・祝) 後11:15~深0:00

    ▼J:COMプレミアチャンネル(299ch)
    番組タイトル:「GIGS AT BUDOKAN BEAT EMOTION ROCK’N ROLL CIRCUS TOUR 1986.11.11~1987.02.24」
    放送日時:12月13日(水) 後9:00~9:50、ほか

    番組タイトル:「GIGS AT BUDOKAN BEAT EMOTION ROCK’N ROLL CIRCUS TOUR 1986.12.10 complete」
    放送日時:12月17日(日)後9:00~10:34

    https://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20171119/2100908_201711190923012001511078222c.jpg
    no title

    【【音楽】解散30年、BOΦWYの伝説のライブをテレビで初放送】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/11/08(水) 22:39:08.55 ID:CAP_USER9
    人気アイドルグループ・乃木坂46が8日、自身初となる東京ドーム公演で全国ツアーの最終公演を開催した。
    2012年2月のデビューから5年8ヶ月でたどり着いた大舞台。
    ステージ裏の座席(通称・音席)までぎっしり埋め尽くされ、2日間計10万人の観客を熱狂させた。

    これまでに幕張メッセイベントホール(13年2月、9000人)、代々木第一体育館(13年10月、1.2万人)、日本武道館(13年12月、1.2万人)、横浜アリーナ(14年2月、1.3万人)、明治神宮野球場(14年8月、3万人)、西武ドーム(15年2月、3.8万人)と着実に観客動員数を増やしてきた乃木坂46が、ついに東京ドームのステージにたどり着いた。

    ステージ裏までぎっしり満員。
    熱量のすさまじい乃木坂46ファンは、冒頭から地鳴りのようなコールを送り、激しく振られた色とりどりのペンライトはまるで点滅しているかのよう。
    西野七瀬が「東京ドーム、最高の時間にするぞー!」と叫ぶと、5万人の雄叫びがこだました。

    女子高生や警備員460人のフラッシュモブを交えた「制服のマネキン」からスタートし、「裸足でSummer」「太陽ノック」などヒット曲を連発。
    生駒里奈、生田絵梨花、星野みなみからなる“生生星”の懐かしい映像からデビュー曲「ぐるぐるカーテン」、この日「46回変顔をする」と宣言した2期生・堀未央奈がセンターの「バレッタ」、人気急上昇中の3期生による「三番目の風」にも大歓声が轟いた。

    乃木坂46を語る上で欠かせない、歴代アンダー(選抜メンバー以外)経験者全員集合のステージも用意された。
    センター経験もある堀、齋藤飛鳥ら一人ひとりが紹介されて花道先端の全面LEDのステージに上がると、既に卒業発表している伊藤万理華がセンターの「ここにいる理由」を披露。
    センターステージに移動すると、会場がピンク一色に包まれるなか、同じく卒業が決まっている中元日芽香センターの「君は僕と会わない方がよかったのかな」を歌唱。
    中元はマイクを通さずに「ありがとうございました」と気持ちを伝え、伊藤は「皆さん、乃木坂46は大好きですか? 私は大好きでーす!」と満面の笑みで叫んだ。

    本編ラストの曲を前に、白石麻衣は「こうやって東京ドームに立てていること、こんなにもステキな景色が見られてうれしく思いますし、皆さんをこのステージに連れて来られたことをうれしく思います。本当にありがとうございます」とファンに感謝。
    2011年8月、最年少13歳で加入した齋藤飛鳥は「私も10代最後の年を迎えています。まだ自分に自信は持てないけれど、私にとっては支えてくれる皆さん、メンバーのみんなが最大の自慢。そんな自慢の人たちとだったら、どこまでも上へ上へ登っていきたい。乃木坂はまだまだやりたいこと、やらなければならないことがたくさんあるので、さらなる高みに上っていけるように頑張ります」と決意表明し、最新シングル「いつかできるから今日できる」を熱唱した。

    6年の軌跡をかみしめるように、階段をゆっくりと登っていったメンバーは、セットの頂上の天空ステージから会場を見渡し、晴れやかな表情。
    キャプテンの桜井玲香は「ここが終わりはないです、スタートだと思っています。これからもいろんな景色を一緒に見ましょう!」とファンと共に歩んでいくことを誓った。

    アンコール最後は恒例の「乃木坂の詩」。
    会場が一面、グループカラーの紫に染まり、ファンと一緒に大合唱した。
    メンバーが最後のあいさつで一礼し顔を上げると、スタンド席のファンがペンライトで「乃木坂46」「アリガトウ」の文字を作り、メンバーは大感激した。
    白石、西野が涙ぐみ、秋元真夏が号泣するなか、桜井は興奮気味に「東京ドームよりもっとすごいところありますよね。皆さんをもっとすごいところに連れて行きますので楽しみにしていてください」とさらなる飛躍を約束した。

    客電が点灯し、規制退場の案内が始まっても興奮冷めやらぬファンのコールが鳴り止まず、再び登場したメンバーは、卒業する中元、伊藤の2人を囲み、「2人の人生にとって、いいきっかけになったら」との思いを込めて「きっかけ」を熱唱。
    涙をこらえながらあいさつした2人はつないだ手を掲げると、マイクを通さずに「ありがとうございました!」と絶叫。
    最後はバンザイしながら後ろで待ち構えていたメンバーの輪の中へと笑顔で飛び込んで行った。

    (セットリスト他全文)
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171108-00000321-oric-ent

    乃木坂46初の東京ドーム単独公演 2日間計10万人が熱狂
    http://pbs.twimg.com/media/DOG5FK2VoAADamQ.jpg
    no title

    卒業する中元日芽香と伊藤万理華
    http://pbs.twimg.com/media/DOHEZXsV4AEW10n.jpg
    no title

    「乃木坂46アリガトウ」
    http://pbs.twimg.com/media/DOG_QzNVwAAZKFt.jpg
    no title

    【乃木坂46の初東京ドーム公演が合計10万人動員で凄い事にwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/10/22(日) 19:12:01.21 ID:CAP_USER9
    台風21号の影響のため、22日に兵庫・神戸国際会館こくさいホールで予定していたライブ(午後6時開演)を中止した歌手の浜崎あゆみ(39)がグッズ売り場に現れる“神対応”をした。

    ファンは「ゆっくりお話しできて本当に幸せ」「握手できただけで、もう満足。震えが止まらない」などと書き込み。

    公演中止の代わりに、ファンサービスで喜ばせた。

    浜崎は自身のツイッターでコンサート中止を報告した後、時間限定で「(グッズブースに)一座全員揃っているようにしますね以降は危ないので、 みんな安全な場所にて、それぞれ過ごしてもらえるとうれしいです!こんなことしかできなくてごめんね」と予告。

    有言実行し「5人姉妹の長女らしき子が妹たちと私の会話を見守っていたのだけれど、 去り際に『あゆちゃーん!悔しいよー!』と泣きながら抱きついてきたのが忘れられない。

    きっといつもしっかりしなきゃと自分を抑えているのだろう。思わず私までこらえているものがあふれ出しそうになった。

    うん、悔しいよね、でも必ずまた逢いに来るから、その日までお互い笑顔で頑張ろう。

    約束だよ!神戸の皆様、またお会いできる日を心待ちに、後ろ髪引かれる思いですが、移動します。いつもありがとう」と感謝した。

    喜ぶファンの一方、「混乱を招く」「(9月16日に台風18号の影響のため公演中止になった)徳島と対応が違う」などの声もあった。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13783708/
    2017年10月22日 17時56分 スポニチアネックス

    【【超朗報!】浜崎あゆみさん、ガチで神だったwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/09/19(火) 00:05:11.40 _USER9
    17日放送のラジオ番組「山下達郎のサンデー・ソングブック」(TOKYO FM)で、歌手・山下達郎がライブ会場で曲に合わせて歌う客に対して、苦言を呈した。

    番組では、山下が「ひとつ気になるお便りですが」とリスナーメールを紹介した。投稿者は、山下のライブに行くと盛り上がった場面で、つい大声で合唱してしまうという。
    そのため、隣の席の妻から「あなたの声しか聞こえない」と文句を言われ、周囲の人にも迷惑をかけているのではと思ったとか。

    投稿者の「これってダメでしょうか?」という問いかけに山下は「ダメです」と即答する。
    続けて「一番迷惑」「あなたの歌を聴きに来てるんじゃない」と厳しく諭したのだ。
    山下は隣の席の人が大声で歌っていたら、「私は(文句を)言いますよ」と語り、投稿者に注意を促していた。

    なお、山下の主張はTwitterでも共感を得たようだ。とあるリスナーがこのやり取りを紹介すると、
    18日10時の時点で1万9000件以上のリツイート、1万4000件以上の「いいね」を集めるなど、多くの反響を呼んでいる。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13627726/
    2017年9月18日 11時12分 トピックニュース

    https://www.youtube.com/watch?v=U_XwXc09P_g


    山下達郎 Endless Game

    https://www.youtube.com/watch?v=is26u6mN5DA


    山下達郎 - さよなら夏の日 
    1

    【ファン「ライブで曲に合わせて大声で歌うのはダメですか?」山下達郎「ダメです(即答)」】の続きを読む

    このページのトップヘ