タグ:ミラン

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2018/02/12(月) 19:59:49.44 ID:CAP_USER9
    昨年4月までミランでCEOを務めていたアドリアーノ・ガリアーニ氏が11日、イタリアメディア『ラ・7』のテレビ番組に出演し、過去のエピソードを語った。

    ミランのシルヴィオ・ベルルスコーニ元会長の下で、右腕を務めたガリアーニ氏がクラブの歴史を振り返った。31年間続いたベルルスコーニ体制において、ミランは通算29個ものトロフィーを獲得しているが、最も苦しめられた試合を問われると、2007年のチャンピオンズリーグ(CL)決勝のリヴァプール戦を挙げた。

    「おそらくアテネで開催された2007年のCL決勝だろう。2-0でリードしていたが、リヴァプールに1点返され、終盤、引き分けに持ち込まれるリスクがあった。その2年前のイスタンブール(同じくCL決勝でリヴァプールがPK戦を制し優勝)の再来のように思えたしね」

    47index

    続きは以下より
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180212-00000019-goal-socc

    【元ACミランのCEOが語ったミラン史上最強の選手wwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/10/22(日) 22:40:52.75 ID:CAP_USER9
    ACミランの中国人新オーナーは今季2億ユーロ(約267億円)の補強費を費やし、実力者11人を獲得したが、今季リーグ戦暫定10位と苦しんでいる。チーム完成への道のり半ばだが、マルコ・ファッソーネCEOは来季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得できなかった場合、トッププレイヤーを放出する方針を明らかにした。

    「(CL出場は)計画であり、義務だ。チャンピンズリーグこそが我々のプロジェクトの根幹を成すものだ。しかしながら、出場権獲得に失敗したなら、我々の計画をブロックするものではない。計画を1年先送りにする。そして、トッププレイヤーを一人か二人放出することで、CL出場失敗による収支のバランスを図ることになる」

     イタリア紙「ラ・スタンパ」でファッソーネCEOはこう語った。中国人オーナーは昨季ミランを買収したが、その際に資金が足りず、ファンドから買収資金のみならず強化資金を借りている現状だ。

     2014シーズンから遠ざかっているCL出場時のテレビ放映権収入が今季以降のクラブ収支ベースと試算しているために、出場権を獲得できなければ選手の放出で補填しなければいけない状況だという。

    移籍金を生み出しそうな主力は…

     しかし、チームの経営危機を救えるほどの移籍金を生み出しそうなトッププレイヤーは今のミランに少ない。今季ユベントスからやって来たイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチは不安定なプレーが散見し、失点に絡んでいる。若き守護神ジャンルイジ・ドンナルンマ、スペイン代表のレフティーFWスソぐらいだろうか。

    「我々はプレッシャーに晒されている。しかし、そんなことを考える必要はない。この状況を打開するために同じ方向に努力しなければいけない。火花のようなものが欠けている。しかし、我々はCL出場権を獲得すると確信している」

     ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督の解任報道が後を絶たないミラン。ファッソーネCEOは前半戦で早くも悲壮感をにじませていた。

    【ACミランが267億でチーム補強した結果wwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ