タグ:ブルゾンちえみ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/10/03(火) 08:26:41.82 ID:CAP_USER9
    2日に放送された「深イイ話2時間SP」の中で、“withB”ことブリリアンがブルゾンちえみから説教を受けるシーンがあった。

    ある番組のロケの打ち合わせにブルゾンと同席したブリリアン。
    番組スタッフから、「少しwithBを絡めてやりたい」という提案が出た。
    そこでブルゾンから「どこで絡めるか自分から案を出していかないと」と促された2人だったが、ノーアイディアなのか、終始無言。

    そのあまりにも長い沈黙にさすがのブルゾンも「甘えちゃダメだよ!」と彼らを一喝。

    怒られたショックからか、2人は、帰りのタクシー車内でも無言。
    ようやくコージが「俺らの中でブレてる時点でブルゾンさんに伝わるものも伝わらない。
    2人で思いを合わせないと」と口を開き、コンビ間で意思がブレていることを相方のダイキに語りかけた。

    するとディレクターが「今ブレちゃってますか?」という質問に続いてコンビ名にかけて「ブレリアンですか?」とボケてみせた。

    だが、意気消沈しているせいかそのボケが理解できないコージ。
    「ブレリアン?……どういうことですか?」とディレクターに真顔で聞いていた。

    http://dailynewsonline.jp/article/1361014/
    2017.10.03 07:26 RBB TODAY

    no title

    【ブルゾン「甘えちゃダメ!」説教されてwithBマジヘコみ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/09/29(金) 09:38:49.88 ID:CAP_USER9
    最近、一部の芸能サイトで『今年で消えると思う一発屋タレント』というアンケートがあった。
    芸能界には一躍有名になったあとにすぐ消える歌手、タレント、お笑い芸人が多い。

    「特にお笑い芸人は、大人も子供も真似をして、ギャグやネタがあっという間に広まる反面、一時的な流行として終わってしまうことが多々あります」(テレビ雑誌編集者)

    アンケートの結果は、第1位が『ぺこ&りゅうちぇる』、2位がブルゾンちえみ、3位が横澤夏子だった。

    「1位のぺこ&りゅうちぇるは『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)で明石家さんまが懇意にしたことで人気になりました。
    ふたりは読者モデルをやりながら、同じ原宿のショップで働いてときに知り合い、2016年に結婚しています。
    基本的にはふたりののろけ話しか話題がありません」(テレビ雑誌編集者)

    ネタ枯れし始めたブルゾンと横澤

    ブルゾンは今年になってから一躍人気になり、8月には『24時間テレビ40 告白~勇気を出して伝えよう~』(日本テレビ系)でチャリティーマラソンのランナー務めた。

    「ブルゾンは、後輩のお笑いコンビ『ブリリアン』と一緒に『ブルゾンちえみ with B』というトリオでキャリアウーマンに扮するネタでブレイクしました。
    最近ではコシノ・ジュンコそっくりにしてジュンコの娘役でCMにも出演しています。
    しかし、キャリアウーマンのネタ以外はぱっとせず、ネタ詰まりすることが目に見えています。
    24時間テレビのマラソンランナーは過去に杉田かおるやエド・はるみなど、消えたタレントも多いです」(お笑いライター)

    3位の横澤はものまねが得意で、芸能人のものまねだけではなく、一般人をモチーフにした“あるあるネタ”が人気の女性お笑い芸人だ。

    「横澤は職業を30回近く変えた経歴の持ち主で、あるあるネタはそういった経歴を生かしてのものです。
    しかし、そろそろそのあるあるネタ自体が飽きられてきています。
    歌のものまねもしますが、強烈な印象がないのがネックです。
    最近では一般人の男性と結婚したことを話題にしたり、コメンテーターをやったりしていますが、限界が近いのではと言われ始めています」(同・ライター)

    来年も生き残ることはできるだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1359725/
    2017.09.29 07:00 まいじつ

    no title

    【「今年で消えると思う一発屋タレント」上位の顔ぶれはやはりwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/09/16(土) 17:22:45.49 ID:CAP_USER9
    終わりの始まりか。年末を控え、今年ブレイクしたブルゾンちえみ(27)の賞味期限問題が浮上している。
    ファンの間で「すぐに消えそうだけど大丈夫?」「顔を見るのも今年いっぱいか?」
    などと見納めの可能性に言及する意見が飛ぶなど、同問題に対する関心は高まっていくばかり。はたしてブルゾンは、来年も生き残れるのか。

    “With B”の二人と息の合ったキャリアウーマンネタで人気のブルゾン。
    今年の元旦に放送された『ぐるナイ!おもしろ荘 若手にチャンスを頂戴今年も誰か売れてSP』(日本テレビ系)で脚光を集めて以来、各所で引っ張りダコだ。

    8月には、チャリティー特番『24時間テレビ40 告白~勇気を出して伝えよう~』(日本テレビ系)でマラソンランナーをつとめて90キロを完走。
    ゴールシーンでは瞬間最高視聴率40.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を叩き出すなど、同番組に吹き荒れていた“感動の押し売り”批判を一蹴した。

    ■一発屋の恒例行事?ブルゾンちえみの賞味期限問題が浮上

    しかし夏が過ぎると、巷で徐々にブルゾンの一発屋問題が議論され始めるように。「一発屋とかのレベルじゃない」「長く売れる気がする」
    「芸人として一発屋で終わったとしても、頭の良さと声の良さで仕事は来るだろうな」「すぐ消えそうなんだけど大丈夫かなぁ?」「顔を見るのも今年いっぱいじゃない?」と賛否両論だ。
     
    また“24時間ランナー消える”説を唱える人も。2009年のイモトアヤコ(31)や2013年の大島美幸(37)は健在だが、
    たしかに2004年の杉田かおる(52)や2008年のエド・はるみ(53)、2010年のはるな愛(45)など存在感が薄くなったタレントも少なくない。

    ブルゾンが今後お笑い芸人として長く生き残るにあたって、一つ課題になりそうなのがアドリブトークの弱さだ。

    今春出演したドラマ『人は見た目が100パーセント』(フジテレビ系)のPRイベントでは、女子力は何パーセントかという質問で、
    谷美玲(27)の「30パーセント」や水川あさみ(34)の「33パーセント」と答えて作ったキレイなフリに気づかず、「100パーセント」と発言するチョンボをしでかした時も。

    バラエティでコメントに四苦八苦するシーンも少なくない。
    ファンからも「トークが面白くない」「ネタは好きだけどトーク出来ないしアドリブにも弱いからテレビじゃ生き残れなさそう」と指摘が相次いでいる。そんなブルゾンは、2018年も生き残れるのか。

    「来春の番組改編期が一つのポイントになりそうだ。
    ゴールデン帯のバラエティ番組のレギュラーを1、2本確保して仕事が軌道にのれば、一発屋のイメージから抜け出せるかもしれない。
    単発仕事ばかりだと、新たな一発屋に席を奪われるだろう」(芸能関係者)

    ブルゾンは、一発屋の呪縛から逃げ切ることはできるのか。今後の動向に注目だ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1355431/
    2017.09.16 08:55 デイリーニュースオンライン
    buru


    【ブルゾンちえみ、一発屋確定した模様wwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/09/13(水) 23:07:22.99 ID:CAP_USER9
    お笑い芸人のブルゾンちえみ(27)が9月6日、都内で行われたアサヒ飲料の缶コーヒー「WONDA」の新CM発表会に、共演のビートたけし(70)らと共に出席した。

    この日のブルゾンは、CM中で披露する金髪姿で登場。8月末に放送された『24時間テレビ40 告白~勇気を出して伝えよう~』(日本テレビ系)でチャリティーランナーを務めて以降、
    イベントに登場するのは今回が初めてだが、「足はもう大丈夫。スタスタ歩いています」と笑顔。

    直後に、たけしから「どうせ途中で車に乗ったんだろう」と突っ込まれると、「乗ってないです!」と否定し、笑いをとった。

    キャリアウーマンになりきり、恋愛ができない女性に上から目線でアドバイスを送るネタで大ブレイクを果たしたブルゾン。
    マラソンランナーとして90キロを完走した24時間テレビで、ゴールシーンが関東地区で視聴率40.5%を記録。そして今回のCM出演と、まさに露出は今がピーク。

    ゆえに、「そろそろ飽きられ始め、瞬く間に一発屋へと向かっていきそう」と、懸念を抱いている人も多いだろう。
    だが、女性週刊誌の編集者は「ブルゾンは実は、お笑い以外の“武器”を持っている」と明かす。

    「まず、私服がオシャレ。自身のインスタグラムでコーディネートを公開しているのですが、『ZARA』などのファストファッションブランドを着こなし、
    スポーツブランドの靴下や靴、小物などを自分流に組み合わせている。

    そんなラフ感の出るアイテムも取り入れ、あえてキレイにまとまらないようにするスタイルは若い女性から好評で、SNSでは『私服がカジュアルでオシャレだし好き』という声も少なくない。
    セレブファッションをお手本にしているようですが、もっと彼女の私服が注目を浴びれば自分でブランドを立ち上げても良いですし、大きな武器になりますよ」

    加えて、ファッションセンスが良いだけでなく、意外な特技も持っているそうだ。スポーツ紙の芸能担当記者が話す。

    「西洋占星術が得意で、本格的な知識を身につけているとか。テレビ番組でピースの綾部祐二(39)や橋本マナミ(33)、くりぃむしちゅーの上田晋也(47)など芸能人を占ったこともありました。
    しかも、橋本の恋愛について『自分から積極的に人生を切り開くタイプの配置。好きになった人には自然と身体が動く』と診断するなど、結構リアル。そんな特技も生かせば、まだまだ幅広く活躍できると思います」

     西洋占星術といえば、誕生日と生まれた時間の星の配置を分析する難度の高い占い。それを修得したブルゾンはかなり頭が良いと見たが、やはり学生の頃は優秀な生徒だったそうだ。

    「高校時代の成績は、常に学年トップクラスだったそうです。しかも、教員を目指して国立大学の島根大教育学部に入学したほど。
    大学は3年生で中退しましたが、頭は良いので将来のビジョンはしっかり持っているのではないでしょうか。本人も『将来は海外セレブのように、化粧品のプロデュースをしたい』と言っていたことがありますね。

    もちろん、大ブレイクした反動から、一時的な衰退期は経験すると思います。でも、ファッションや占いなどの得意分野を生かし、新しいポジションを狙いつつ仕事をしていけば、生き残る可能性は高いでしょう」(前出の編集者)

     テレビやCMに引っ張りだこのブルゾンだが、一発屋で終わらない力を持っているのは確か。今後は、その力をどう生かしてくるのか注目したいところだ。(ライター・丸山ひろし)

    9/12(火) 11:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170911-00000074-sasahi-ent

    写真
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170911-00000074-sasahi-000-view.jpg
    no title

    【【芸能】ブルゾンちえみは一発屋じゃなかった!?意外すぎる特技を披露!!】の続きを読む

    このページのトップヘ