タグ:ドラマ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    svsdvcindex



    1:
     「本気と本当」。三上博史の俳優生活40年というあぜ道に立つ道しるべには、きっとそんな言葉が刻まれているに違いない。劇作家・寺山修司に見いだされて1979年制作の短編映画『草迷宮』で俳優デビュー。このとき三上は15歳。映画作りという祭事に魅了されて本格的に俳優の道を歩み始めるきっかけとなった。そしてメジャー初主演映画『私をスキーに連れてって』(1987)がブームとなり、平成初頭のエンタメ業界をトレンディドラマのエースとして牽引した。ところが現在ではどうだろう。露出は極端に少なくなり、昨年2018年に至っては「ほとんど仕事をしていなかった」という。そこには道しるべの言葉「本気と本当」が大きく関係しているようだ。

    続きは以下より
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00010001-abema-ent&p=1

    【俳優生活40年の三上博史、露出を控えた理由 5年に1作品のときも 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    bandicam 2019-01-13 08-47-46-681

    1: 2019/01/14(月) 16:45:14.81 ID:q0sYZmgW0 BE:878978753-PLT(12121)
    新年早々、木村拓哉が話題になっている。1月2日に放送された『ニンゲン観察!モニタリング☆超豪華芸能人大集合!新春3時間SP!!』
    (TBS系)に出演した木村は、ドッキリを仕掛けられ、自身の持つ苦悩をさらけ出してしまった。

     仕掛け人の勝地涼に「(仕事が)しんどくなってしまった」と、悩みを打ち明けられた木村は、自分だってそんなことはしょっちゅうだ、と。そしてこうグチをこぼした。

    「だってやることなすことね、いろいろ叩かれるから。自分だって言われるもん。何やったってキムタクだって」

    続きはこちら

    https://taishu.jp/articles/-/62851?page=1


    【お前ら「キムタクは何演じてもキムタクwwwwwwwwwww」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    dsvsdindex



    1:
    10月13日の深夜、都内の閑静な住宅街にあるA氏の自宅で事件は起きた。A氏の妻がふと地下室へ下りると、目の前の光景に声を失う。
    ソファに一人の女性が腰かけていたのだ。

    驚愕したのは、この侵入者がテレビや映画で活躍していた女優だったから、ではない。
    A氏へのつきまとい行為で、すでに警察から「警告」を受けていた“要注意人物”だったからだ。

    続きは以下より
    http://dailynewsonline.jp/article/1638686/
    2019.01.04 17:58 アサ芸プラス

    【あの「コード・ブルー」出演女優がストーカー行為で逮捕されていた! 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    6235e53a430770378a7ffcf6b4d72bdd



    1:
    【木村拓哉/モデルプレス=1月2日】俳優の木村拓哉が2日放送のTBS系『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』新春3時間スペシャルに出演。反響が集まった。
    「もしも芸能人がいろんな 職業になりきって突然現れたら気づく? 気づかない?」の仕掛人として、ドラマ『Beautiful Life ~ふたりでいた日々~』(2000年)で演じて以来、
    19年ぶりに“美容師”になった木村。ターゲットの女性客のシャンプー中に、本物の美容師と木村がこっそり交代した。

    続きは以下より
    https://mdpr.jp/news/detail/1813892

    【木村拓哉、ドッキリで号泣ファンに“あすなろ抱き”「イケメンすぎる」「まさに夢の時間」興奮の声続出 】の続きを読む

    このページのトップヘ