タグ:ドラマ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/11/25(土) 09:09:26.82

    なーたん。
    https://twitter.com/n_o_m_u_r_a/status/933995016753516544




    ヲタの数百件のリプライが全部怖すぎてワロタwwwwwwwww

    【野村周平が乃木坂のキモヲタ煽ってて草wwwwwwwwww(※画像あり)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/11/13(月) 06:12:16.12 ID:CAP_USER9
    ディーン・フジオカ(37)。ハーフか日系人のような名前だが、生粋の日本人である。
    2015年、NHKの朝の連続テレビ小説「あさが来た」でヒロインの“師匠”役を演じてブレイクした彼が民放の連続ドラマで初の主演を務めているのが、
    現在日テレ系で放映中の「今からあなたを脅迫します」で、主題歌まで自分で歌っている。
    一言で言ってしまえば「絶好調」なわけだが、なぜか最近、彼の表情が冴えないという。
    原因は、そのドラマでダブル主演を務めている女優の武井咲(23)にあるようで……。

    武井咲、つわりでドラマ撮影に支障… 主演ディーンは怒髪天

    ファンの多くを占める主婦層からは「おディーン様」と呼ばれて絶大な人気を誇る彼が今回のドラマで演じているのは、「脅迫屋」。
    もちろん架空の職業で、ネタを掴んで相手を脅し、それによってあらゆる難問を解決していくばくかの報酬を得る。
    「脅迫」は周囲の様々な人に向けられ、その度ごとにディーン演じる千川完二が「今からあなたを脅迫します」との決め台詞をビシッと放つ。
    また、「悪」のように見えて実は……というダークヒーロー的な側面もあり、10月15日に放映された第1回では、千川が振り込め詐欺犯を脅迫して嘘を暴き、
    最終的には、犯人が騙し取った数百万円が老夫婦の元に戻る、というストーリーだった。
    セリフ、表情、アクション――「おディーン様」の魅力を余すところなく感じられるドラマなのだが、第1回の視聴率は8%と振るわなかった。
    そして、このドラマで、ひょんなことから千川に脅迫され、脅迫屋の仕事を手伝うハメになる金持ち女子大生の金坂澪を演じているのが、武井咲だ。

    「登場回数を減らす」

    武井といえば、9月1日に突如としてEXILEのTAKAHIRO(32)との結婚と、妊娠3カ月を発表して世間をアッと言わせた。

    「今回のドラマに関しては、日テレは当初からの撮影予定に変更はなく、担当プロデューサーも“金坂澪という役にやらせたかったことを変えることは一切考えていない”と
    脚本などを変更する予定はないと強調していました」(スポーツ紙記者)

    10月8日にこのドラマのトークイベントが行われた際には、武井がディーンに対して、

    「本当に王子様のような人。現場でも、口癖のように『安全第一』と言って引っ張ってくれる」

    と、感謝の弁を述べていたのだが、「円満」な状況は長くは続かなかった。

    「ここへきて武井のつわりがひどくなり、撮影現場で“あれも出来ない、これも出来ない”と言い出しているのです。
    本来なら武井の所属事務所の『オスカープロモーション』は、日テレやディーン側に謝罪すべきところですが、“これでやって下さい”と開き直っているというのだからひどい話です」(芸能関係者)

    これには、王子様のようだったはずのディーンも、

    「“俺の初めての民放連続ドラマ主演作をどうしてくれるのか”と激怒しており、現場には険悪な雰囲気が漂っています。
    ただ、今後は脚本などを変更せざるを得ないでしょう。
    具体的には、武井の登場回数を減らすことになりそうですが、彼女が演じている金坂澪はドラマの中で“舞台回し”の役割を果たしている。
    ドラマ全体への影響は計り知れませんよ」(同)

    ひどいつわりに苦しむ妊婦に対して、「ちゃんと仕事しろ!」と“脅迫”することもできず、悩み深き「おディーン様」である。

    「週刊新潮」2017年11月9日神帰月増大号 掲載
    1

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171113-00532506-shincho-ent
    11/13(月) 5:59配信

    【【芸能】武井咲がつわりでドラマ撮影に支障、ディーン・フジオカブチギレ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/11/08(水) 21:43:38.81 ID:CAP_USER9
    今期クールの日本テレビ系ドラマで期待されていた嵐・櫻井翔主演「先に生まれただけの僕」、ディーン・フジオカ主演「今からあなたを脅迫します」が どちらも苦戦を強いられている中、コンスタントに2ケタをキープしている「奥様は、取り扱い注意」。11月1日放送の第5話では、綾瀬はるか演じる 主人公・菜美の主婦友である広末涼子演じる優里、本田翼演じる京子との“ほっこり友情回”となり、改めて3人の女優のかわいさと美しさが話題になった。

    「中でも、この回では広末扮する優里がメインだったため、御年37歳にして透き通るような透明感とにじみ出る艶気に注目が集まりました。

    それに“アンチ広末”にとっても黒い気持ちを満足させてくれる回だったようです。というのも、優里が『昔、ちょっと通ってたところに行こう』と言って菜美と京子を クラブに誘い、踊るシーンがあったから。このシーンは、現実世界の広末が、まだ最初の結婚もしていなかった頃、アイドルでありながら毎晩のように西麻布の クラブに出入りしていた頃を思い出させました。

    さらに演出だったとは思いますが、踊り方がひどく古臭さかったため、ネット上では『広末もオバチャンになったな』 『年齢は残酷』といった声まで見受けられました」(芸能ライター)

    http://www.asagei.com/wp-content/uploads/2017/11/20171108_asagei_hirosue.jpg
    no title

    http://www.asagei.com/excerpt/92465

    【【超絶悲報】広末涼子さん、オバチャンになる・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/11/08(水) 20:37:22.42 ID:CAP_USER9
    女優・篠原涼子(44)が主演するフジテレビ系の月9ドラマ「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」がスタートから低空飛行を続けている。これには“ある人”のせいではとの声も上がっている。

    このドラマは、夫婦同時に仕事を失った篠原演じる新米ママが、市議会議員選挙に立候補し市政や社会の悪を相手に奮闘する市政エンターテインメント。だが、10月23日放送の初回は9・0%と、いきなり1桁の低空飛行となった。

    当初、第1話は本来、10月16日にスタートする予定だったが、この日は衆議院選挙公示期間中。

    「第1話に選挙のシーンがある」との理由で、初回は1週遅れの23日に延期されたうえ「プロ野球クライマックスシリーズ」の中継延長ため、初回は30分遅れの9時半スタートとなるハンディがあった(本紙既報)。

    こんな不利な条件があったため、初回が1桁に終わったことには同情的な見方もあった。だが第2話は7・1%、第3話は7・5%。もはや言い訳は利かない。

    「少しは数字が上がるかと思ったが、逆に下がった。こうなると連ドラは苦しい。今後は下がり続けるかも」(芸能プロ関係者)

    視聴率低迷については、小池百合子東京都知事(65)の“人気急落”も影響しているとみられている。「ドラマの企画は普通、半年~1年前に決まる。

    そのころの小池さんは“時の人”。ドラマの設定を市議会議員にしたのも、都知事の小池さんになぞらえてのものだったのでしょう」(同)

    ところが小池知事は、今回の衆院選の対応が失敗に終わり、人気は急落。特に希望の党代表として出馬するとみられながら、立候補しなかったことが“敵前逃亡”のようにみられてしまった。

    「小池人気にあやかろうとしたドラマだったのに、完全にアテが外れた格好では…」(同)

    月9では、今年1月期に放送された「突然ですが、明日結婚します」が平均視聴率6・7%と月9史上ワースト記録を更新したが、それを更新する可能性もありそうだ。

    (視聴率は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

    http://news.livedoor.com/article/detail/13861071/
    2017年11月8日 11時0分 東スポWeb

    http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/6/7/67414_1399_d72a0f0e_304ca68d.jpg
    no title

    【【ドラマ】篠原涼子主演の『民衆の敵』、視聴率低迷 原因は"脚本家"?"小池都知事"?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/11/02(木) 16:34:25.15 ID:CAP_USER9
    18年1月にスタートする木村拓哉主演ドラマ「BG~身辺警護人~(仮)」(テレビ朝日系)に、江口洋介、石田ゆり子、上川隆也、斎藤工など、主役クラスの俳優が多数出演することが発表された。
    初めて木村と共演することになる江口は「互いに高い意識の中でどんな火花を散らせるか、撮影に入るのが今から楽しみです」と、作品への意気込みをコメントしている。

    民間の警備会社でボディーガードとして働く者たちの人間ドラマだというが、今回の配役について疑問視する意見も持ち上がっているという。

    「この豪華なキャストを見て、なりふり構わず視聴率を稼ぎにきたのでは?と思った人が多かったようです。
    視聴率好調の『ドクターX ~外科医・大門未知子~』と同じ枠で、キムタク主演ですから失敗はできない。
    ネットには『キムタクだけでは視聴率が取れないという判断では』『数字が悪くてもこれならキムタクの責任が薄まる』『キムタクの演技下手が露呈する』といった読みのほか、
    『キムタクいらないんじゃない?』『江口主演でいい』『背が高い俳優にキムタクが埋もれるよ』など、木村の主演自体がミスキャストと指摘する意見さえありました」(芸能ライター)

    果たして木村の新たな代表作となるのだろうか。
    1

    http://news.livedoor.com/article/detail/13835232/
    2017年11月2日 10時14分 アサジョ

    【【芸能】新ドラマ『BG~身辺警護人~(仮)』に「キムタクいらなくね?」の声多数 】の続きを読む

    このページのトップヘ