タグ:ドラマ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2018-07-02-22.43.59

    1: 2018/07/11(水) 10:16:36.41 ID:CAP_USER9
     10日に放送された女優・綾瀬はるか(33)主演のTBS系ドラマ「義母と娘のブルース」(火曜・後10時)の初回の平均視聴率が11・5%
    だったことが11日分かった。

    続きはソースから

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180711-00000073-sph-ent

    【豪華キャスト効果か?綾瀬はるか主演「義母と娘のブルース」の初回視聴率は・・・?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    top01

    1: 2018/07/04(水) 13:36:28.83 ID:CAP_USER9

    no title


    NHK連続テレビ小説「半分、青い。」(月~土曜前8・00)で朝ドラに初出演した俳優の豊川悦司(56)が“怪演”し“変人”を愛すべきキャラクターに創り上げた人気少女漫画家・秋風羽織は4日に放送された第81話で、創作に苦しむ弟子の鈴愛(永野芽郁)を思い「漫画を、もう、辞めたらいいと思います」と引導を渡した。事務所の壁画に3羽の鳥と涙を青いペンで描き入れた秋風の“ラストシーン”は、豊川自らが提案。インターネット上には早くも「秋風ロス」が広がった。


    以下ソース
    7/4(水) 11:27 スポニチアネックス
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180704-00000064-spnannex-ent

    【NHK朝ドラ「半分、青い。」で『〇〇ロス』が広がる・・・ 「神回だった」との声も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    d41cc4cfad8b0377cc467ea935ba88a4

    1: 2018/06/23(土) 23:01:36.35 ID:oW456sjU0
    民族信仰とか大好き

    【ドラマ「TRICK」ってめちゃくちゃ面白かったよな】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/06/12(火) 00:07:28.96 ID:CAP_USER9
    「10月スタートの『月9』で織田裕二さんが10年ぶりに主役を演じます。その共演者が、鈴木保奈美さん。伝説の『東ラブ』以来、27年ぶりの“夢の共演”と
    なります」(テレビ局関係者)

    91年、「月曜の夜は街からOLが消える」ほどの社会現象になった『東京ラブストーリー』(フジテレビ系)。織田裕二(50)演じる“カンチ”と
    鈴木保奈美(51)が演じる“リカ”による恋愛絵巻の最終回は視聴率32.3%を記録。あれから27年の再会。当然、『東ラブ』の続編かと思いきや……。
    ああindex

    続きは以下より
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180612-00010002-jisin-ent

    【織田裕二 鈴木保奈美が27年ぶりにドラマ共演も不仲で微妙な空気に・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2018/05/22(火) 05:07:57.26 ID:CAP_USER9
    2018.05.22 01:07
    リーガルハイ続編に言及 コンフィデンスマンJP副音声で脚本家・古沢良太がぶっちゃけ

    女優の長澤まさみが主演を務めるフジテレビ系月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』(毎週月曜よる9時~)の第7話が21日、放送された。同回では脚本家の古沢良太氏が副音声を担当し、ぶっちゃけトークを展開した。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    「リーガルハイ」に出演した新垣結衣、堺雅人(C)モデルプレス
    https://img-mdpr.freetls.fastly.net/article/d7iJ/nm/d7iJGEs9sDHsIC6-WDQGXlg2N5ofXQ-esnh8q0WuNdY.jpg?width=700&disable=upscale&auto=webp
    no title

    https://mdpr.jp/news/detail/1767921

    【大人気ドラマ「リーガルハイ」の続編に言及! 脚本家・古沢良太がぶっちゃけた!】の続きを読む

    このページのトップヘ