タグ:ドラマ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    eiga_joyuu



    1: 2019/06/17(月) 08:26:11.14 ID:WwsSZCQ19
     現在、NHKの朝ドラ「なつぞら」に主演している女優・広瀬すずが、朝ドラ終了後に劇作家で演出家・野田秀樹の舞台に出演することが6月12日に明らかになった。

    「広瀬が出演するのは、野田秀樹作・演出で、世界的なロックバンドQUEEN公認のNODA・MAP公演『Q-A Night At The Kabuki』。忙しい仕事の合間を縫って、広瀬は野田のワークショップに参加して、野田も広瀬の感受性豊かな演技に惚れ込んだ模様。広瀬は今回が初舞台。一体どんな演技を見せるのか、今から注目が集まっています」(スポーツ紙記者)



    続きは以下より
    https://news.infoseek.co.jp/article/asajo_73962/

    【<広瀬すず>「おしん」に比べて苦労が足りない!「なつぞら」にBS視聴者が苦言 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    publicdomainq-0017838fww



    1: 2019/06/15(土) 23:41:16.47 ID:im6Ht1ef9
    松坂桃李(30)がデビュー以来、初めての危機に瀕している。最近の主演作が見事に大コケしているのだ。
    「業界評は、散々ですね。ギャラの割に結果が出せないと言われているんです」(日本テレビ関係者)

     発端となったのが、主演映画『居眠り磐音』の不人気ぶり。そもそも同作はベストセラー作家・佐伯泰英氏の人気時代劇小説『居眠り磐音 決定版』シリーズの映像化。日テレが幹事社となって製作委員会を立ち上げ、時代劇初主演となる松坂を主役に据えた。総製作費50億円あまりを投入し、上映は326館という、近年まれにみる大規模公開を展開していたのだ。


    続きは以下より
    https://wjn.jp/article/detail/8363583/

    【主演作大コケで囁かれる松坂桃李の賞味期限切れ説 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    publicdomainq-0013133shu



    1: 2019/06/16(日) 07:13:41.34 ID:aT2TJGb+9
     俳優の大谷亮平(38)が7月スタートのTBS日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」(後9・00)で、16年10月期の「逃げるは恥だが役に立つ」以来3年ぶりのTBS連続ドラマに出演。主演の大泉洋(46)演じる中堅サラリーマン・君嶋とともに企業ラグビーチーム再建を担うパートナーを演じる。

     作家・池井戸潤氏(55)の同名小説が原作。左遷人事で工場に飛ばされ出世街道を断たれた大手自動車メーカーのサラリーマン・君嶋(大泉)が、成績不振のラグビー部のGMに就任。チームとともに再起の戦いに挑んでいく。

     続きは以下より
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/06/16/kiji/20190615s00041000555000c.html


    【大谷亮平、「逃げ恥」以来3年ぶりTBS連ドラ出演 次期日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」で熱血男 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    tv_drama



    1: 2019/06/08(土) 08:15:47.87 ID:n2PudCvd0
    Jボーイズとして失格やろ

    【【悲報】大草原の小さな家、ワイしか見てない 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    tv_drama



    1: 2019/05/21(火) 04:55:13.71 ID:IZbVNwsJ9
    『半沢直樹』続編の制作が決定! 堺雅人が「7年越しの出演OK」を出した理由
    5/21(火) 4:00配信
     

    「ついにドラマ『半沢直樹』の続編が決まったんです!」(芸能プロ関係者)

     '13年7月クールで放送された『半沢』は、平均視聴率が28・7%、最終回は平成のドラマで最高の42・2%を記録。そんな“お化けドラマ”の続編がついに制作されるというビッグニュース!
    続きは以下より
     https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190521-00015160-jprime-ent

    【『半沢直樹』続編の制作が決定! 堺雅人が「7年越しの出演OK」を出した理由 】の続きを読む

    このページのトップヘ