タグ:ドラフト

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    baseball_boy


    1: 2018/10/26(金) 09:56:21.67 ID:CAP_USER9
    TBSで25日に生中継されたプロ野球ドラフト会議(後4・50~5・50)の平均視聴率が14・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが26日、分かった。平日の夕方では異例の高数字で、関心の高さを示した。瞬間最高視聴率(同)は午後5時41分の18・6%だった。

     番組は午後4時50分から5時50分まで放送され、各球団の1位指名とくじ引きの模様などが生中継された。注目の大阪桐蔭・根尾昂内野手(18)は、1巡目で4球団が競合し、抽選の末、中日が交渉権を獲得。
    金足農・吉田雄星投手(17)は、日本ハムが外れ1位で交渉権を得るなど、今年も運命のドラマが繰り広げられた。

     続きは以下より
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181026-00000105-spnannex-ent

    【ドラフト中継 平均視聴率14・2% 平日夕方で異例の高数字  】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    えせtindex


    1: 2018/08/09(木)22:23:37 ID:0yu
    ヤバすぎでしょ…

    あ、即戦力外野手はそこそこいるで

    【【悲報】今年のドラフト市場、即戦力内野手と即戦力捕手がほぼ存在しない】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    baseball_boy

    1: 2018/06/19(火) 04:25:46.43 ID:hx7duiG00
    現在ワイ「ドラフト外入団…あっ(察し)」

    【昔のぼく「この秋山幸二って選手すげえ、ドラフト外から主力だ・・・相当頑張ったんだろうな」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/11/17(金) 02:14:44.11 ID:FmjlYa1z0

    【中田翔のドラフト時の評価が凄過ぎるwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/10/28(土) 00:40:50.56 _USER9
    10/27(金) 19:07配信
    「これ、放送しちゃダメだったろ」 TBSドラフト特番、死にたかったと嘆く「指名漏れ」選手にスタジオ絶句

     2017年10月26日放送の「ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう」(TBS系)で、九州共立大の望月涼太選手(22)が特集された。そのエピソードが「あまりに重すぎる」とインターネット上で波紋を広げている。

     「死にたいと思うくらい、申し訳ないなって」。望月選手は番組VTRの中で、両親へのこんな「懺悔」を口にしていた。一体、彼と両親との間に何があったのか。そして、ドラフトの「結果」はどうなったのか。番組で生中継された、その一部始終とは......。

    ■「自分が野球をやってから、家の中がおかしくなった」

     望月選手は滋賀県出身の遊撃手で、大学通算110安打を記録したヒットメーカー。高校時代は通算32本塁打を記録するなど、パンチ力ある打撃も特徴。今年のドラフトでは、複数の社会人チームの誘いを断ってプロ志望届を提出していた。

     そんな望月選手の生い立ちを紹介したのが、ドラフト当日に放送されたTBS特番だった。特集のタイトルは、「野球が切り裂いた家族の絆 今夜、笑顔を取り戻す」。野球をきっかけに「崩壊」したという望月選手の家庭をクローズアップした内容だ。

     この特集VTRの冒頭で望月選手は、

      「自分が野球をやってから、家の中がおかしくなった。死にたいと思うくらい、申し訳ないなって思っていました」

    と懺悔の言葉を口に。その上で、家族がそろって写真を撮影したのは「15年前が最後」との情報も紹介された。

     いったい、望月選手の家庭に何があったのか。番組のVTRで特集されたエピソードは、次のような内容だった。

     幼い頃からプロ野球選手を目指していた望月選手は、小学4年生の時に周囲との「温度差」から少年野球チームを退団。そこで、建設会社を経営していた父に「毎日練習に付き合って欲しい」と頼んだ。

     息子からの真剣な願いに父は応えた。毎日2時間の朝練習に付き合い、会社も早退した。さらに、息子を高額な野球塾に通わせるなど、毎月10万円以上を望月選手のために費やした。

     当然、家計は苦しくなり母はパートへ。だが、それでも父は息子のサポートを優先した。あるときは、息子の練習のために85万円のバッティングマシーンを購入したというのだ。


    部下の横領で父の会社は廃業に

     望月選手が中学生になると、親子の練習時間はさらに伸びた。父が会社を休んで練習に付き合い、経営を部下に任せることも多くなっていた。

     このとき、一家を揺るがす大事件が起きる。父が仕事を任せていた部下が、会社の建設資材を転売し、その金を持ち逃げしたのだ。被害額は数千万円に達し、父の会社は廃業を余儀なくされた。

     会社を失ったことで、望月家の生活は激変。日々の食費にも困るようになり、父と母が衝突することも多くなった。だがそれでも、父は「高校入学まで付きっ切りで練習を見たい」として、なかなか新たな仕事を始めなかった。

     徐々に崩壊する家庭に強く責任を感じていたという望月選手。番組の再現VTRでは、自分の部屋で一人号泣する望月選手に、妹が、

      「やめなよ、野球。家族がここまでぐちゃぐちゃになってるのに。そこまでして続けるものなの、野球って?」

    との言葉をかけるシーンも放送された。

     こうした状況について、望月選手は番組のインタビューの中で、

      「泣いてるときは死にたいって思っていました。お父さんを見てても、お母さんを見てても前までは普通だったのに...。幸せな普通の家族。でも自分が野球をやってから、家族が無茶苦茶っていうかバラバラになった」

    と悲壮な表情を浮かべて振り返る。その上で、「自分が何とかしないといけない。プロ野球選手になって、親を生活できるようにさせてあげたい」とも話していた。

    ドラフトの結果は...

    (続く)
    1

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171027-00000012-jct-ent&p=1 

    【【テレビ】「これ放送したらダメだろ」「重すぎる・・・」 TBS『ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう』で放映された、野球に人生を狂わされた家族の話・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ