illust67



1: 2019/12/18(水) 06:39:52.65 ID:tVZ9bM389
およそ1年足らずで終わった中国での生活
 

それは実にセンセーショナルなニュースだった。

 2016年12月、元アルゼンチン代表FWカルロス・テベスは、ボカ・ジュニオルスから中国の上海申花に移籍。当時、世界最高額となる週給72万ユーロ(当時のレートで約8900万円)を手にするかたちでのビッグネームの“アジア上陸”は、ワールドワイドな話題となった。

【動画】老いてなお意気軒昂! 地元紙も絶賛するテベスのゴラッソはこちら

 しかし、テベスのアジアでの挑戦は、およそ1年足らずで終幕した。クラブスタッフから太り過ぎを指摘されるなど、相次ぐバッシングを受けた元アルゼンチン代表FWは、18年1月に古巣ボカへの復帰を果たしたのである。この時の本人の言葉を借りれば、中国での生活は、「バカンスだった」のである。

続きは以下より
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191217-00067869-sdigestw-socc

【<テベス>中国移籍を回想!なぜ世界的名手は挑戦を決めたのか?「初日から後悔」「最悪の決断だった…」 】の続きを読む