タグ:ダウンタウン

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/12/18(月) 00:23:55.51 ID:736ldxTh0
    http://i.imgur.com/uSzrR2W.jpg
    no title

    ※前スレ
    【速報】ウーマン村本さん、ナイナイ批判のツイートをする
    http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1513520375/

    【【速報】これは干される!?ウーマン村本さん、ダウンタウン批判のツイートをする 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/12/16(土) 11:20:23.45 ID:CAP_USER9
    来年3月をもって終了することが正式発表された、フジテレビ系の長寿バラエティー番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」(木曜午後9時)の今後の内容が注目されている。
    残る放送も3か月あまりとなり、石橋貴明(56)と木梨憲武(55)は意気消沈かと思いきや、「終了までに20%近い視聴率を取る!」と有終の美を飾るべく今まで以上にやる気満々になっているという。
    視聴率が振るわない現状でこんな数字を取るのは至難の業に思えるが、その理由は――。

    番組終了は今月7日放送の同番組内で、2人が展開するコントで発表された。
    石橋が「30年間やってたんだけど、番組が終了しちまうんだよ」と告げると、木梨が「えーっ! あれ噂じゃなかったんですか」と驚き、直後に「2018年3月、堂々完結」というテロップが表示された。

    「とんねるずにとって唯一の冠番組が消滅するのは、大ショックだと思います。でも2人、特に石橋は落ち込むどころか『番組が終了するまでに20%近い視聴率を取る』と大きな目標を掲げ、
    自ら企画会議に出席してスタッフと一緒にアイデアを練るなど、がむしゃらに奮闘中なんですよ」(制作会社スタッフ)

    同番組の打ち切りは、長期にわたる視聴率低迷のためだが、別の理由もあると言われている。

    「9月に放送された30周年記念SPで、石橋扮する約30年前の人気キャラクター『保毛尾田保毛男』が登場し、出演者が“あんたホモでしょ?”などと突っ込んだことに対し、
    性的少数者(LGBT)の関連団体などが抗議。これにフジの宮内正喜社長が陳謝した影響も少なくないようです」(大手広告代理店関係者)

    番組最高は29・5%(1989年、当時タイトルは「とんねるずのみなさんのおかげです」)とすさまじい勢いがあったものの、終了を発表した7日のオンエアは5・9%、
    その前の週の11月30日は7・2%と低迷している。9月28日放送の30周年SPでさえ10%だ。それでも20%を狙って石橋が奮闘し始めた背景には、“ある大物2人の成功例”があるという。

    「それはズバリ、タモリと志村けんですよ。フジテレビは、局に貢献してくれたタレントへの恩情が手厚いことで知られています。『笑っていいとも!』は2014年3月に終了したが、
    同年10月から深夜枠でトーク番組『ヨルタモリ』をスタート。長年司会を務めたタモリに新番組を任せた」(芸能プロ幹部)

    志村も同様だ。一世を風靡した「志村けんのだいじょうぶだぁ」が1993年に終了した後も「志村けんはいかがでしょう」「志村けんのオレがナニしたのヨ?」など、
    ゴールデンのレギュラーは継続して放送。2000年以降は、現在も放送中の「志村の夜」まで、深夜枠のレギュラーをフジで持ち続けている。

    「30年も冠番組を続けたとんねるずは、タモリや志村のように深夜枠のレギュラーをもらうことはできるでしょう。でも『ゴールデンからの降格』という印象を持たれるのは避けたい。
    そのためにも最後の3~4か月、『みなさんのおかげでした』で、できるだけ高視聴率を残そうと躍起になっているんです」(前同)

    深夜だけではない。

    「春と秋に大型改編期があります。この時期は多くの特番が放送されるが、『みなさんのおかげでした』で高視聴率という結果を残しておけば、改編期のスペシャル番組として復活させられる。
    そのために“有終の美”を飾ろうと考えているのでしょう」(テレビ局関係者)

    さらにここにきて、思いも寄らない大きな援軍が現れた。長年“ライバル”と言われ、不仲説までささやかれたダウンタウンだ。
    松本人志(54)が10日放送のフジ系「ワイドナショー」で“共演OK”“仲は全然悪くない”と、超のつくサプライズ発言をしたのだ。

    つづく

    12/16(土) 11:07配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171216-00000002-tospoweb-ent

    2: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/12/16(土) 11:20:36.09 ID:CAP_USER9
    「とんねるずとダウンタウンは『笑っていいとも!』の最終回で共演し、話題となったが、この時の主役はあくまでタモリさんだったし、ほかにも数多くの芸人が出演していた。
    もし2組だけで番組に登場すれば、もっと大きな話題になるのは間違いない」とお笑い関係者は興奮を隠せない。

    この“夢の共演”が、「みなさんのおかげでした」で実現したら、“視聴率20%超え”も夢ではなくなるかもしれない。

    (視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)

     松本はレギュラー出演する「ワイドナショー」で「みなさんのおかげでした」の打ち切りについて聞かれ「ネガティブにとらえがちですけど30年でしょ? 
    これはポジティブに、本当にお疲れさまでしたと明るく受け取りたい」と、とんねるずをねぎらった。

    さらに社会学者の古市憲寿氏から「実際に仲悪いんですか?」とストレートに聞かれると、松本は「全然悪くない」と否定。
    「だって(とんねるずの方が)先輩なんやもん。我々は年も下だし」

    さらに「みなさんのおかげでした」が終了する前に出演するかについては「呼んでくれたらいつでも行く」と明言。ただ「僕はいいですけど、浜田(雅功)がねえ、
    人の番組には“出ず嫌い”なんですよ」と冗談交じりにコメントしたが、松本本人は“共演OK”の姿勢を示した。

    写真
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20171216-00000002-tospoweb-000-view.jpg
    no title

    【【テレビ】「とんねるず」と「ダウンタウン」が"禁断の共演"? 松本人志「呼んでくれたらいつでも行く」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/12/09(土) 20:22:31.15 ID:CAP_USER9
    https://www.cinematoday.jp/news/N0096810
    2017年12月9日 19時13分

    お笑いコンビ・ジャルジャル(後藤淳平、福徳秀介)が、8日に放送されたインターネット番組「エゴサーチTV」(AbemaTV)にゲスト出演し、先日行われた「M-1グランプリ2017」後のネット配信番組で福徳が号泣してしまった件の裏側を明かした。

    「M-1グランプリ」で、ファイナルまで進んだものの、残念ながら敗退してしまった2人。
    後藤は「抜け殻状態です。終わったあとのネット配信番組では、ファイナリストが何で負けたか敗因を語り合うみたいな……。なかなか酷でしたよ」と笑いを誘うと、話題はそのネット番組で福徳が号泣し始めたことに。

     福徳は「初めて泣きました。ずっと我慢してたんですよ」と切り出すと、「(自分たちの)点数出た時に、“泣きそう”と思ったんですよ。悔しさとかじゃなくて、めっちゃ悲しかったんです。まさに誰もが笑うネタだと思っていたんですよ」とネットでも話題になった涙のワケを語った。

     ただ、審査員の1人だった松本人志(ダウンタウン)から高い評価を得たことは大きいようで、後藤は「だいぶ救われましたよ」と感謝を表し、2人は次回に向け、「ネタを作るのに1年じゃ足りないんですよね。多分、来年がラストイヤーなんですよ。もちろん出ますよ!」と意気込みを見せた。(山田貴子)
    ed340_97_d586997d_5722718e


    【M-1優勝する気満々だったジャルジャル「M-1」後番組で号泣のワケ「めっちゃ悲しかった…誰もが笑うネタだと思っていた」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/11/20(月) 23:06:22.08 ID:CAP_USER9
    毎年、新しい人気コンビが出てくるお笑い界。浮き沈みの激しい世界だが、そんな中でも実力を発揮し、息の長い活躍を見せるコンビも多数存在する。
    そこで今回は「今一番面白いと思うお笑いコンビ」を、20~50代の男女各世代50人ずつ、合計200人に聞いてみた。

    見事、第1位に輝いたのは、伊達みきお(43)と富澤たけし(43)の“サンドウィッチマン”。98年に結成すると、2007年の『M-1グランプリ』で敗者復活枠から優勝をして、
    一躍人気コンビとなった。会話のやりとりの中で笑いを取っていく漫才やコントが特徴で、毎年全国ツアーを行うほどライブにも力を入れている。そのためか「コントのネタが
    とにかく面白い」(50代/女性)や、「ネタのクオリティが高く、テンポも良い」(10代/男性)など、具体的に評価する人が多かった。また中には、「震災のときの対応に
    好感を持った」(20代/女性)など、コンビの人柄へのコメントもあった。

    【若者が選んだ「今一番面白いお笑いコンビ」第1位が凄いwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/11/15(水) 13:51:42.12 ID:UNHiOjXM0
    ガキの使い「豪華ゲスト呼んだろ!なんなら2週にわたって放送したろ!」
    90dcf574


    【【悲報】ガキの使い「この企画視聴率高くてずいぶん評判良かったな..........せや!!」】の続きを読む

    このページのトップヘ