タグ:ソフトバンク

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/12/18(月) 11:56:07.94 ID:CAP_USER9
     ソフトバンクの石川柊太投手(25)は18日、ヤフオクドームで交渉し、今季年俸500万円から
    6倍となる3000万円で契約を更改した。500%増は03年オフにダイエー・和田毅投手(36)が、
    1500万円から8000万円に上がった433%増を上回り、球団史上最高アップ率となった。

     「1年間やってきたたことをしっかり評価してもらいました」

     4月4日の楽天戦(コボスタ宮城)でプロ初登板を果たすと34試合8勝3敗1ホールド、
    防御率3・29。シーズン中には故障の出た先発の穴を埋め、中継ぎに回った日本シリーズ2、3戦目では
    勝利投手など活躍した。

     支配下登録された昨年、工藤監督から「9回、150キロを投げるスタミナをつけろ」と
    厳命されており、来季は「先発ならば10勝、中継ぎなら50試合登板を目指したい」と今季以上の
    数字を宣言。オフは昨季同様、母校の創価大で基礎体力をつけて、1月中旬からは千賀と合同で
    福岡県内での走り込みなど、鍛え上げるつもりだ。

     2500万円の増額分の使い道を問われると「親孝行をしたい。あとは奨学金の返済とももクロの
    DVDを観賞用と保存用を合わせて買いたい」と毎月1万2000円ずつ、返していた奨学金の
    一括返済やチーム内では熱狂的「モノノフ」として知られる趣味の充実に充てると話した。
    1

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171218-00000087-spnannex-base
    http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/12/18/jpeg/20171218s00001173102000p_view.jpg

    【【野球】ソフトバンク石川柊太選手、球団史上最高の年棒500%増!使い道は親孝行、奨学金返済、ももクロwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/12/09(土) 14:21:37.74 ID:CAP_USER9
     福岡ソフトバンクの嘉弥真新也投手(28)が8日、ヤフオクドーム内で契約更改交渉に臨み、
    今季のチームの保留第1号となった。今季の年俸2000万円から倍増程度を提示されたとみられるが
    サインせず、予定された記者会見もしなかった。サイドスローに転向した今季、自己最多を大幅に
    更新する58試合に登板し、ブルペン陣を支えた左腕。2年ぶりの日本一で迎えた「暖冬更改」の中、
    保留した上に会見も拒否する異例中の異例の対応に出た。

     時計の針だけが進んでいった。テレビカメラのセッティングもとっくに終わっていた午後4時半すぎ。
    会見場に隣接する報道陣の控えエリアに、スーツ姿の嘉弥真、でなく、球団広報が姿を見せた。
    報道陣を集め「今日は話を聞きに来ただけなんで。会見せずに帰ります」と左腕に託されたコメントを
    伝えた。今オフのチーム保留第1号は異例中の異例の会見拒否だ。

     1時間半に及ぶロングラン交渉の席上、球団からは今季の年俸2000万円から倍増の4000万円前後の
    提示を受けたもよう。ただ、左腕は「希望額に届かなかったので、もう一度話そう、となりました」と
    説明した。

     契約更改交渉後には、サインをした場合はもちろん保留しても記者会見に臨む流れになっている。
    昨オフは飯田と福田がともに1回ずつ保留したが、その際も会見の席に着いていた。しかもホークスは、
    主力選手については球団と契約更改の下交渉を行うことが通例。さらに今季から12球団全てで年俸を
    事前に連絡することになった。それだけ準備段階があっても、嘉弥真の心は収まらなかったようだ。
    普段は穏やかで人懐っこい性格の左腕は、極めて異例の行動をとった。

     交渉相手の三笠球団統括本部統括本部長は「『また話をしよう』ということになった」と語った上で、
    球団の評価ポイントを「連投も多かったし、左の強打者が多い球団、例えば楽天戦など、緊張感の高い
    場面で投げてくれた。球団としては良い評価をしているが、お金のことなので」と説明した。

     昨年限りで森福が巨人に移籍。嘉弥真は一念発起して横手投げに転向した。迎えたプロ6年目の今季。
    投球スタイルがマッチし、主に左キラーとして58試合に登板して14ホールドをマーク。ともに自己最多を
    大きく更新した。守護神サファテにつなぐハイレベルな救援陣の一角を担ったのは間違いない。岩崎、
    森といった「勝利の方程式」を構成する日本人投手に先んじての更改が、皮肉にもチーム初の保留となった。

     交渉後、ハワイへのV旅行後に再交渉日が早くも設定された。歩み寄りのポイントを見つけ、
    今度は笑顔で会見場に入りたい。 (金額は推定)

    西日本スポーツ

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171209-00010001-nishispo-base
    1時間30分待てど嘉弥真は姿を見せず
    https://amd.c.yimg.jp/im_siggBw4_p.GvNaJPgZUIytCo8Q---x900-y543-q90-exp3h-pril/amd/20171209-00010001-nishispo-000-3-view.jpg
    no title

    【【野球】ソフトバンクの嘉弥真新也投手、契約更新の会見拒否 異例の無人会見】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/12/09(土) 14:21:37.74 ID:CAP_USER9
     福岡ソフトバンクの嘉弥真新也投手(28)が8日、ヤフオクドーム内で契約更改交渉に臨み、
    今季のチームの保留第1号となった。今季の年俸2000万円から倍増程度を提示されたとみられるが
    サインせず、予定された記者会見もしなかった。サイドスローに転向した今季、自己最多を大幅に
    更新する58試合に登板し、ブルペン陣を支えた左腕。2年ぶりの日本一で迎えた「暖冬更改」の中、
    保留した上に会見も拒否する異例中の異例の対応に出た。

     時計の針だけが進んでいった。テレビカメラのセッティングもとっくに終わっていた午後4時半すぎ。
    会見場に隣接する報道陣の控えエリアに、スーツ姿の嘉弥真、でなく、球団広報が姿を見せた。
    報道陣を集め「今日は話を聞きに来ただけなんで。会見せずに帰ります」と左腕に託されたコメントを
    伝えた。今オフのチーム保留第1号は異例中の異例の会見拒否だ。

     1時間半に及ぶロングラン交渉の席上、球団からは今季の年俸2000万円から倍増の4000万円前後の
    提示を受けたもよう。ただ、左腕は「希望額に届かなかったので、もう一度話そう、となりました」と
    説明した。

     契約更改交渉後には、サインをした場合はもちろん保留しても記者会見に臨む流れになっている。
    昨オフは飯田と福田がともに1回ずつ保留したが、その際も会見の席に着いていた。しかもホークスは、
    主力選手については球団と契約更改の下交渉を行うことが通例。さらに今季から12球団全てで年俸を
    事前に連絡することになった。それだけ準備段階があっても、嘉弥真の心は収まらなかったようだ。
    普段は穏やかで人懐っこい性格の左腕は、極めて異例の行動をとった。

     交渉相手の三笠球団統括本部統括本部長は「『また話をしよう』ということになった」と語った上で、
    球団の評価ポイントを「連投も多かったし、左の強打者が多い球団、例えば楽天戦など、緊張感の高い
    場面で投げてくれた。球団としては良い評価をしているが、お金のことなので」と説明した。

     昨年限りで森福が巨人に移籍。嘉弥真は一念発起して横手投げに転向した。迎えたプロ6年目の今季。
    投球スタイルがマッチし、主に左キラーとして58試合に登板して14ホールドをマーク。ともに自己最多を
    大きく更新した。守護神サファテにつなぐハイレベルな救援陣の一角を担ったのは間違いない。岩崎、
    森といった「勝利の方程式」を構成する日本人投手に先んじての更改が、皮肉にもチーム初の保留となった。

     交渉後、ハワイへのV旅行後に再交渉日が早くも設定された。歩み寄りのポイントを見つけ、
    今度は笑顔で会見場に入りたい。 (金額は推定)

    西日本スポーツ

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171209-00010001-nishispo-base
    1時間30分待てど嘉弥真は姿を見せず
    https://amd.c.yimg.jp/im_siggBw4_p.GvNaJPgZUIytCo8Q---x900-y543-q90-exp3h-pril/amd/20171209-00010001-nishispo-000-3-view.jpg
    no title

    【これは干されフラグ!?ソフトバンク嘉弥真が会見拒否 異例中の異例 倍増4000万円「希望額届かなかった」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/11/08(水) 22:25:05.60 ID:CAP_USER9
    そして、なんといっても孫正義オーナー(60)の存在が大きい。
    「孫オーナーは、本気で日本シリーズの勝者とワールドシリーズの勝者による世界一決定戦を考えている。
    米携帯会社を買収したのも、米国での知名度を上げるため。その夢を実現させるためには、金に糸目をつけない。
    育成選手を含まない日本人選手の年俸総額は、42億800万円と2年連続のトップ。『金は出すが口は出さない』の典型。

    また、次の目標に掲げているのがJリーグへの参入。
    クラブW杯は、2021年から枠を24に増やす案があるため、そこに出場してレアルと戦えば、試合は全世界へ中継される。
    そういう野望があると聞いている」(球団関係者)
    1

    一部抜粋。記事全文はこちら
    (週刊FLASH 2017年11月21日号)
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171108-00010000-flash-peo 

    【【サッカー】孫正義、次はJリーグ参戦か? スペインの超有名クラブのレアル・マドリードとの対戦実現へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/11/08(水) 18:28:55.79 ID:CAP_USER9
    ソフトバンクの新CM発表会が11月7日に東京都内で行われ、樋口可南子、杉咲花、竹内涼真が出席し、2007年から続く『白戸家シリーズ」の新展開が発表された。

    白戸家シリーズではこれまで、樋口と“お父さん犬”の夫婦に加え、娘に上戸彩、息子がダンテ・カーヴァーという家族で構成されていた。
    だが、最新のCMでは、竹内と杉咲、さらに古田新太が『新・白戸家』として出演。
    従来のメンバーとの入れ替えが示唆されていた。

    しかし発表会では、従来の家族と新たな3人が全員、白戸家メンバーとして出演することが明かされた。
    同社の榛葉淳副社長は、視聴者へのアンケートの結果、「従来の白戸家を今後も起用してほしい」という声が多かったためだとしている。

    「『白戸家がソフトバンクのCMからいなくなってしまうのは悲しい』とソフトバンク社に多くの声が集まっていました。
    お父さん役の犬のカイくんも含め、『残して欲しい』というメールも殺到していたようです」(芸能関係者)

    新シリーズでは、上戸と古田が結婚し、竹内と杉咲は上戸の子供になるという設定。
    引き続きの出演となった樋口は、入れ替えが示唆されたCM撮影時を「本当にドッキリの撮影だった。
    わたしも彩ちゃんもうろたえて、わたしは涙目になるし、スタジオを出たら彩ちゃんが泣いてて、移動中もふたりで声を挙げて泣いたんです」と振り返った。

    「最初から、白戸家をほかの家族に交代させるという案はなかったのですが、視聴者はなくなると思ったようで、たとえばショップでも『白戸家を残してください』という声は届いていましたし、
    『白戸家とカイくんがいないならほかのキャリアに乗り換える』という極端な客もいたようです」(同・関係者)

    簡単には変えられなくなってしまった白戸家

    新たにメンバー入りした竹内は「新シリーズもすごく面白いです。
    白戸家が10年間やってきたなかで、新しい家族として加わって、僕らのCMが面白いなと言ってもらえるように頑張りますので、楽しみにして下さい」とアピールした。
    そして樋口は「やっと周りの人に、『白戸家はこのまま続きます』と言える日が来てほっとしています」とコメントしている。

    SNSでは《ドッキリしたが、白戸家が残ってうれしい》、《ソフトバンクといえばカイと白戸家だろう》、
    《なんだか思い出が消されそうで悲しかったがホッとしました》という書き込みが集まっている。

    「一時期は、お父さんグッズがほしくてソフトバンクに乗り換える客も大勢いました。
    プロ野球の福岡ソフトバンクホークスもお父さんのぬいぐるみを毎試合ベンチ入りさせていて、日本シリーズでは持ち込めるか持ち込めないかでひと悶着あったほどです。
    白戸家のメンバーたちはもう日本中で知らない人はいないくらい認知度も高いので、急に変えるわけにはいかないでしょう」(同・関係者)

    『サザエさん』のような一家になりつつある白戸家だが、今後の展開はどうなっていくのだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1373801/
    2017.11.08 17:31 まいじつ

    http://image.dailynewsonline.jp/media/0/1/012a37c2b54e21d251fcfcbe27ec3c44bb5c81fe_w=666_h=329_t=r_hs=26316bfffe940f4034617f376ebcceb3.jpeg
    no title

    http://softbank.same64.com/image/softbank294.jpg
    no title

    【【CM】ソフトバンク新CMの裏側で起きていた「号泣事件」・・・上戸彩号泣】の続きを読む

    このページのトップヘ