タグ:スポーツ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2018/01/01(月) 23:00:38.68 ID:CAP_USER9
    お笑い界で栄華を極めた、とんねるずの石橋貴明(56)、木梨憲武(55)が終わりの時を迎えようとしている。

    唯一の冠番組だった『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)が来年3月をもって打ち切りになることが正式発表された。気になる2人の今後だが…。
    2081908_201611230130800001479848433c

    続きは以下より
    2018年1月1日 15時0分 週刊実話
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14105439/

    【もうオワコン!?<とんねるず>テレビ朝日の『とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』も制作費の高騰を理由に打ち切りが検討 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/12/14(木) 21:13:14.30 ID:CAP_USER9
    テニスだけではなく、サッカーの観戦も楽しみたい人も多いことだろう。もし自分自身がその一人なら、2018年は悩ましい年になるかもしれない。

    「ウィンブルドン」の大一番である、男子シングルスの決勝戦と、ロシアで行われるサッカーワールドカップの決勝戦が同じ日に予定されており、
    現在、英紙タイムや同インデペンデントが関連する話題を報じている。

    両スポーツの一大イベントの開催時間を巡る議論が熱を帯びている。今までに明らかになっているところでは、「ウィンブルドン」の男子シングルス
    決勝戦については、日本時間の7月15日22時から開始される予定の一方で、サッカーワールドカップの決勝戦の開始時間は日本時間同日24時(16日0時)だと見込まれている。

    つまり、「ウィンブルドン」の男子シングルス決勝戦を、ライブで観戦していると、サッカーワールドカップの決勝戦は観戦できなくなってしまう可能性が高い。

    「ウィンブルドン」の決勝戦が短時間で終われば、もちろん問題にはならないが、それは難しいという見方が大半の様子だ。
    1

    1

    https://www.thetennisdaily.jp/news/overseas/primary/2017/0028297.php

    【【スポーツ】上から見るか下から見るかどちらを見るか?「ウィンブルドン決勝」か、それとも「サッカーワールドカップ決勝」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/12/02(土) 14:23:38.62 ID:CAP_USER9
    「将来的にスポーツのライブ配信はテレビからOTT(over the top)へ移行する。高画質の4K/8K/16Kでの配信はネットのみになるだろう」――。サッカーJリーグとの、2017年シーズンから10年間で総額2100億円という巨額の放映権契約の締結で、一般に「OTT」と呼ばれるネット配信がスポーツの世界にもついに浸透し始めたことを強く印象付けたストリーミングサービス「DAZN(ダ・ゾーン)」。

     その運営会社である英Perform Group(パフォームグループ)の“実態”は、あまり知られていない。同社はロンドンに本社を構えるデジタルベースのスポーツコンテンツ・メディア企業で、2500人以上の従業員を擁する。DAZNのほか、世界23カ国で展開するサッカーサイト「Goal.com」などのWebサイトの運営や、大会・リーグ運営団体などの公式映像のみを配信するプラットフォーム「ePlayer」、そしてブックメーカー(賭け屋)へのデータ提供を主な事業とする。

     日本でも、NTTドコモとのパートナーシップ契約などにより、会員数は1年で100万人を突破。かつて“テレビ放送の聖域”とも言われていたスポーツのライブ中継で主役の座をうかがうDAZNが描く未来は・・・。Perform Group CTO(最高技術責任者)のFlorian Diederichsen(フロリアン・ディデリクセン)氏に聞いた。

    ――スポーツ中継はできるだけライブで見たいものだが、DAZNを使えばスマートフォン(スマホ)で、どこにいても楽しめる。現状、どれくらいのユーザーがスマホで見ているのか。

    ディデリクセン氏 市場によって状況は異なるが、日本では多くの人がスマホでスポーツ中継を見ている(下の図からアクティブユーザーの約60%)。しかし、スマホでの視聴時間は長くない。アクティブユーザーの月間視聴時間は10~20時間程度だ。視聴時間が長いのはやはりテレビで、アクティブユーザーの使用比率は約40%だが、月間40時間強も見ている。スポーツファンは「試合をライブで見たいが、見るときはなるべく大きな画面でみたい」と考えていることが分かった。

    日本でスマホの利用率が他国より高いのは、当社がNTTドコモとパートナーシップ契約を結んでいるため、「モバイルサービス」という印象が強いのが理由だと思う。

    ――OTTの利点の一つに、放送と違って新しいサービスを導入しやすいことがある。DAZNではどのような取り組みをしているのか。

    ディデリクセン氏 Jリーグとのパートナーシップの下、2017年4月に「Jリーグ・ゾーン」を開始した。これは大1つと小2つの3画面で構成され、同時間帯に開催される3試合を同時に視聴できるサービスだ。どの試合を見せるかは、DAZNサイドがチャンスシーンを迎えた試合から随時選ぶ。もちろん、ユーザーが見たい試合に替えることもできる。

    10月には「Jリーグ・ゾーン」をリニューアルした。オリジナルの司会者や解説者がつくほか、放送中にTwitterにハッシュタグを付けて投稿すると、司会者や解説者が投稿を拾って質問に答えてくれたりする。

     さらに、キヤノン、富士通、米Intel社などもそれぞれ開発を進めているが、同様の「自由視点映像」の開発に取り組んでいる。スタジアムに多くのカメラを設置して3次元映像を作るシステムで、「仮想カメラ」で選手や審判、ボールの視点から映像を見られる。今までにない視聴体験ができる。

    2: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/12/02(土) 14:23:51.75 ID:CAP_USER9
    「遅延」をうまく活用

    ――放送と違って双方向性があるOTTでは、個々のユーザーとのタッチポイントができる。これをうまく利用すればビジネスを拡大できる可能性がある。

    ディデリクセン氏 その通りだ。ビジネス面で成長の余地は大きいと思う。ただし、現時点ではスポーツの有料ストリーミング配信で、実現可能なサービスを提供している段階で、他のマネタイゼーションの仕組みを持ち込む予定はない。

     もちろん、我々はユーザーはどういう端末を使っていて何をしたいのかが分かっている。ユーザーの嗜好に合わせた「パーソナライズ化」などユーザビリティの改善、ソーシャルメディアの活用などいろいろやりたいことはある。例えば、ユーザーインターフェース(UI)はカスタマイズが可能で、今よりもイベントのスケジュールに対応したものにしたい。

     実は、我々が直面している技術的問題に「レイテンシー(遅延)」がある(Perfom社の資料では60~90秒)。この遅れは正直言って長いので、改善に取り組んでいる。一方で、我々には遅れがあることによって、ユーザーに映像を届けるまでに時間的な“余裕”があるという見方もできる。そこで、ユーザーが興味を持ちそうな試合映像を提供するなど、アドバンテージに転換できると考えている。

    ――最後に、DAZNを使った2020年のスポーツ視聴環境のイメージを教えてほしい。

    ディデリクセン氏 日本ではぶっちぎりで1番のスポーツイベントの配信事業者になりたい。これまでもさまざまなイベントを扱ってきたが、2020年までにはすべてのスポーツファンにDAZNを使ってもらえるようにしたい。また、10年契約を締結したJリーグを、世界トップのリーグの一つに発展させていく。そのためにリーグへの投資を続ける注1。

    注1:NTTグループとのパートナーシップの下で、スタジアムに光ファイバーを敷設したり、J1チームの全スタジアムにWi-Fiを導入したりしている。

     データの統合も進めていき、例えばユーザーが自分だけのハイライト映像を作って友人とシェアできたりするようにしたい。ライブ配信だけでなく、AR(拡張現実)やVR(仮想現実)を活用したイベントの共有体験を提供したい。友人とリビングルームに座って同じ試合を見ているが、それぞれ完全にパーソナライズ化された体験を得られたりする、といったイメージだ。
    1

    http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/feature/15/122200045/113000302/?P=2

    【【スポーツ】スポーツのライブ配信はDAZN一強の時代へ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/11/26(日) 23:13:14.15 ID:CAP_USER9
    『第10回 好きなスポーツ選手ランキング』羽生結弦&吉田沙保里が首位に
    11/25(土) 8:40配信 ORICON NEWS
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171121-00000327-oric-ent

    第10回 好きなスポーツ選手ランキング、「女性部門」1位のレスリング吉田沙保里選手(左)と「男性部門」1位のフィギュアスケート羽生結弦選手
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20171121-00000327-oric-000-view.jpg
    no title


    https://www.oricon.co.jp/special/50450/

    https://contents.oricon.co.jp/special/img/50000/50450/detail/img660/1511335299792.jpg
    no title


    2018年の平昌冬季五輪、2020年の東京五輪に向けて、次世代のアスリートたちが続々と頭角を表しているスポーツ界。そこでORICON
    NEWSでは、今年で10回目を数える現役アスリートを対象とした、恒例の『第10回
    好きなスポーツ選手ランキング2017』を発表。その結果、「男性部門」1位にはフィギュアスケートの【羽生結弦】選手が初の首位に。「女性部門」ではレスリングの【吉田沙保里】選手が昨年に引き続き首位を獲得して2連覇を実現した。
    ※イチロー選手は、5連覇達成で13年に殿堂入り

    【ランキング表】好きなスポーツ選手ランキング 男女別 TOP10

    ■現役続行で後進指導にも励む“霊長類最強女子”が2連覇達成

     2連覇を達成した【吉田沙保里】選手は、“霊長類最強女子”として国民栄誉賞受賞を成し遂げるなど、不動の地位を獲得。2015年の世界大会では16連覇を達成しギネス認定を受けたが、昨年のリオ五輪では惜しくも女子個人種目史上初となる4連覇達成はならず、大粒の涙を流したのも話題をさらった。“悲劇のヒロイン”のようにも見られたが、東京五輪出場を目標に現役続行を表明。現在はレスリング日本女子代表コーチ就任だけでなく、母校の至学館大学の副学長としても後進の指導にあたっている。

    世界的知名度を誇りながらも、太陽のような笑顔を浮かべて、接する人々すべてを明るく照らすのが彼女の最大の魅力。それだけにCMや芸能イベントの起用も多く、今年も映画『ワンダーウーマン』のイベントでは”最強の美女戦士”である主人公のコスプレで登場。その一方、『明治プロビオヨーグルトR-1』CMではウエディングドレス姿を披露するなど、乙女な一面も人気の要因だ。アンケートでは、「とにかく明るくてパワーをもらえます」(福岡県/40代/女性)、「強いのに、女性らしさや可愛らしさも兼ね備えていてギャップが魅力的」(神奈川県/20代/女性)など、見ているだけでポジティブな気持ちになれる、彼女の笑顔に魅了される人が多数。バラエティー番組で気さくな素顔を明かすことも多いが、やはり「タレントとしても才能を開花させたと思う。レスリングの練習も熱心で、東京五輪も現役で出場してほしい」(青森県/20代/女性)と東京五輪で彼女が活躍する姿を望む声が多かった。

    ■劇的な逆転優勝を世界中から賛美された“氷上のプリンス”が初の首位に

    男性部門で初の首位に輝いたフィギュアスケートの【羽生結弦】選手は、圧巻の演技で“氷上のプリンス”と讃えられ、多くのファンを虜にしている。世界最高峰のスケーティング技術はもちろん、記者会見のイスまで片付けるなどの謙虚な姿勢など人格的な部分でも高く支持されている。今年3月の世界選手権では、ショートプログラムは5位と出遅れたが、フリーでは、自身の持つフリー世界最高得点を更新。今季ベストの合計321.59点で3季ぶり2度目の優勝を飾った。劇的な逆転優勝に、ニューヨークタイムズは「目もくらむような眩惑的なフリースケート」という見出しで称えるほどだった。

    飽くなきチャレンジスピリットと求道的なまでにスケートを追求する姿勢に、「イケメンにプラスして氷上では美しさとカッコ良さがあり、ストイックな一面もあるので、選手として、男性として、見守りたくなります。まさに氷上のプリンス」(東京都/20代/女性)、「全てがスペシャル。演技だけではなく品格、人格が備わっている稀有な存在」(兵庫県/40代/女性)など、やはり女性支持が圧倒的に高い。だが、男性からも「歳は自分と比べてかなり下だが、尊敬できる数少ない人材。単に、アスリートとしてだけでなく、人として自分の考え方をしっかりともっており、それを妥協しないところに共感する」(東京都/40代/男性)など、リスペクトする声も多かった。

    以下省略、続きはソースにて

    【【スポーツ】1位はあの霊長類最強選手wwwww 『第10回 好きなスポーツ選手ランキング』が発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/10/19(木) 22:13:08.65 _USER9
    全国高校バスケットボール選手権大会静岡県予選が21日に開幕する。
    男子では静岡学園の205センチセンター・市川真人(1年)に注目だ。

    県内日本人最長身で、U―16日本代表候補にも選ばれた逸材。日本バスケ界期待の男が、県4強超えを目指す。
    女子では、先発メンバーに2組のツインズをそろえる磐田農が、走るバスケで2勝以上を目標に掲げた。
    男女V校が12月23日に開幕する全国大会(東京体育館)に出場する。

    将来の日の丸候補が、リング下で存在感を見せつける。静岡学園の1年生センター・市川が、制空権を奪う。
    「3年生の最後の大会。絶対に勝ちたい」。
    県内だけでなく、国内の高校生でも数少ない2メートル超えのビッグマンが、チームを目標の4強以上に導く。

    小さい頃から人一倍ビッグだった。生まれた時は、3800グラム。中学入学時は、すでに185センチあった。
    中1から1年間で10センチも伸びた。「背の順では、一番後ろを譲ったことはありません」。
    足のサイズも、なんと31センチ。「ちょっと幅がきつくなってきたので、次は32センチを買いたい」と、真顔で話した。

    バスケの伸びしろも十分だ。いすゞ自動車などでプレー経験のある近野修監督(46)は
    「成長期でケガの怖さはあるし、スタミナ面もまだまだ」と課題を挙げるが、
    「シュートはうまいし、器用さもある」と、評価。指揮官の意向で、全員がガードのできる選手を育てる方針のもと、
    外回りのプレーも勉強中。「どんどん試合に出しながら伸ばしていきたい」と、積極的に起用する方針を示した。

    直前で外れたが、途中まで国体の県選抜に帯同した。
    練習では、セネガル人留学生の2メートル超えのセンター・サンブー(沼津中央3年)らとマッチアップ。
    「当たりの強さやスピードの違いを感じた。いい経験になった」。
    全国区の選手の中でもまれたのは、大きな財産になっている。

    将来の夢はプロ。「Bリーグで活躍して、NBAに呼ばれるような選手になりたい」。
    ビッグな夢を持つ規格外な男が、県内バスケをわかせる。(塩沢 武士)

    ◆市川 真人(いちかわ・まさと)2001年9月20日、磐田市生まれ。16歳。
    磐田南部中に入学してから本格的に競技を始めた。
    中2の時にジュニアオールスターの県選抜で全国大会に出場。205センチ、93キロ。家族は両親と姉。血液型A。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171016-00000146-sph-spo

    205センチを誇る市川(左)
    http://amd.c.yimg.jp/amd/20171016-00000146-sph-000-4-view.jpg
    no title

    【【バスケ】高1で身長205センチwwww 男子バスケ期待の新星・市原真人の挑戦】の続きを読む

    このページのトップヘ