タグ:スケート

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2018/02/24(土) 04:51:19.96 ID:PnaSAvhbM

    【【ロシア美女】メドベージェワがコスプレでやらかすwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2018/02/25(日) 15:58:15.76 ID:CAP_USER9
     

    <ピョンチャン五輪:スピードスケート>◇24日◇女子マススタート

     今大会から新種目となったマススタートで、高木菜那(25=日本電産サンキョー)が金メダルを獲得した。団体追い抜き金メダルに続き2個目のメダルを獲得し、マススタートの初代女王となった。

     高木菜の一問一答は次の通り。

     -初代女王になって

     高木菜 この種目が始まってから表彰台に上ったことはあったけど、金メダルという一番高いところには今まで上ったことはなかった。最高の舞台で初めて一番高いところに立てて本当にうれしい。

     -オランダ選手をずっとマークしていた

     高木菜 作戦的にオランダ2人で仕掛けてくるかなと思ったので、イレーネ(・スハウテン)選手の後ろについて狙えるところで狙っていこうとずっと考えていた。

     -団体追い抜きとの金メダル2個。意味合いは違うのでは

     高木菜 (敗退した)佐藤の分まで金メダルを取りにいく気持ちだった。追い抜きでもメダルが取れたので、その分落ち着いてマススタートに挑めた。

    4612961

    続きは以下より
    https://www.nikkansports.com/olympic/pyeongchang2018/speedskate/news/201802240000822.html

    【高木菜那が金メダル獲得の最高の気持ちを語るwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2018/02/24(土) 23:57:44.48 ID:CAP_USER9
     平昌五輪第16日の24日、スピードスケート女子マススタートで高木菜那(日本電産サンキョー)が金メダル、カーリング女子の3位決定戦で
    日本代表(LS北見)が勝ち、銅メダルを獲得した。

     これで、既に過去最多を更新している日本の今大会のメダルは、金4、銀5、銅4の計13個なった。

    84index


    続きは以下より
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180224-00050125-yom-spo

    【平昌五輪で日本が獲得したメダル数が過去最多wwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2018/02/24(土) 23:22:38.25 ID:CAP_USER9
    「平昌五輪・スピードスケート女子・マススタート・決勝」(24日、江陵オーバル)

    決勝に進出した日本の高木菜那(日本電産サンキョー)が金メダルを獲得した。

    大人数が一斉にリンクを滑走し、接触や転倒も発生し、駆け引きもポイントとなる新種目で、
    ネット上では競技開始とともに「マススタート」がツイッターの人気ワード1位となった。

    index

    続きは以下より
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180224-00000144-dal-spo

    【五輪新種目マススタートが競馬ファンから指示された理由が凄過ぎるwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2018/02/23(金) 23:42:24.17 ID:CAP_USER9
    演技後半ジャンプ、ルール改正へ
    フィギュア、国際スケート連盟
    2018/2/23 22:57
    c一般社団法人共同通信社
     
    【平昌共同】フィギュアスケートでボーナス得点を狙って基礎点が1.1倍となる演技後半にジャンプを集中させる構成が多くなったため、
    国際スケート連盟(ISU)が6月の総会でルール改正を提案することが23日、関係者の話で分かった。
    後半で1.1倍の得点となるジャンプの数を制限し、偏りをなくすことを促すという。

    平昌冬季五輪の女子では個人資格の「ロシアからの五輪選手(OAR)」として出場した15歳のアリーナ・ザギトワがSPで三つ、
    フリーで七つ全てのジャンプを後半に入れる戦略で技術点を稼いで金メダルに輝いた。

    ザギトワの構成には批判も出ていた。

    s_kyodo_nor-2018022301002342

    続きはいかより
    https://this.kiji.is/339767723460936801

    【フィギュアスケートの演技後半ジャンプ、ルール改正でスケートがさらに面白くなりそうwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ