タグ:ジャンプ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/11/27(月) 17:07:56.28 ID:CAP_USER9
    悟空に幽助に花道…「ジャンプ展」“発行部数653万部の衝撃”のビジュアル
    2017年11月27日 14:00 コミックナタリー
    http://natalie.mu/comic/news/258399

    集英社・「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展 VOL.2 1990年代、発行部数653万部の衝撃」公式ビジュアル
    http://cdn2.natalie.mu/media/comic/1711/1127/jumpten/extra/news_xlarge_jumpten2.jpg
    no title


    来場者特典として配布される「週刊少年ジャンプ表紙ステッカー」(「DRAGON BALL」)。(c)バードスタジオ/集英社
    http://cdn2.natalie.mu/media/comic/1711/1127/jumpten/extra/news_xlarge_jumpten2_tokuten02.jpg
    no title


    来場者特典として配布される「週刊少年ジャンプ表紙ステッカー」(「SLAM DUNK」)。(c)井上雄彦 I.T.PLANNING,INC.
    http://cdn2.natalie.mu/media/comic/1711/1127/jumpten/extra/news_xlarge_jumpten2_tokuten01.jpg
    no title


    「DRAGON BALL」の「特製プリント」(前売券 Ver.)。(c)バードスタジオ/集英社
    http://cdn2.natalie.mu/media/comic/1711/1127/jumpten/extra/news_xlarge_jumpten2_tokuten03.jpg
    no title


    DRAGON BALL」の「特製プリント」(当日券 Ver.)。(c)バードスタジオ/集英社
    http://cdn2.natalie.mu/media/comic/1711/1127/jumpten/extra/news_xlarge_jumpten2_tokuten04.jpg
    no title


    週刊少年ジャンプ(集英社)の創刊50周年を記念した「週刊少年ジャンプ展」の第2弾「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.2
    1990年代、発行部数653万部の衝撃」のビジュアルが公開された。

    「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展 VOL.2
    1990年代、発行部数653万部の衝撃」では、1990年代に連載された週刊少年ジャンプ作品の原画を展示。ビジュアルには鳥山明「DRAGON
    BALL」の孫悟空、冨樫義博「幽☆遊☆白書」の浦飯幽助、井上雄彦「SLAM
    DUNK」の桜木花道を中心に90年代の同誌を代表するキャラクターたちが勢ぞろいしている。なお「週刊少年ジャンプ展」の来場者には、週刊少年ジャンプの表紙を使用した「週刊少年ジャンプ表紙ステッカー」の配布を行う。

    このほかチケット情報も発表に。当日券のほか、来場者特典と同様に週刊少年ジャンプの表紙画像を使った「特製プリント」付き前売券や、全10種のピンズ付き前売券、12月16日、17日に千葉・幕張メッセで行われる「ジャンプフェスタ2018」限定のピンズ付き前売り券、会期前の2018年3月18日に先行して観覧が可能な先行公開日券も発売される。先行公開日券やプレビューデイ券はセブンチケットにて1月20日、ピンズ付きのチケットはセブンネットショッピングにて12月16日に販売スタート。

    「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展
    VOL.2」は3月19日から6月17日まで、東京・森アーツセンターギャラリーにて開催。なお年7月から9月には「創刊50周年記念
    週刊少年ジャンプ展 VOL.3 2000年代~、進化する最強雑誌の現在(いま)」が実施される。

    以下省略、続きはソースにて

    【【漫画】まさにおっさんホイホイwwww 1990年代の少年ジャンプ展が懐かしすぎる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/11/14(火) 13:00:49.73 ID:CAP_USER9
    2017年11月13日 0:00
    「ゆらぎ荘の幽奈さん」1巻
    http://cdn2.natalie.mu/media/comic/1711/1113/yuragisou/extra/news_xlarge_yuragisou1.jpg
    no title

    大きなサイズで見る(全9枚)
    http://natalie.mu/comic/news/256431


    ミウラタダヒロ「ゆらぎ荘の幽奈さん」のアニメ化が、本日11月13日に発売された週刊少年ジャンプ50号(集英社)にて発表された。

    「ゆらぎ荘の幽奈さん」は、幽霊が出るとされる元温泉旅館の格安下宿・ゆらぎ荘を舞台にしたラブコメディ。
    格安の家賃に惹かれて入居した霊能力者の少年・冬空コガラシと、ゆらぎ荘に棲みつく幽霊の少女や入居者たちとのドタバタとした日々をお色気描写を交えて描いていく。
    同作は週刊少年ジャンプにて2016年より連載されており、単行本は8巻まで刊行されている。

    アニメの発表媒体やキャスト、スタッフ情報などは続報を待とう。なお12月16日、17日に千葉・幕張メッセで開催される
    「ジャンプフェスタ2018」の1日目には、本作のステージイベントが行われる。

    【【アニメ化】少年ジャンプのお色気ラブコメ「ゆらぎ荘の幽奈さん」アニメ化 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/09/28(木) 19:28:42.52 ID:CAP_USER9
    桂正和の伝説的コミック『I”s』実写化へ 瀬戸一貴役は『ひよっこ』出演中の岡山天音
    「今、彼は昔の濱田岳さんがいたポジションにスッポリはまってる感じですね。とにかく芝居の評判がよく、主役の邪魔をしないともっぱらです。スタッフだけでなく出演者からの評判も上々なので、今後も仕事に困ることはなさそうですよ」(ドラマスタッフ)

    朝のNHK連続テレビ小説『ひよっこ』に出演中の岡山天音。

    「09年にNHKの『中学生日記 シリーズ・転校生(1)~少年は天の音を聴く~』でデビューして以来、主演こそありませんが、たくさんの映画やドラマに出演してきました。そこで培われた演技力で、今では主演より忙しいと言われるくらい各方面から引っ張りだこになっています」(芸能事務所関係者)

    そんな岡山がデビュー作以来の主演作品を射止め、今月末から撮影に入るという。

    「その作品が、あの『週刊少年ジャンプ』(集英社)で絶大な人気を誇った桂正和先生の『I”s(アイズ)』なんです。岡山さんは主演で瀬戸一貴を演じます。放送はBSスカパー!なのですが、話題になることは必至です。撮影は9月末から12月と長期で、放送は来年を予定しています。主演の岡山さん以外はまだ決まってないところも多いのですが、ヒロインは原作でも際どいシーンが多かっただけに、グラビア系の人が務めるんじゃないでしょうか。とにかく、ここで結果を残せば地上波でも主演というのが見えてくるかもしれません。それこそ、濱田岳さんのようにCMにも多く出る可能性もあります。ただ、原作が相当な人気作品なだけにこれでコケると変なイメージがついてしまうかもしれませんね」(広告代理店関係者)

    ひとまず、『I”s』の仕上がりが楽しみだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13672740/

    【【朗報】桂正和先生の名作「I”s」が実写化wwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/09/18(月) 15:13:39.16 _USER9
    2017年9月16日

     マンガ「珍遊記 -太郎とゆかいな仲間たち-」「地獄甲子園」などで知られる漫☆画太郎さんの新連載「珍(チン)ピース」が、16日発売のマンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)42号に掲載された。
    漫☆画太郎さんのマンガが、同誌に掲載されるのは約22年ぶりとなったものの、わずか3ページでの打ち切りとなった。

     3ページで打ち切りとなるのは、同誌史上“最速”記録といい、「編集部の手違いで、漫☆画太郎先生のボツ原稿が一部掲載されてしまいました。読者の皆さまにおわび申し上げます。
    『珍ピース』はここで打ち切りとさせていただきます。漫☆画太郎先生の次回作にご期待ください」という謝罪文が掲載された。また、
    マンガアプリ「少年ジャンプ+(プラス)」で25日から漫☆画太郎さんの新連載(タイトル未定)がスタートすることも発表された。同アプリでは漫☆画太郎さんの読み切りマンガも配信する。

     打ち切りとなった「珍ピース」は、「富・名声・力。かつてこの世の全てを手に入れた男 海賊王ゴールド・ロジャー」などという書き出しで、麦わら帽子のキャラクターが登場するなど同誌の人気作をほうふつさせる内容だった。
    no title


    https://mainichi.jp/articles/20170915/dyo/00m/200/019000c

    【史上最速3ページで打ち切りwwww漫☆画太郎、22年ぶり「ジャンプ」復帰】の続きを読む

    このページのトップヘ