タグ:ジャニオタ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2018/04/16(月) 16:38:53.84 ID:kfxCOwky0

    【ジャニオタ 「本当に無理です・・・」渋谷すばる引退に号泣 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/12/05(火) 20:20:27.50 ID:CAP_USER9
    女優の宮沢りえさん(44)が2017年12月5日までにインスタグラムのアカウントを削除しており、ネット上で悲しみの声が広がっている。

     宮沢さんはこの1年ほど「V6」森田剛さんとの「熱愛」を報じられており、これに反発する森田さんのファンが彼女のインスタに殺到していた。
    「不快な思いをさせてしまった方達、ごめんなさい」。宮沢さんは11月30日、最後にこんな長文の投稿を残した。

    ■今まで見て下さった皆様、ありがとう

    宮沢さんは11月30日、花の写真とともに「このインスタを始めてどのくらいだったのかな。普段、ファンの方と触れ合う機会が少ない私なので、こういう場を通して共有できる何かがあれば良いな。。と思って…」とインスタを更新した。
    その上で、インスタを始めた当初の思いを

      「私は美しい言葉が好きです。美しい言葉に触れると幸せな気持ちになるし、心が前向きになれるから。私がインスタを初めたきっかけは、そういう想いでした」(原文ママ)

    と明かした。

    宮沢さんは続けて、

      「今まで見て下さった皆様、ありがとう。みなさんのコメントに励まされたり微笑んだり楽しい時間でした。そしてその逆に不快な思いをさせてしまった方達、ごめんなさいね…そんな皆さんの言葉からも学ぶべきものがありました。人には様々なも想いや言葉や感情が溢れていることを改めて知ることが出来ました。感謝です」(原文ママ)

    と投稿。

      「私はこれからも、演じるという事を通して希望も絶望も表現できる役者を目指して、頑張ろうと想います。求めてくださる方がいたら、劇場で待っています…そこで心から分かち合うことが、私には1番合っているような気がします…今日も笑顔で過ごせますように…今まで本当に本当にありがとう」

    と締めくくった。

    宮沢さんはその後、12月5日現在までにアカウントを削除している。

    「大人気ないと思う」「剛くんファンじゃない」
    宮沢さんがこうしてインスタをやめたきっかけは、「V6」の森田さんのファンがコメント欄で批判の声を上げたからではないか、との臆測が広まっている。

    宮沢さんと森田さんは2016年10月の「週刊新潮」で熱愛を報じられた。
    一部週刊誌はその後も沖縄旅行や舞台観劇のデートを報じ、2017年末に結婚するとの観測まで打ち出した。

    一方でネット上には、宮沢さんが11月下旬に森田さんが主演する舞台「すべての四月のために」を娘と観劇していた様子を目撃した、との書き込みが流れた。
    これが森田さんのファンを激怒させ、宮沢さんのインスタに誹謗中傷の書き込みが集まったとみられる。

    ツイッターなどネット上では、ファンならこうした行動を慎むべきだとして、

      「宮沢りえさんのインスタに舞台行ったからって嫌なコメントするのは大人気ないと思う」
      「宮沢りえさんのインスタに誹謗中傷のコメントを書き込んだV6ファンがいるようですが、同じファンとしてとても悲しいです」
      「宮沢りえさんのインスタに、愚痴書く剛くんファンは剛くんファンじゃないあそこまで言う必要ないやろ最低」

    との意見が多数上がっている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171205-00000005-jct-ent

    宮沢りえさん
    http://amd.c.yimg.jp/amd/20171205-00000005-jct-000-3-view.jpg
    no title
     

    【【ジャニオタ】嫉妬に狂ったジャニオタ達、宮沢りえのインスタグラムに突撃しまくり→宮沢りえの大人の対応がこちらwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/11/18(土) 08:51:31.33 ID:CAP_USER9
    11月16日に「第68回NHK紅白歌合戦」の出場歌手46組が発表された。ジャニーズ勢からは“ヘイジャン”ことHey!Say!JUMPが初出場を果たした一方で、
    KinKi KidsとV6は落選。そのためジャニーズ勢は6組が出場した前回から、5組へと減ることとなった。

    ただKinKi Kidsはもともと、大晦日と元日に京セラドーム大阪でのライブ開催が決まっており、地元の関西を優先した形だ。
    そのため実質的な“落選”はV6だけとなっており、この状況にジャニーズファンの間では大論争が発生しているという。

    「今回の紅白は『ジャニーズ祭り』になるとの噂すらあったのに、フタを開けてみたら出場組数が減っていたことにファンは衝撃を受けています。
    そのため『嵐を司会者にゴリ押ししたためにV6が外された!』との不満が巻き起こっているのです。
    また、V6が外されてヘイジャンが入ったという状況については、両グループのファン同士がネット上で言い争いになる場面もありました」(芸能ライター)

    そのV6とヘイジャンの音楽活動を比較すると、「V6 LIVE TOUR 2017」が横浜アリーナや大阪城ホールなどを巡るアリーナツアーだったのに対し、
    「Hey!Say!JUMP DOME TOUR 2017-2018」は大阪ドーム、ナゴヤドーム、東京ドームで計8公演を開催。
    集客力ではヘイジャンが上回っており、紅白選出も順当と言えそうだ。

    「ただV6は今年、3年ぶりにシングルを2枚リリースし、2年ぶりのツアーを行なうなど音楽活動にも精力的に取り組んできました。
    それゆえ今回の落選の矛先をヘイジャンに向けるV6ファンもいるのでしょう」(前出・芸能ライター)

    今後もジャニーズの内部競争は激化するのか。ただでさえSMAP解散の余波でごたごたするなか、新たな火種を抱え込むことにならなければいいが。
    1

    http://dailynewsonline.jp/article/1376892/
    2017.11.17 18:14 アサジョ

    【【ジャニオタ】紅白歌合戦にKinKi KidsとV6が落選した事でジャニオタ内で内紛が起きるwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/11/19(日) 15:16:44.88 ID:CAP_USER9
    Kis-My-Ft2玉森裕太(27)が、11月16日にジャニーズ公式携帯サイト「Johnny’s web」の個人連載「まいにちたまもりゆうた」を更新。
    その内容がファンの間で大きな話題になっている。

    玉森は冒頭から「俺は靴を踏まれるのがすごく嫌いです 綺麗な靴であり続けたいから」と、意味深な文章を投稿。
    続けて「て言うより 踏んでしまう程の距離になぜちかづいてくるのって感じかな」とつづっており、実際、誰かに靴を踏まれ、不快な思いをしたことを示唆している。

    実は「まいにちたまもりゆうた」が更新される前日の15日、Kis-My-Ft2は大型音楽番組『ベストヒット歌謡祭2017』(日本テレビ系)に出演するため、大阪・フェスティバルホールにいた。
    同日には、『ベストヒット歌謡祭』の出演者が新大阪駅を利用していたようだが、ファンが“出待ち”目的で殺到する事態に。
    この日はジャニーズアイドルの他にも、ダンス&ヴォーカルグループ・三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEなどが出演したため、駅が大混乱になる様子がネット上で話題になっていた。

    玉森はおそらく、この時の大混乱に巻き込まれ、ファンに靴を踏まれてしまったようだ。「昨日 行き帰りも たくさんの方に踏まれながら歩いてました。 
    正直いろいろと 辛かったですわ」と気持ちをつづり、「気をつけて じゃなくて やめて欲しいかな。 そして危ないからね」と、出待ちをしていたファンへ注意を促している。

    このように、ジャニーズアイドル自ら「Johnny’s web」等を通じ、ファンへ注意喚起をすることが増えている。
    最近だと、Hey!Say!JUMP八乙女光がグループ連載「JUMPaper」にて、「他のメンバーを追いかけて僕に強く身体が当たったりするのは全然いいの。
    でも関係のない人に危害を加えてしまうと、そのうちに、ジャンプのライブの移動は危ないからって警告を受けて、まだまだ行きたい場所も行けなくなると思うの」と、今
    後の活動に支障が出る可能性にまで言及し、ファンへ出待ちをやめるよう訴えていた。

    八乙女がこのような文章をつづるのはこれが初めてではなく、2009年にも「正しいレールの上にいた方が楽しいことが沢山ある」などと、出待ちをするファンに対して苦言を呈していたことがある。
    しかし、玉森が担当している連載「まいにちたまもりゆうた」は、日常のちょっとした何気ないことをつづる内容が中心。
    「眠いので今日は早く寝たいな」「寒いね! 鍋でも食べたい気分」など、“ゆるさ”がファンから好評を得ていた。

    そのため、今回玉森が「正直いろいろと 辛かったですわ」「気をつけて じゃなくて やめて欲しい」などハッキリとした物言いで思いをつづったことに、ファンは驚きを隠せないよう。
    ネット上では「いつも温厚な玉ちゃんが、すごく怒ってるのが伝わる……」「『まいたま』を読んでこんな悲しい気持ちになる日がくるなんて……大好きな人にこんなことを書かせてしまったことがショックでならない」
    「玉ちゃんがあんなにハッキリとした文章で書くなんて、相当イヤだったんだね。二度とこんな『まいたま』書かせないようにしないと」と、衝撃を受けるファンが続出している。

    気持ちを率直に、包み隠さずつづった玉森。この思いが少しでも多くのファンに届き、彼らを悩ませる迷惑行為がなくなることを願いたい。
    1

    http://dailynewsonline.jp/article/1377271/
    2017.11.19 09:00 デイリーニュースオンライン

    【【芸能】ジャニーズアイドル、ファンの迷惑行為に苦言「正直いろいろと辛かったですわ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/09/27(水) 20:21:43.62 ID:CAP_USER9
    「私も昔はアイドルに夢中になっていたので気持ちはよくわかるんです。でも、今の若いコたちって、あまりにも周りを見ていないというか、自分さえよければいいのかな、って思ってしまいます……」

     横浜市港北区内に長年住む60代の女性は、すぐそばの横浜アリーナを見上げて嘆いた。9月15日から18日までの4日間、この一帯は無法地帯と化していたという。

     今年で10周年を迎えたジャニーズグループ、Hey! Say! JUMPは次世代を担うアイドルとして期待されている。それゆえに彼らを応援するファンも10代の女性が多数を占めている。

    「もちろん全員がそうではありませんが、コンサート会場内外での一部ファンのマナーが問題視されてきました。そして先日、彼女たちを名指ししたものではないでしょうが、ジャニーズの公式HPで“警告”されたのです」(アイドル誌編集者)

     各所でファンによる問題が起きるたびに注意喚起をしてきたジャニーズ事務所。それでも改善されないマナーに9月13日、《コンサートの開催中止勧告を受けることや、タレントが公共交通機関を利用できなくなる等の最悪のケースも考えられます》と、コンサートができなくなる可能性も示したのだった。

     にもかかわらず、2日後にスタートしたJUMPの横浜アリーナ公演で、またも彼女たちが“やらかした”。

    「(建ったのは)マンションが後だし、コンサートの音は承知で住んでいますよ。でも、外で騒ぐ女の子の声って、高い建物に響いて大きく聞こえるんです。それが昼夜ずっと。ほかの歌手のときはこんなことってないんですよ」(近隣マンションに住む女性)

     確かにコンサート当日は、入場者だけでなく、チケットを持たずに“音漏れ”を聴くファンまでもが会場を取り囲んでいた。特に正面入り口から外周を左手に回った、関係者出入り口に面した裏通りは行き場もないほどに。この付近に立ち並ぶマンション住人にとって、やはりファンの“騒音”は問題となっていた。

     また、近くには保育園や老人介護施設などがあり、子どもたちや高齢者も散歩の際に利用するのだろう。腰をかけられる憩いの広場もあるのだが、

    「それぞれのグループが陣取って応援なのか、声援を送る練習をしては甲高い声で笑いながらみんなして“ヤバい、めっちゃ、ヤバい”って。歩きスマホでうろうろしたり、平気でゴミをその場に捨てて行ったり、怖くて外に子どもを連れていけませんでしたね」(近隣に住む女性

    つづく
    1

    9/27(水) 4:00配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170927-00010682-jprime-ent&p=1

    2: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/09/27(水) 20:21:54.47 ID:CAP_USER9
    あまりのひどさに警察に通報

     さらに住民を困らせたのが、交通ルールの無視だという。

    「道路を好き勝手に行き来するものだから、車のクラクションが絶えず響いていました。ほかにも路肩に座り込んだり、路上で電話していたり。ちょっと注意しようものなら、うざそうな表情を浮かべてどくんですけど、すぐに違う子が座り込む。正直いって今まででいちばんマナーがひどかったです」(近隣の飲食店店員)

     そしてジャニーズも注意していた“出待ち”行為は、住民にとっても大迷惑な話。JUMPメンバーは裏通りを使って会場を出るのだが、ひと目見ようとファンが関係者口前を占拠していた。

    「それらしい車が出るたびに“ギャー”って、一斉に道路を走って何度も大移動ですよ。あまりのひどさに誰かが通報したんでしょう。何度か警察が来て“道を開けてください”と指導しても、すぐ群がっての繰り返し。もう(ジャニーズは横アリに)来てほしくないね」(近隣に住む男性)

     公演が開催された4日間、近隣住民からいかほどの苦情やクレームが寄せられたのか。港北警察署に確認すると、

    「コンサートに関しての特定はできませんが、駐車などの交通問題に関して寄せられていることは確かです。関連性に不透明なものもあるので具体的な件数は控えますが、“車や人が通りにくい”などの苦情が寄せられています。(実際に現場に出動、指導は)行っています」

     この日、正式にテロ対策として正面入場口の警戒にあたっていた警察官だが、通報によって裏通りなどの巡回も余儀なくされたようだ。

     会場を運営する株式会社横浜アリーナにも話を聞くと、

    「“人が多すぎて何とかしてくれ”という連絡があり主催側に連絡しまして(主催提携の)警備が対応しています」

     一向におさまらぬ出待ちに窮した警備スタッフからは、こんな警告がなされていた。

    「このままでは今後、横浜アリーナでのコンサートはできなくなってしまいます。ほかのグループにも影響します」

     ジャニーズがいう《開催中止勧告》も、あながち大げさなことではなさそうだ。

     10月にはV6の公演を控えている横浜アリーナ。無事に開催されるのだろうか。

    【【ジャニオタ大暴れ】Hey!Say!JUMPファンのマナーが酷すぎて警察に通報!住民に迷惑をかけてもどこ吹く風】の続きを読む

    このページのトップヘ