タグ:サッカー

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/12/08(金) 06:18:21.11 ID:CAP_USER9
    フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』は7日、2017年のバロンドールを発表。レアル・マドリードに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが2年連続で選出された。

     クリスティアーノ・ロナウドは今年度のFIFA最優秀選手賞も獲得しており、バルセロナ所属のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシらのライバルをおさえて二冠を達成。FIFAバロンドール時代も含め、通算5度目のバロンドール獲得となったクリスティアーノ・ロナウドは受賞回数でメッシに並び、歴代最多タイとなった。

     クリスティアーノ・ロナウドがエースとして君臨するレアル・マドリードは2016年末にFIFAクラブワールドカップを獲得すると、2016-17シーズンはリーガ・エスパニョーラを制覇。チャンピオンズリーグでは連覇を達成した。今シーズンに入ってからも夏に行われたスーペルコパとUEFAスーパーカップを制し、レアル・マドリードに2017年、多くのトロフィーをもたらしている。また、国の戦いにおいてもポルトガル代表の主将として2018年のロシア・ワールドカップ出場権を予選首位通過で獲得した。

     “世界一”の選手に贈られるバロンドールは1956年に創設された。2010年から、FIFA(国際サッカー連盟)とのパートナーシップにより、名称を“FIFAバロンドール”(年間最優秀選手賞)と改めたが、契約満了に伴い、昨年からルールを改正。候補者は30名(旧制度では23名)で、最終候補者の発表は廃止され、受賞者、最終順位は年末に発表。投票はジャーナリストのみによって行われ、授賞式は2018年はじめに実施される予定。

     以下、最終候補者30選手の順位。(同順位あり。カッコ内は現在の所属クラブ)

    第01位 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)
    第02位 リオネル・メッシ(バルセロナ)
    第03位 ネイマール(パリ・サンジェルマン)
    第04位 ジャンルイジ・ブッフォン(ユヴェントス)
    第05位 ルカ・モドリッチ(レアル・マドリード)
    第06位 セルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)
    第07位 キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)
    第08位 エンゴロ・カンテ(チェルシー)
    第09位 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
    第10位 ハリー・ケイン(トッテナム)
    第11位 エディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)
    第12位 イスコ(レアル・マドリード)
    第13位 ルイス・スアレス(バルセロナ)
    第14位 ケヴィン・デ・ブライネ(マンチェスター・C)
    第15位 パウロ・ディバラ(ユヴェントス)
    第16位 マルセロ(レアル・マドリード)
    第17位 トニ・クロース(レアル・マドリード)
    第18位 アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリード)
    第19位 エデン・アザール(チェルシー)
    第20位 ダビド・デ・ヘア(マンチェスター・U)
    第21位 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
    第21位 レオナルド・ボヌッチ(ミラン)
    第23位 サディオ・マネ(リヴァプール)
    第24位 ラダメル・ファルカオ(モナコ)
    第25位 カリム・ベンゼマ(レアル・マドリード)
    第26位 ヤン・オブラク(アトレティコ・マドリード)
    第27位 マッツ・フンメルス(バイエルン)
    第28位 エディン・ジェコ(ローマ)
    第29位 フィリペ・コウチーニョ(リヴァプール)
    第29位 ドリース・メルテンス(ナポリ)

    12/8(金) 4:03配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171208-00681097-soccerk-socc

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20171208-00681097-soccerk-000-4-view.jpg
    no title

    【【サッカー】C・ロナウド、2年連続5度目のバロンドール獲得! 通算受賞数でメッシと並び歴代最多】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/12/07(木) 23:10:47.18 ID:CAP_USER9
     DAZNと10年間の放映権で2100億円という大型契約を結んだJリーグ。各クラブへの固定配分金の他に“理念強化配分金”としてJ1の
    上位(1位~4位)までに配分金が支給されることになった。1位(優勝)には15億5000万円が3年間に分けて支給され、2位は7億円、3位
    が3億5000万円、4位には1億8000万円となっている。

     つまり悲願のJ1初優勝を果たした川崎が3億円の優勝賞金、3億5000万円の固定配分金に加えて理念強化配分金の15億5000万円を
    支給される権利を得るので、合計で22億円となる。ちなみにリーグ2位の鹿島は賞金1億2000万円に固定配分金3億5000万円と理念強
    化配分金の7億円が加算されて11億7000万円。優勝と2位で、約2倍の差がつくわけだ。

     3位のセレッソ大阪が賞金6000万円、固定配分金3億5000万円、理念強化配分金3億5000万円、ルヴァン杯の優勝賞金1億5000万円
    で合わせて9億1000万円、4位の柏レイソルは理念強化配分金1億8000万円と固定配分金で5億3000万円となる。優勝と4位では4倍の
    差となる。無論5位以下との差は例示する必要も無いだろう。

     “理念強化配分金”と銘打っている以上、支給されたお金は審査のもとに、クラブの成長のために使われることが義務付けられる。使
    い道は必ずしも補強費である必要はない。優勝クラブに22億円が入ったら、そのまま大物外国人選手などの獲得に使われるとは限ら
    ないのだ。クラブの施設拡充に使われることもあれば、育成年代の強化や普及に投じられるケースもあり、クラブ周りの振興に役立て
    られても問題ない。ただ、それら全てはクラブが成長するための糧となり、使い方を誤りさえしなければ、雪だるま式にクラブが大きくな
    っていくわけだ。

    1

    AERA:
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171207-00000058-sasahi-socc

    【【サッカー】Jリーグ優勝チームに15億円!! 激化するクラブ間競争】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/12/08(金) 06:05:23.27 ID:CAP_USER9
    日本代表から外れている本田圭佑(31=パチューカ)ら“ビッグ3”が来年の日本代表公式カレンダーの表紙からも外れていることが7日、分かった。

    本田に加え香川真司(28=ドルトムント)岡崎慎司(31=レスター)が“メンバー外”

     代表の顔であり続けた3人が、W杯イヤーのカレンダーから姿を消した。

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20171208-00071929-nksports-000-3-view.jpg
    no title


    12/8(金) 5:01配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171208-00071929-nksports-socc

    【【サッカー】本田、香川、岡崎が公式カレンダー表紙から姿消えた日】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/12/06(水) 21:28:30.83 ID:CAP_USER9
    川崎フロンターレに所属する元日本代表FW森本貴幸について、イタリアのサッカー情報サイト『Catanista』が4日、特集記事を組んだ。

     カターニアでプレー経験のある森本について、地元サイトは「エトナ山からカワサキへ…“タカ”ことロサズーロ(赤青の意でカターニアの愛称)の
    サムライが日本王者に」と綴り、現在所属する川崎がJ1初優勝を飾ったことを伝えた。

     ■シチリアから川崎優勝を祝福

     「“マレモート(津波)”とも呼ばれ、セリエAデビューのアタランタ戦で得点をマークした彼が戻ってきた」と日本から届いた朗報を喜んだ。
    以前、川崎の企画でカブトムシを育てていたことで、イタリアから注目を集めており、「しかしカブトムシを育てていたのでは?」と紹介されている。
    「29歳となった今、スピードはやや劣るものの、昔と変わらぬ夢を追いかけていた。土曜日は川崎フロンターレの一員として日本のトップリーグである
    Jリーグで優勝を決め、格別の喜びを味わった」と続けた。
    1

    http://www.sanspo.com/soccer/news/20171206/jle17120619350016-n1.html

    【【サッカー】過去にカブトムシいじりされていた森本貴幸、イタリアのサッカー情報サイトで紹介される】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/12/05(火) 22:42:45.94 ID:CAP_USER9
    <W杯サッカー>F組にスウェーデン・メキシコ「韓国は1勝のいけにえ」
    2017年12月05日17時38分

    2018ロシアワールドカップ(W杯)の組分け抽選結果、韓国はドイツ・スウェーデン・メキシコとともにF組に入ることになった。ディフェンディングチャンピオンのドイツはもちろん、他の国家も韓国と一組になった結果を喜ぶ雰囲気だ。サッカーファンや専門家たちはF組の1位として2014ブラジルW杯のチャンピオンであるドイツを予測した。

    特に、スウェーデンとメキシコは韓国を「1勝のいけにえ」にあげた。来年6月18日、韓国と初競技を行うスウェーデン現地メディアは「初相手がドイツでない韓国というのは幸運」という代表チームのキャプテン、グランクヴィストの発言を紹介して「韓国はW杯の初競技で勝利を収められる相手」と評価した。

    韓国と23日、第2戦を行うメキシコのあるメディアも「韓国は20年前に大きい喜びを抱かせたチーム」としながら「韓国を相手にした甘い記憶」とし、“蛙ジャンプ”映像を見せた。この映像はメキシコが1998年、フランスW杯で韓国に3対1で勝利した競技でクアウテモク・ブランコという選手が球を両足に挟んで韓国の守備選手の足を跳び越える場面だった。

    27日、組別リーグ最後の相手であるドイツのあるメディアは韓国チームよりは監督を比較した。このメディアは申台龍(シン・テヨン)監督と自国のヨアヒム・レーヴ監督を比較して「2人はヘアスタイルやファッションスタイルは似ているが、2人のキャリアは似ていない」とし「大きな成果を上げたレーヴ監督とは異なり、申台龍監督は経験が足りない」と書いた。
    1

    http://japanese.joins.com/article/183/236183.html?servcode=600&sectcode=640

    【【サッカー】W杯、スウェーデン・メキシコ代表「韓国戦は楽」  】の続きを読む

    このページのトップヘ