タグ:アニメ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/10/18(水) 20:35:49.00 _USER
    livedoorNews:http://news.livedoor.com/article/detail/13763131/

    http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/8/4/84e0b_760_2099115_20171017_165000_size640wh_7249.jpg
    no title

    アニメ界を創世記から支えてきたアニメーション映画監督・富野由悠季。
    日本を代表するアニメ作品『機動戦士ガンダム』の原作者としても知られる富野氏を直撃取材。
    『ガンダム』が世界に誇る作品に育った理由や、その著作権の行方など、知られざるエピソードを聞いた。

    【写真】 ユニコーンガンダム立像、台場に立つ
    http://www.oricon.co.jp/news/2097723/photo/1/?anc=193


    ■自分自身が“生き延びるため”、オリジナルを手に入れるしかなかった
    アニメ業界に入った当時を「TVアニメの仕事というのは社会で最底辺といってもよい仕事でした」と振り返る富野氏。
    フリーになって青色申告をする際、5、6万円の経費を認めてもらうのに一苦労するほどだったとのこと。
    「僕は30歳を過ぎて子供がふたりいましたが、40、50の年齢を超えていけるのか、果たして60歳に辿り着けるのか不安でした。
    当時は出来高払いの仕事で、このままだと地獄だというのは目に見えていました」。
    そんな時、高畑勲、宮崎駿といった質の違う人と出会えて、こんな人もいるのか!? と衝撃を覚えたと述懐する。

    「高畑さんは東京大学出身でアニメの仕事をやっていて、当時の環境からしたら本気? と思いました。
    しかも、東大を出ている人がムキなって僕に『アルプスの少女ハイジ』の話をするわけです(笑)」。
    それを見た時、職業としてアニメの仕事をやってもいいのかな、と思えたと同氏。

    その頃、富野氏はいろんな現場の仕事をしていて、自分の居場所もなかった。
    そんな時、日本サンライズという会社に虫プロから独立した人たちが集まってきており、「結局こういう場所でやるしかないだろう」と日本サンライズで働くことに。
    当時、日本サンライズは新興会社のため、世界名作劇場のような割のいい仕事はとれない。
    富野氏は「だから巨大ロボットものでやっていくしかありませんでした。
    それで、ロボットものの仕事をしながら、自分はこのまま50、60歳までやれるのか…。
    だったら、自分のオリジナルアニメを手にいれるしかない!」と考えたようだ。

    2: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/10/18(水) 20:36:39.53 _USER
    >>1

    ■『ガンダム』は自分が“生き延びるために仕掛けた”
    サンライズで実績を積み重ねた富野氏は、『無敵超人ザンボット3』『無敵鋼人ダイターン3』『機動戦士ガンダム』の監督を歴任。
    名実ともに日本を代表するアニメ監督となった。

    「当時は著作権もあいまいな時代でしたので、3本目の『ガンダム』の時に著作権をちゃんと自分で取れるようにとストーリーを描き、映画化も視野に入れて作りました。
    スポンサーを騙しながら、そういう仕掛けをつくっていったわけです(笑)」。
    つまり、『ガンダム』は自分が“生き延びるために仕掛けた”のであり、命拾いさせてもらった作品だと強調する。

    そして、富野氏が産み出した『ガンダム』が、40年近くに渡って支持されている。
    しかし、富野氏はその点についてあくまで冷静に分析する。

    「人気がここまで継続したことを考えれば、僕自身の“命拾い”というだけの生易しいものではありませんでした。
    実を言うと、僕ひとりが発案して『ガンダム』が成功したわけではない。
    キャラクターデザインの安彦(良和)君、メカニカルデザインの大河原(邦男)君がいたから、でもないんです。
    どういうことかというと、著作権があり、映像化権があり、商品化権があり、それぞれの権利を獲得し、それを分け合うためのシステムをどう作っていったか。
    そして、それを会社という組織でみんなが意識したから今のガンダムがあるんです」。
    この総体的な動きについては、10年くらいたって気づいたのだという。


    ■ガンダムの原作者・富野氏は著作権を譲渡した? その顛末とは
    富野氏はガンダムの著作権をサンライズに譲渡している。
    その点について富野氏は「“まる買い”だったために腹立たしい気分もありました」と、当時の複雑な胸中を明かしてくれた。
    一方で、だからこそサンライズは作品を作り続けてこられたと振り返る。

    「もし、ガンダムの著作権を僕ひとりで管理していたら、マーケットは今みたいに広がっていないと思います。
    そう考えると、“ガンダム”は長生きしたと思っています。
    その点、日本におけるアニメコンテンツの著作権管理の仕方も『ガンダム』が開拓していった部分はある」。
    つまり、結果的に富野氏も生かされ、ガンダム周辺の企業全体も生かされたのだと語った。


    ■ベストセラー作家というもうひとつの顔。
    そこに秘められた意味
    富野氏は、アニメ監督のほかに小説家としての顔も持つ。
    その点について「僕はノベライズもやっているんですが、その理由のひとつとして、“有名になりたかった“からです」と回答。
    ただし、この場合の有名というのは、アニメだけでなく、ほかの部分に固有名詞を残すということ。
    この意識を持っていないと、TV局、スポンサーや代理店という枠の中にハマってしまって、いち演出家、いち原作者になって埋もれてしまうのだと語る。
    富野氏にとって、それがノベライズを書く理由のひとつであり、自分の名前を確立させるための方法でもあるのだと説明してくれた。

    けれど、小説家としての活動の中で、自分に作家としての才能はなくて、あくまで請負仕事の職人だということも思い知ったのだと富野氏は言う。
    結局は“現場のたたき上げ”の人間でしかないのだと。
    「ただ、サンライズという小さな町場のプロダクションから出発して、巨大ロボットもので75歳まで生きながらえたということだけは、まあ富野さんがんばったよね、と褒めてほしいですね(笑)」(富野氏)

    関連サイト
    【インタビュー】富野由悠季が感じた手塚治虫・宮崎駿の凄み
    http://www.oricon.co.jp/special/50344/?anc=193

    【【コラム】「"ガンダム"は何故世界に誇る作品に育ったか?」 生みの親・富野由悠季氏が語る】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/10/22(日) 01:02:00.859
    十二対戦のラプチャー

    1

    【【アニメ】今期アニメの神OP第一位wwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/10/17(火) 20:57:19.20 _USER
    ニュース2017.10.17 Tue 18:16
    10月17日、Twitterでは「手乗りタイガー」や「プレパレード」など、2008年~2009年にかけて放送された大ヒットアニメ『とらドラ!』に関するワードがまさかのトレンド入り。
    Twitterユーザーから「手乗りタイガー、とらドラ、プレパレードって今何年だよw」などの声が上がり、話題を呼んでいます。

    『とらドラ!』は、電撃文庫の同名ライトノベルを原作とするTVアニメ。「手乗りタイガー」とは小柄なヒロイン・逢坂大河を指すあだ名のことで、「プレパレード」は女性キャスト陣が歌ったオープニングテーマです。
    トレンド入りのきっかけは、25周年を迎えた「電撃」と人気ソーシャルゲーム『モンスターストライク(モンスト)』のコラボから。


    →「電撃25周年×モンストコラボ」あの人気キャラも登場!【フォトギャラリー】


    本コラボは10月17日より開始し、『ソードアート・オンライン』、『とある』シリーズ、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』、『魔法科高校の劣等生』、『灼眼のシャナ』、『デュラララ!!』など、「電撃」ブランドを代表する人気作のキャラクター達が、『モンスト』に登場。
    『とらドラ!』からは「校内最恐!手乗りタイガー」というイベントクエストでコラボを果たしており、当時観ていたファンから歓喜の声が上がり、トレンド入りを果たしたようです。

    2017年に突然『とらドラ!』関連のワードが浮上したことにより、それに反応して「どうせとらドラ!は関係ないんやろ思いながら開いたら本当にとらドラ!の話題だった」「手乗りタイガーがトレンド入るの嬉しすぎて泣きそう」という声も続出。

    また、実際にコラボイベントクエストに挑戦したユーザーからは「モンスト電撃コラボ大河のステージでプレパレード流れるん神すぎん?」といった反響も相次いでいます。
    『とらドラ!』という言葉に反応した人は、これを機に『モンスト』を始めてみてはいかがでしょうか?詳細は「電撃25周年×モンストコラボ」イベントページまで。
    1

    (C)竹宮ゆゆこ/アスキー・メディアワークス/「とらドラ!」製作委員会
    《仲瀬 コウタロウ》
    https://animeanime.jp/article/2017/10/17/35669.html

    【【ラノベ】約10年前の大ヒット作品『とらドラ!』がまさかのTwitterトレンド入り!! その理由がwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/10/13(金) 19:05:56.71 ID:CAP_USER9
     高森朝雄(梶原一騎)さん原作、ちばてつやさん画のマンガ「あしたのジョー」が原案のオリジナルアニメ「メガロボクス」が制作され、テレビアニメとして2018年春から放送されることが13日、明らかになった。18年に、「あしたのジョー」が連載開始50周年を迎えることを記念したプロジェクトの一環として制作され、八百長試合に身を沈めるボクサーが、運命にあらがうためにリングで戦う姿を描くオリジナルストーリーとなる。

     アニメは「進撃の巨人」などに参加してきた森山洋さんが監督、コンセプトデザインを担当し、「あしたのジョー2」や「ルパン三世」シリーズなどのトムス・エンタテインメントが制作する。映画「深夜食堂」などの小嶋健作さんがシリーズ構成、脚本を担当する。

     ちばさんは「『あしたのジョー』を愛してくださっているスタッフの皆さんが魂をこめて制作してくださっています。今の時代にふさわしい、全く新しい切り口の、でもどこかに普遍の核がある、骨の太い作品になるんじゃないかな、と、今から楽しみにしているんです」とコメントを寄せている。

     また、森山監督は「好きな物語の主人公はいつも憧れでできていました。決して交わることのない、自分とは別の世界に生きる彼らの考えや行動を理解したくてたまらなくなる。共感よりももっと強烈に心揺さぶられるものが憧れなんだと思います。矢吹丈もそんな主人公の一人でした。『メガロボクス』の主人公にもその思いを込めました。自分勝手な人間たちが必死にあらがい、戦い、共に生きる。そんな人間たちの物語を最高のチームで作りました。“自分は今、何をしているか” そう考えたことのある人にはきっと届く作品になると思います」と話している。

     「あしたのジョー」は、マンガ誌「週刊少年マガジン」(講談社)1968年1月1日号で連載スタート。コミックスの累計発行部数は2000万部以上を誇り、これまでもアニメ化、実写映画化されてきた。身寄りのない矢吹丈がボクシングと出会い、やがて運命のライバル・力石徹と共に、プロボクシングで己の生命を燃焼させていく……というストーリー。

    ■スタッフ(敬称略)

     監督・コンセプトデザイン:森山洋▽シリーズ構成・脚本:真辺克彦、小嶋健作▽音楽:mabanua▽アニメーション制作:トムス・エンタテインメント▽制作:メガロボクスプロジェクト

    2017年10月13日
    http://mainichi.jp/articles/20171012/dyo/00m/200/039000c
    1

    メガロボクス
    https://cdn.mainichi.jp/vol1/2017/10/12/20171012dyo00m200038000p/7.jpg

    【【アニメ】<あしたのジョー>連載開始50周年記念オリジナルアニメ「メガロボクス」 18年春放送 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/10/13(金) 00:52:48.96 ID:CAP_USER9
    映画ナタリー:http://natalie.mu/eiga/news/252411

    http://cdn2.natalie.mu/media/eiga/1710/1013/extra/news_header_kawasaki_anime_201710_05.jpg
    no title

    国産アニメーションの誕生100年を記念した特集「スクリーンに蘇る!アニメーション傑作選」が、10月14日より神奈川・川崎市市民ミュージアムで行われる。

    この特集は12月3日まで川崎市市民ミュージアムで開催中の企画展「にっぽんアニメーションことはじめ ~『動く漫画』のパイオニアたち~」の関連イベント。
    現存する日本最古のアニメーション「なまくら刀」などの初期短編集をはじめ、手塚治虫にも影響を与えた日本初の長編アニメ「桃太郎 海の神兵」、宮崎駿が脚本などを手がけた「パンダコパンダ」シリーズといった10のプログラムが用意された。
    http://cdn2.natalie.mu/media/eiga/1710/1013/extra/news_xlarge_kawasaki_anime_201710_02.jpg
    no title


    さらに大林宣彦が監督を務めた「少年ケニヤ」、今敏による「千年女優」が上映されるほか、1980年代に公開された劇場アニメ「幻魔大戦」「カムイの剣」「銀河鉄道の夜」「紫式部 源氏物語」もラインナップに。
    また岡本忠成の「おこんじょうるり」、川本喜八郎による「道成寺」といったコマ撮りアニメーションのプログラムも。
    スケジュールの詳細は川崎市市民ミュージアムの公式サイトで確認してほしい。
    http://cdn2.natalie.mu/media/eiga/1710/1013/extra/news_xlarge_kawasaki_anime_201710_06.jpg
    no title


    ~企画展「にっぽんアニメーションことはじめ」連携上映~
    国産アニメーション100周年記念「スクリーンに蘇る!アニメーション傑作選」

    2017年10月14日(土)~11月26日(日)神奈川県 川崎市市民ミュージアム
    料金:一般 600円 / 大学・高校生、シニア 500円 / 中学・小学生 400円 ※未就学児、障害者手帳等の所有者とその介護者は無料
    <上映プログラム>
    1.「くもとちゅうりっぷ」「桃太郎 海の神兵」
    2.「パンダコパンダ」「パンダコパンダ 雨ふりサーカス」
    3.「幻魔大戦」
    4.「少年ケニヤ」
    5.「カムイの剣」
    6.「銀河鉄道の夜(1985年)」
    7.「紫式部 源氏物語」
    8.「千年女優」
    9.コマ撮りアニメーション短編集「岡本忠成と川本喜八郎」
    10.初期短編集「蘇ったアニメーション」

    http://cdn2.natalie.mu/media/eiga/1710/1013/extra/news_xlarge_kawasaki_anime_201710_11.jpg
    no title

    http://cdn2.natalie.mu/media/eiga/1710/1013/extra/news_xlarge_kawasaki_anime_201710_08.jpg
    no title

    http://cdn2.natalie.mu/media/eiga/1710/1013/extra/news_xlarge_kawasaki_anime_201710_04.jpg
    no title

    http://cdn2.natalie.mu/media/eiga/1710/1013/extra/news_xlarge_kawasaki_anime_201710_03.jpg
    no title

    http://cdn2.natalie.mu/media/eiga/1710/1013/extra/news_xlarge_kawasaki_anime_201710_01.jpg
    no title

    http://cdn2.natalie.mu/media/eiga/1710/1013/extra/news_xlarge_kawasaki_anime_201710_07.jpg
    no title

    http://cdn2.natalie.mu/media/eiga/1710/1013/extra/news_xlarge_kawasaki_anime_201710_10.jpg
    no title

    http://cdn2.natalie.mu/media/eiga/1710/1013/extra/news_xlarge_kawasaki_anime_201710_09.jpg
    no title

    【【アニメ】「千年女優」「桃太郎 海の神兵」「少年ケニヤ」「パンダコパンダ」等を上映、川崎市市民ミュージアムで『アニメーション傑作選』】の続きを読む

    このページのトップヘ