タグ:みやぞん

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/12/11(月) 00:41:44.44 ID:CAP_USER9
     アキラ100%、サンシャイン池崎、カズレーザーなど、今年に入り大躍進した男性芸人たちのなかでも、安定した人気ぶりだったのがANZEN漫才のみやぞん。『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)などで見せる“ド天然”ぶりながら、じつは運動神経が抜群。リーゼントヘアに困ったような笑顔がトレードマークとして世間に定着した。

    「ブレイクのきっかけは昨年、『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)内の『お笑いイミグレーション NEXT!』に出演したこと。もともとは歌ネタがウリだったのですが、あまりの“おバカっぷり”がとんねるずの目に留まり、番組の常連に。その後、『イッテQ!』にも抜擢され、司会のウッチャンから“マンガのような人生だな!”と目をかけられるなど、テレビ界のレジェンドたちから愛されたのが大きかった。変わらず好感度は抜群ですね」(記者)

     その人気ぶりを受け、今年のテレビ出演本数が370本にも上り、「日経トレンディ」(日経BP社)の「今年のヒット人」にも選ばれ、「ぶっちゃけ忙しいっちゃあ忙しいですね」とコメントしていたみやぞん。一方で性格面も「いい人」とされており、インターネット上では「ドッキリ企画に引っかかっても、逆にひっかけたほうを心配してくれる」「ファンでもなんでも一般人には神対応」などと絶賛する声が多い。しかし、同業者から聞こえてくる声はちょっと違ったものだ。

    「そうなんですかね。僕はあまり“いい人”という印象はないんですよね」とは、みやぞんと仕事をしたことのあるお笑いタレントだ。

    「確かに今、めちゃくちゃ忙しいということもあり、疲れているというのもあるのでしょうけど、先輩の僕が楽屋に入っても挨拶はしないし、ダルそうにちょっとうなずくだけ。収録が終わると、まずは椅子に座ってプカーっとタバコをふかしているところをよく見ます。また、天然がウリで優しい人みたいなイメージですが、実際はそんなことはないですよ。我が強い感じですし、ちょっとした先輩たちには愛想を振りまく感じではないですね。大物の前ではまた違うのかもしれませんが……。そのため、みやぞんのことをよく思っていない芸人さんも多いです」

     いじられキャラでありながら、じつは野球とキックボクシングで鍛えたコワモテでもある、みやぞん。ただの“いい人”だけでは、芸能界で生き残れないのかもしれない。
    (文=編集部)

    http://dailynewsonline.jp/article/1383906/

    【芸人のみやぞん、ガチでヤバイ奴だったことが判明wwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/10/09(月) 20:02:14.50 ID:CAP_USER9
    芸能界で“最もケンカが強い男”との呼び声が高い男といえば、古くは愚連隊の用心棒を務めていたといわれるタレントのジェリー藤尾(77)や、今年3月に亡くなった俳優の渡瀬恒彦、“凡ちゃん”ことタレントの大木凡人(72)。

    中年世代だと暴走族だった俳優の宇梶剛士(55)が有名で、数々の武勇伝が語り継がれている。しかし、そんな旧世代に負けないぐらい、新世代の芸能人にも腕っぷしが強い者は多いようだ。

     若い頃は「人をぶん殴ってばかりいた」と、自ら語っていたのは俳優の原田龍二(46)で、「ケンカは丸腰でしかやらない」「暴走族相手にも素手で応戦」「手に相手の歯が刺さっていた」など、数々の武勇伝が噂されている。

     実際に9月10日放送の『上沼・高田のクギズケ!』(読売テレビ)に出演したとき、「ケンカが強いってわけじゃないですけど、ケンカが好きな時期があって」と若い頃を振り返り、「弱い者イジメしている不良とかもいるじゃないですか。見ていられないんですよね。今でも出くわしたら絶対戦う」と、自身の喧嘩論を説明した。また、原田は剣道と空手の心得があるのだが、ケンカの極意は「根性ですね、ケンカってね」と、武道よりも根性だと明かしていた。

     裏番長と呼ばれていた過去があるのは、ANZEN漫才のみやぞん(32)だ。5月29日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演したとき、小学校5年から中学校3年までキックボクシングを習っていて、足立区のゲームセンターのパンチングマシーンのランキングにずっと1位で名前がのっていたと告白。中学時代は「ケンカをしたことがないのに裏番長と呼ばれていた」と明かしていた。

     また、他校の不良がケンカを売りにきたとき、みやぞんは給食当番のかっぽう着姿のまま校門に行き、「どうしたの?」「僕のこと知ってるの? 言って言って、俺なんかしたなら謝るから。いつ会った? 僕、親戚?」と話しかけたところ、不良たちは「コイツやばい」と、逃げていったというエピソードも披露した。

    ■塚本高史は一匹狼!

     10年来のつきあいであるバンド仲間に「ケンカが破壊的に強く格闘家並み」と明かされたのは、俳優の塚本高史(34)だ。これは、4月7日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に、塚本が出演したときのエピソードで、「6歳年上のバンドメンバーを過去に2回、泣くまでボコボコにしたことがある」と暴露されていた。

     塚本は少林寺拳法の心得があり、ダウンタウンの松本人志(54)に「格闘技を習っていない男相手なら、何人ぐらい?」と問われると、「まとめてですか? 3人ぐらいだったら怖くないですね」と余裕の表情で回答。これには松本も「俺、共演NGにしよ。超怖ぇよ」とビビっていた。また、ツルむのが嫌いな一匹狼タイプで、「一派みたいのあったりするじゃないですか。へぇ~と思います」と、同世代の役者同士の集まりには興味がないことを明かしていた。

    「過去の武勇伝を語る芸能人は多いんですが、それはあくまでも若い頃の話。暴力問題が発覚してしまうと、今は世間から大きな制裁を受けてしまいますから、拳は封印されているのでしょう」(芸能関係者)――暴力はダメ!

    2017年10月09日 18時00分 公開
    https://taishu.jp/detail/29752/

    写真
    https://img.taishu.jp/images/contents/52/29752/1507109709883699.jpg
    no title

    【みやぞんの喧嘩武勇伝が凄過ぎる件wwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/10/08(日) 10:33:34.92 ID:CAP_USER9
    お笑いコンビ・ANZEN漫才のみやぞん(32歳)が、モデルでタレントのローラ(27歳)と米ロサンゼルスで食事をしたという。

    これはみやぞんが10月7日、自身のInstagramで明かしたもの。みやぞんは「ロスでローラさんと食事 明るくて楽しくて最高に幸せでした パワー貰った」とコメントし、ツーショットなど3枚の写真を投稿した。

    これだけ見ると、みやぞんとローラがアメリカで食事デートか!?と思ってしまう人もいそうだが、ローラも同日にInstagramを更新。

    「きょうは、たまたまLAにきていた番組の仲良しのプロデューサーさんのサトディーが誘ってくれてご飯屋さんにいったら、みやゾンさんにあったよ~」と、関係者も含めたプライベートな食事会だったようで「彼は心から暖かくてやさしくて素敵な言葉を語ってくれてこんなに心が暖かい人がいるんだぁって感動したの」と、みやぞんの印象を語っている。

    みやぞんが投稿したツーショットに、ファンからは「意外とお似合いでは?」「似合ってる!!もしかしたら…」「ふたりともかわいすぎ!!」「この2人で食事とか絶対楽しい!いいなぁぁあ!!」「両方優しさがつたわってきてだいすき!」などの声が寄せられている。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13720056/
    2017年10月8日 9時26分 ナリナリドットコム

    no title

    【【画像】みやぞんとローラの2ショットが超お似合いで草wwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/10/07(土) 13:50:10.51 ID:CAP_USER9
    NMB48山本彩「40万円ギター購入」が音楽通に批判された原因はアノ芸人!?

    NMB48の山本彩が40万円のギターを購入! 9月30日放送の「にじいろジーン」(フジテレビ系)にて山本は、楽器街として知られる東京・御茶ノ水にて、自分へのご褒美として税込40万5000円のグレッチ「ホワイトファルコン」を購入した。

     その山本は10月4日にセカンドソロアルバムをリリースし、みずから7曲を書き下ろしているシンガーソングライターとしても活躍。今回のギターには3年前から目を付けていたそうで、これで念願がかなった形だ。ところがその購入シーンに一部から批判の声があがっているというのである。音楽ライターが語る。

    「グレッチがビートルズのジョージ・ハリスンなど数多くのスターに愛された歴史あるブランドということから、『アイドルがそんなギターを買うなんて身の丈に合ってない!』という声があがっているようです。もっとも山本はNMB48加入前にガールズバンドでギターを担当しており、ギター歴はすでに10年選手。人気バンド“Hi-STANDARD”の横山健からも『似合うから持っていたほうがいい』と勧められたほどで、彼女への批判は的外れですね」

     人気アイドルゆえの有名税的な批判は、山本にとっても迷惑なところだろう。そんな批判の中には40万円という価格を「高すぎる!」と非難する声もあるが、そんな声が出る陰にはあるギター芸人の存在があるというのだ。

    「ANZEN漫才のみやぞんもギターの使い手として知られていますが、彼が使っているモデルは3万円程度の低価格品なのです。どうやらギターに対するこだわりがないようなのですが、一部からは『テレビに出まくりのみやぞんが3万円のギターなのに、山本が40万円っておかしくないか?』という根拠のない批判があがっています」(前出・音楽ライター)

     ギターに対するこだわりは人それぞれ。みやぞんの3万円ギターを理由に、山本の40万円ギターを批判するのはお門違いに過ぎない。そんな的外れの批判には山本だけでなく、名前を出されたみやぞんも迷惑しているのではないだろうか。

    【【芸能】NMB48山本彩「40万円ギター購入」が音楽通に批判された原因はANZEN漫才のみやぞん!? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/09/29(金) 12:01:47.42 ID:CAP_USER9
    28日放送の「とんねるずのみなさんのおかげでした 2時間半SP」(フジテレビ系)で、ANZEN漫才のみやぞんが子どものころの極貧生活を明かした。

    番組では「みなさん30周年記念だもんで!パーティーの会場はみやぞんの新居」と題し、番組放送30周年を記念して、とんねるずの石橋貴明と木梨憲武、ずんの飯尾和樹が、みやぞんの新居におしかけてホームパーティーを開いた。

    途中からパーティーに参加したみやぞんの母・春奈さんも、とんねるずのふたりを祝った。

    話題がみやぞん親子のことになると、みやぞんは春奈さんに女手一つで育てられたと言い、今はなによりも親孝行を第一に考えているのだと語る。

    そんなみやぞんは、今では収入の一部を春奈さんに渡しているそう。

    一方、春奈さんは過去にダイヤの指輪をしていたそうだが、学生時代のみやぞんに野球のユニフォームなどを買うために、指輪を質に入れたことがあったという。

    みやぞんは「うち、貧乏すぎて、ガスも電気も止められちゃった」「そのときに、ライター1本で絵本を読んでもらいました」と明かす。

    春奈さんはライターの火をあかりにして、みやぞんに絵本の読み聞かせをしていたそうだが、みやぞんによると、当時は絵本も買えなかったため「お母さんの作った桃太郎の話」を聞かされていたという。

    みやぞんは「子どものころから、家買うってのが夢でした」と親孝行について話す。

    石橋が「みやぞん、家を買う(という企画ができる)」と振ると、みやぞんは「買います!」と即答していた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13678577/
    2017年9月29日 7時0分 トピックニュース

    no title

    【お笑い芸人「みやぞん」の極貧生活がヤバすぎるwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ