タグ:とんねるず

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/10/07(土) 13:27:14.82 ID:CAP_USER9
    9月28日に放送された『とんねるずのみなさんのおかげでした 30周年記念SP』(フジテレビ系)の中で、とんねるずの石橋貴明が演じた「保毛尾田保毛男」というキャラクターが物議を醸した。同性愛者に対する偏見を助長するものであるとして、視聴者やLGBT(性的少数者)の関連団体から批判の声があがり、フジテレビの宮内正喜社長が定例会見で謝罪する事態となった。

    「保毛尾田保毛男」は、30年続いたこの番組でかつて人気を博していたキャラクターである。30周年記念の特番ということで、昔からのファンを喜ばせるために過去の名物キャラクターを引っ張り出してきたところ、想定外の形で非難を浴びることになってしまった、というのが制作側の実情ではないかと思われる。

     当時の日本では、今ほどLGBTに対する世の中の理解が進んでいなかったため、このキャラクターが問題視されていなかったのだ。

     とんねるずは昔から毀誉褒貶の激しい芸人である。

     特定の層には熱狂的に支持されている一方で、忌み嫌う人も大勢いる。雑誌の「嫌いな芸人ランキング」では、「とんねるず」や「石橋貴明」が上位に入っていることが多い。

     その理由は、バラエティ番組に出ている彼らがやたらと偉そうで暴力的に見えるからだろう。若い頃のとんねるずは、一般人に罵声を浴びせたり、蹴りをいれたり、スタジオにあるテレビカメラを倒したりして好き放題に暴れ回っていた。今ではかなり落ち着いたとはいえ、基本的なスタンスはそれほど変わっていない。

     とんねるずがこのような芸風を確立したのには理由がある。彼らは高校生の頃から「面白い一般人」としてオーディション番組に出演していた。それがきっかけでスカウトされて芸能界入りを果たしたのだ。彼らがデビューした1980年には、多くの人にとって芸能界は憧れの場所だった。アイドル、歌手、俳優は一般人の手の届かないところにいる「スター」だと思われていた。

     また、お笑い界でも、芸人になるためには師匠に弟子入りをして下積みをしなければならなかった。お笑い養成所のようなものはまだ存在していなかったのだ。

     そんな時代にデビューしたとんねるずは、あえて自分たちが「素人」であることを堂々と打ち出していった。自分たちは「高卒」の低学歴であり、貧しい家庭に育ち、出身地は「成増」「祖師谷」という東京の郊外。特別な才能があるわけでもなければ、外見が整っているわけでもない。何も持たない自分たちがテレビの世界に殴り込みをかける、というのが彼らのコンセプトだった。

    つづく

    【保毛尾田保毛男事件で露わになるとんねるずのオワコンぶりwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/09/27(水) 05:35:50.57 ID:CAP_USER9
    2017.9.27 05:04

    超お宝!とんねるず“超異例”2ショットインタビュー タカさん「記憶にないくらい」

     お笑いコンビ、とんねるずが出演するフジテレビ系「とんねるずのみなさんのおかげでした」(木曜後9・0)が前身番組から数えて今秋で30年目に突入。石橋貴明(55)と木梨憲武(55)がサンケイスポーツの取材に応じた。
    2人でスポーツ紙のインタビューを受けることに石橋は「記憶にないくらい」と“超異例”をアピール。28日放送の30周年記念スペシャルを前に、2人が番組への愛着からお笑い界まで本音を語り尽くした!

     --フジのゴールデン帯では最長寿番組に

     石橋「『世界ふしぎ発見!』(TBS系で86年スタート)の方が長いと思う。俺はあんまり何周年とか意識したことはなくて…。知り合いが銀座や六本木のクラブの“周年”に行かなきゃと言っいるのを聞いて、口説きたい女がいるから“執念”で行くのかと思ったけど、やっぱり周年というのは大事なのか」

     木梨「自分も淡々とこなしてきた。競馬の騎手は金、土曜に調整ルームに入るけど、(収録がある)木、金曜はとんねるずの調整ルームの日」

     --今までのピンチは

     石橋「とんねるずは1年や2年で消えると言われていた。ほぼ毎週、ピンチ。数々の“事件”があったけど、森友学園のように埋めちゃったんですよ~」

     木梨「生放送をやったら、貴明が熱を出して来ないこともあった」

     --豪華ゲストも多数

     石橋「(初期に出演した宮沢)りえは持ってるものが違った。娘がデビューするとか、しないとか。りえママじゃなくて何ママになるの?」

     木梨「カメラに向かって(メークで)鼻血も出してくれて。『鼻血なんてやめて』というのも全くなかった」

     --番組のポリシーは

     石橋「自分たちが楽しい、おもしろいと思うことが大前提。テレビは楽しい遊び場。楽しめなくなったら終わりです」

     木梨「昔はコントやパロディーをしていたけど、最近は作り込むものが少なくなり“アドリブ劇場”の大会みたい」 --変わらない点は

     石橋「スタッフの弁当。昔は知らないヤツがかっぱらいに来た」

     木梨「うちが良すぎて逆に『クイズ・ドレミファドン!』の鮭弁を盗みに行った(笑)」

     石橋「新人だろうとスタジオに入れば全員がプロ。飯ぐらいは同じものを食べて、同じ釜の飯を食ってるんだという意識は常に持っている」

     --人気企画の誕生は

     石橋「『男気ジャンケン』は、会議中にじゃんけんで勝ったヤツがスタバに行ってというところから始まった。『食わず嫌い王決定戦』は一緒に飯を食ってたヤツの嫌いなもので大笑いしたことから。遊んでいるときにヒントがあります」

    >>2以降につづく)


    http://www.sanspo.com/geino/images/20170927/owa17092705040003-p1.jpg
    no title

    http://www.sanspo.com/geino/images/20170927/owa17092705040003-p2.jpg
    no title

    http://www.sanspo.com/geino/images/20170927/owa17092705040003-p3.jpg
    no title

    http://www.sanspo.com/geino/images/20170927/owa17092705040003-p4.jpg
    no title

    http://www.sanspo.com/geino/images/20170927/owa17092705040003-p5.jpg
    no title

    http://www.sanspo.com/geino/news/20170927/owa17092705040003-n1.html

    2: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/09/27(水) 05:36:00.38 ID:CAP_USER9
    >>1つづき)

     --30周年特番はタモリ(72)、ビートたけし(70)が出演

     石橋「怪物がいる限り、まだ頑張らなきゃ。萩本欽一さんもタモリさんもたけしさんもみんな死んでくれないと、トップに立てない(笑)」

     --ダウンタウンやウッチャンナンチャンら同年代とは絡まない

     石橋「うまく絡めない(笑)。そういうテクニックがないんです」

     --番組ではバナナマンやおぎやはぎ、みやぞんら後輩芸人が飛躍した

     石橋「出る杭は打たないといけないのに出してやってる(笑)」

     --BPO審査などバラエティーに厳しい時代

     石橋「(影響か)みんな同じになってる。個人競技であり、団体競技じゃない。違うことでお互い勝負しようぜと」

     --今後の目標は

     石橋「もう目標はない。『フジテレビ、やっぱりおもしれえな』と言われるように、自分たちの持ち場でしっかりやります」

     木梨「とんねるずっぽくこのままやっていきたいです」

     石橋「こんなに話してるけど、安室(奈美恵)ちゃんの引退みたいなことが起きたら(記事が)小さくなる。安室ちゃんにはまた出てほしい。『食わず嫌い-』に出てくれたよね」

     木梨「今度はやってくれないかも(笑)」

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)

    【【とんねるず】超お宝!?とんねるず“超異例”2ショットインタビュー タカさん「とんねるずは1年で消えると言われていた」 「同年代の芸人とはうまく絡めない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/09/25(月) 06:29:08.76 ID:CAP_USER9
    お笑いコンビのダウンタウンが、24日に放送された日本テレビ系バラエティ特番『ガキの使い 特別版 絶対に答えなくてはいけない! レジェンド芸人に聞きたいことSP』で、とんねるずとの再共演について語った。

    お笑いコンビのダウンタウンが、24日に放送された日本テレビ系バラエティ特番『ガキの使い 特別版 絶対に答えなくてはいけない! レジェンド芸人に聞きたいことSP』で、とんねるずとの再共演について語った。

    芸人たちの質問に、ダウンタウン、ヒロミ、恵俊彰、ダチョウ倶楽部の肥後克広、出川哲朗のにレジェンドたちが回答していく同番組。「親友」というテーマで、松本人志は、元SMAPの中居正広や、元プロボクサーの辰吉丈一郎の名前を挙げた。

    このテーマで、ヒロミは「とんねるずの…」と言いかけたが、「とんねるずって言うとピリっとしだす…」と、ダウンタウンと共演の少ないとんねるずの話題を躊躇(ちゅうちょ)。

    それでも、カメラが回ってないところで、とんねるずがダウンタウンの話をしていることを明かし、「俺が『ワイドナショー』とか出てるから、結構よくウオッチャーで見てて、憲ちゃん(木梨憲武)なんかは、『いいとも!』の最終回のときに、『俺好き勝手やってるのに、松本だけはツッコんでくれたんだよな…』ってよく言ってたもんね」と話すと、松本は「実は、ああいうのは俺も助かってるからね」と強調した。

    また、浜田雅功は、2014年に沖縄行きの飛行機で、座席がとんねるずに挟まれた際のエピソードを披露。「(飛行機の中では)その場は乗ってるだけだったけど、降りてから憲武さんが横に来て『なんで沖縄なの?』って聞かれて、後ろから石橋(貴明)さんが来て『何なの?なんで沖縄なの?』ってなって、3人でずっと固まって出口まで(笑)」と、珍しい3ショットになっていたことを明かした。

    松本は、とんねるずの話題が出るとピリピリする空気が嫌だと訴えたが、出川は「解決策は、一緒に特番をやるしかないんですよ! どうだ!」と提案。これに対して、松本は「どこの局なのか、ディレクターは誰なんだっていうのがあるのよ」と言いながら、共演するならどんな番組がいいかを聞かれると、「芸歴も下やし年齢も下やから、こっちから言えるような立場じゃない。向こう(とんねるず)から『食わず嫌い、来いよ』って言われたらね…」と前向きな姿勢を見せたと思いきや、「行かないけど…」と落とし、全員からツッコミを受けていた。

    2017/09/24 23:44
    https://s.news.mynavi.jp/news/2017/09/24/161/index.html

    【【驚愕】松本人志がとんねるずとの再共演について口を開いたwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/09/23(土) 14:33:09.61 _USER9
    https://mdpr.jp/news/detail/1716170
    2017.09.23 13:00

    今年3月の放送で反響を呼んだ企画「50代レジェンド芸人大集合」が、1時間スペシャル「ガキの使い特別版! 絶対に答えなくてはいけない! レジェンド芸人に聞きたいことSP」と題して24日よる11時より日本テレビ系にて放送される。

    登場するのはダウンタウンのほか、前回に引き続きヒロミ、恵俊彰、ダチョウ倶楽部のリーダー・肥後克広。さらに今回は出川哲朗も参戦する。
    番組では多くの芸人たちにレジェンド芸人に聞きたい質問を調査。質問の回答者に指名されたレジェンド芸人は5秒以内でその質問に答えなければならない。

    寄せられた質問は「6人で飲みに行ったら誰が支払いをするのか?」「欠かさず見るテレビ番組は?」「芸能界の親友は?」など。
    「支払い」の話になると、“個人事務所”“帯番組”“CM本数”などのキーワードかから6人が互いの腹を探り合い。

    「親友」というテーマでは、ヒロミが仲のいいとんねるずの話を切り出す。一同が遠慮がちにしゃべっているところに、出川が思い切って「一緒に番組をやるしかない!」とズバリ提案。
    これに松本は「◯◯◯って言われたら……」とモジモジ。ダウンタウンの結論に注目だ。
    (続きはソースをご覧下さい)

    https://cdn.mdpr.jp/photo/images/a5/3a7/w700c-ez_60a80b1b8ceab19b6a73e7036a3a83fd0352fa1d405f91b4.jpg
    no title

    https://cdn.mdpr.jp/photo/images/80/9b4/w700c-ez_30c0dd797dd2bdf24d810c0db5ff89e0b21e0b3be1ff72e4.jpg
    no title

    【【テレビ】ダウンタウン&とんねるずの共演実現?「ガキの使い特別版」 今夜11時放送】の続きを読む

    このページのトップヘ