タグ:さんま

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    svsindex


    1: 2018/09/08(土) 17:19:11.08 ID:CAP_USER9
    【現役放送作家X氏の芸能界マル秘ウラ話】
    ケンドーコバヤシはまだ独身で、もちろん子供はいないが「俺は子供が『芸人になりたい』って言ったら『絶対にムリやからやめとけ』って言う。
    男の子やったら、100%反対するね。まだ女の子の方が可能性あるかな。比較というか。本人に実力あっても、親の七光とか言われるのよ。
    娘やったら、俺と比較されることないかなって思うから、まだアリやけど…」と考えている。

    続きは以下より

    http://news.livedoor.com/article/detail/15277035/


    【さんま、極楽・加藤らが子供を芸能界に入れたがらない理由 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    manzai


    1: 2018/08/28(火) 22:04:09.00 ID:CAP_USER9
    タレントの明石家さんま(63)が28日、大阪市内のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)でMBSラジオ「明石家さんまのMBSヤングタウン」(土曜後10・00)の公開収録に参加。大ファンを公言する女優・剛力彩芽(25)の熱愛騒動に関連し、自身の“新恋人候補”3人の名前を挙げた。

     続きは以下より
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/08/28/kiji/20180828s00041000277000c.html

    【明石家さんま、剛力あきらめ“新恋人候補”3人の名挙げる 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    f25cf_1505_4c3efd8fa99c65974039ecdf73b15126


    1: 2018/07/22(日) 11:54:25.01 ID:CAP_USER9
     明石家さんま(63)が、自身が大ファンだと公言する女優剛力彩芽(25)がZOZOTOWN前沢友作との交際をオープンにしていることに対し、「呪いにかかったように浮ついて」と心配した。

    さんまがパーソナリティーを務める22日放送のラジオ番組「ヤングタウン土曜日」では、前沢氏がプロ野球の球団経営に意欲を示している話題から剛力との交際の話に。
    村上ショージが前沢氏の個人資産について話し出すと、さんまは「そういうことを言う男を好きになる女の気持ちがまったくわからへん」とボヤいた。

    続きは以下より
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180722-00276073-nksports-ent

    【さんまが剛力を心配「恋愛でうわついてて仕事に支障が来るぞ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1528969758866


    1: 2018/06/15(金) 16:01:37.35 ID:CAP_USER9

    no title


    『2018FIFAワールドカップ ロシア』が日本時間の14日(木)から開催された。開催直前でのハリルホジッチ監督の解任、西野ジャパンの迷走、結果をなかなか残せない日本代表メンバーの焦燥など不安要素は多々あるが、今週末には日本代表の初戦となるコロンビア戦が控えている。今こそ西野ジャパンをオールジャパンで応援すべく、ORICON NEWSでは『芸能界最強の“サッカー愛”タレント』ランキングを発表。並みいるサッカー好きタレントを抑えて、堂々の1位に輝いたのは歌手で女優の小柳ルミ子だった。

    【ランキング】並み居る「サッカー男子」を抑えた小柳ルミ子! そのほか上位TOP10

    ■「愛というより、もはや変態!?(笑)」と評されるほどルミ子の“サッカー愛”

    続きは以下より
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180614-00000362-oric-ent

    【芸能界最強で最もサッカー愛が強い人物は!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2018/05/27(日) 18:27:04.11 ID:CAP_USER9
    明石家さんま(62)が27日、MBSで放送された「明石家さんまが語り継ぎたいレジェンド芸人20人」に出演し、自身の運転手も務めたお笑いタレントで画家としても活躍するジミー大西について語った。

     高校卒業後、なんば花月の裏方(幕引きなどをする進行役)として働いていたジミーだが、ある日、失敗をして怒られていたところを、さんまが“救済”。以降、「助けられた犬みたいにずっとついてきて」と苦笑い。「ぼんち」のおさむに弟子入りしたものの、さんまが芸名を命名するなど、40年近くにわたり、さんまファミリーの一員となった。
     一時期はさんまの運転手も務めたが、ひと月に6回も交通違反の切符を切られるなど、大変だったという。

    【ジミー大西の天然行動がヤバすぎるwww「警察に精神科へ行け」と言われるw】の続きを読む

    このページのトップヘ