タグ:きよし

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    okama_newhalf



    1: 2020/02/17(月) 01:36:03.78 ID:tlGXcRgX9
    2020 2/16 14:00
     

    歌手・氷川きよしが今月2日に、デビュー丸20年を迎えた。
    昨年は20周年のメモリアルイヤーとして積極的に活動してきたが、その中で度々話題となったのが、
    「演歌界のプリンス」からの“脱却”。
    抜群の歌唱力はそのままに、美しいルックスで歌声を響かせ、時には美脚まで披露することもあった。
    集大成となったNHK紅白歌合戦では、2曲をメドレー唱。「kii(キー)ちゃんらしく。きよし君にはサヨナラして、私らしく」と
    意味深に宣言し臨んだ本番では、演歌調の「大丈夫」を短く歌唱後、転機の1曲となったロックナンバー
    「限界突破×サバイバー」を、ビジュアル系メークとファッションで歌い上げた。
    歌手別視聴率では嵐に次ぐ、2位の40・4%を記録。
    老若男女からの注目度の高さが証明された。
    20年の節目となった、2日の中野サンプラザでのコンサートを取材し、氷川の“変化”をファンも
    歓迎しているように感じた。
    ビートの早い「限界突破-」では、ペンライトが小刻みにテンポよく振られた。GReeeeNから提供された
    続きは以下より
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200216-00000057-dal-ent

    【氷川きよし 受け入れられた「私らしさ」 ファン認めた個性】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    okama_newhalf



    1: 2019/12/28(土) 21:06:17.03 ID:vWZMZGnHM
    「70回目の節目の紅白に、20回目の自分が出れる。リハーサルをやって緊張で震えました。今回、すごいことになる。紅組でもあり、白組でもある。皆さんが期待してるようなステージになります」と自信満々に予告した。
    続きは以下より
    https://mainichi.jp/articles/20191228/orc/00m/200/051000c

    【氷川きよし「紅組でもあり、白組でもある」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    karaoke_nessyou



    1: 2019/12/19(木) 11:55:00.39 ID:dLNYSoAo9
    氷川きよし 本家QUEENが“公式カバー”を認めた3つのポイント
     
     演歌歌手の氷川きよし(42才)が『氷川きよしスペシャルコンサート2019~きよしこの夜Vol.19~』で、世界的ロックバンド・QUEENの『ボヘミアン・ラプソディ』の日本語バージョンを初披露すると、ファンのボルテージは一気に上がったという。



    (以下略、続きはソースでご確認下さい)


    https://blogos.com/article/424541/

    【氷川きよし 本家QUEENが公式カバーを認めた3つのポイント  】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    okama_newhalf



    1: 2019/12/11(水) 17:27:56.32 ID:GxZUjQgl9
     
    「みんなが求める『氷川きよし』に徹してきたけど、40歳を過ぎて、人としてもっと表現の幅を広げたいという気持ち。そもそも演歌というのは様式美、つまり、こうあるべきという型がある。日本独特の素晴らしい音楽だけれど、その中に収まらない『自分の性分』というものもあって――」

     昨年からは、同じ九州の出身で、やはり中性的なキャラクターの美輪明宏の『ヨイトマケの唄』もカバーしている。

    続きは以下より
    https://www.dailyshincho.jp/article/2019/12111659/


    【氷川きよし(42)初告白「男らしく生きてって言われると」演歌の様式美に収まらない性分 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    harem_man



    1: 2019/11/20(水) 17:35:52.07 ID:oUW/ZGG49
    演歌歌手の氷川きよし(42)が、20日放送のテレビ朝日「徹子の部屋」(月~金曜正午)に出演。
    演歌以外の挑戦を決意したきっかけについて語った。

    “演歌の貴公子”でありながら、最近ではビジュアル系の衣装とメイクでロックに挑戦し、一部で“キャラ変”として注目を集めている氷川。
    2年前にテレビアニメ「ドラゴンボール超」(フジテレビ系)の主題歌を担当したことをきっかけに「思い切って自分の好きなことをやってみようと思った」と語った。

      続きは以下より
    https://news.livedoor.com/article/detail/17408486/

    【氷川きよし、マニキュアを塗る姿を見た父親から「男は男らしくしろ」 】の続きを読む

    このページのトップヘ