タグ:お笑い芸人

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/11/08(水) 00:47:46.06 ID:CAP_USER9
    ダウンタウン・浜田雅功が7日深夜、MBS(大阪)で放送された「ごぶごぶ」で、2人の息子についての思いを語った。

     浜田はタレント・小川菜摘と1989年に結婚。91年3月には長男でベーシストのハマ・オカモトが、94年8月には次男が誕生している。

     今回のゲストはドラマ「ADブギ」で共演した女優・石田ひかり。25年ぶりの再会となった。会話は次第に子供が芸能界に入る、と言ったらどうする?という話題に。

     浜田は、息子たちについて「お笑いやりたい、って言うたらどうしたろうかと思った」と自分と同じお笑いの道に進むことを恐れていたことを告白。「お笑いはちょっと、さすがに…」と苦笑いし、「おもんないヤツは、おもんないからさ。はっきり分かるやん。それやりたい、って言われてらなあ…」と自身が身を置いた世界が厳しい世界であることを知っているからこその“親心”をしみじみ語った。

     長男のハマは中学で音楽にハマり、バンド活動をスタート。そんな息子を浜田は「これ、こいつ、まさか…」と心配し、ある時、晩ご飯の席で「まさか、こんなこと(音楽で食べていく)考えてへんやろな?」と聞いたという。ハマは「そんなに甘くないよ」と冷静に一言。浜田はその言葉に安心したというが、「ま、そっち行ったけどね」と笑った。

     石田が「でも、成功したじゃないですか」と話すと、浜田は「あれで成功してるかは、分かれへんけどな」と照れくさそうにぼそっと口にしていた。
    1

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171107-00000122-dal-ent

    【【芸能】浜田雅功、息子ハマ・オカモトの芸能界入りを恐れていた 「お笑いはちょっと、さすがに…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/11/01(水) 21:23:49.86 _USER9
    10月27日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)で、山里亮太(40)が“許せない先輩女性芸能人”を告白。
    名前の部分は規制音で隠されていたのだが、視聴者には心当たりがあるようだ。

    同番組で山里は、絶対に許せない女性芸人について「昔すごい僕のこと嫌いだったみたいで、収録中とかに『お前スタッフの間でお荷物って言われてんの知ってる?』って言われた」と告白。
    さらに当時のことを振り返りながら「その時めちゃくちゃ全盛期でその方……」と目を伏せる山里に、松本人志(54)「“お笑い”としてシャレで言ってるんじゃがないの?」と掘り下げるも、
    カメラが回っていない場所でも「お前、干すからな」と至近距離に詰め寄られて暴言を吐かれていたことを明かした。
    山里はその女性芸人の「悪口だけを言うライブを大阪で定期的にやってました」とも告白しダウンタウンらを笑わせた。

    番組では、最後までその女性芸人の名前は伏せられていたものの、放送終了直後から青木さやか(44)だと予想する視聴者が続出。
    ネット上では「これって青木さやかのことだよね」「全盛期の青木さやかは天狗っぷりがすごかったからなぁ」との声が上がった。

    根拠となっているのは、番組内でヒントとしてあげられた”『Qさま!!』(テレビ朝日系)で共演していた”、“過去に全盛期だった先輩女性芸人”など。
    また、以前『山里亮太の不毛な議論』(TBSラジオ)で“山里が本気で嫌っている芸人”が話題になったのだが、ゲストの東野幸治(50)が「青木さやかさんはどうなんですか?」と振り、
    山里は否定も肯定もせず、たじろいでいたこともある。
    真偽不明ながら「山里は大阪のライブで青木さやかの悪口言ってた」と証言する声も。

    さらに、全盛期の青木に苦手意識を持っていたことを明かしたのは山里だけでない。有吉弘行(43)との間にも因縁があるのは有名な話で、
    有吉のイジりに下ネタが嫌いだった青木は激怒。以来、青木が有吉を遠ざけていたという。
    この2人は2014年の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)の企画で和解したのだが、青木のほうはバラエティ番組でめっきり見なくなり
    「有吉や山ちゃんに嫌われてたんならそら干されるわ」「苦手な人は他にもいっぱいいそうだし、バラエティに呼ばれなくなったんだろうね」と納得の声が多数。

    しかしそもそも青木がお笑い芸人としてのバラエティ出演を望んでいない可能性もある。
    近年の青木は“女優”としての仕事ばかりなのだ。NHKの連続テレビ小説『とと姉ちゃん』では、夫の不貞行為に気づき、会社に怒鳴り込みに来た妻を演じていた。
    出演シーンは2話のみにも関わらず、青木が暴れまわって取り乱す姿は圧巻で、印象に強く残っている視聴者も多い。
    今年の秋ドラマ『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)では元プロレスラーの“ボスママ”という役どころを熱演。「青木さやかめっちゃ迫力あって面白い」と好評だ。

    青木は、2014年9月放送の『解決! ナイナイアンサー 2時間SP』(日本テレビ系)に出演した際、
    自分はキレ芸でブレイクしたものの、もともとイジられることが嫌いで「私をコントロールされるのが嫌。
    バラエティで勝てないからせめて噛み付きたい」と告白していた。

    さらに、2010年に第一子を出産したことで「ネットとかで誰でも何か書いてあるでしょ。
    子供が大きくなった時に(私の)悪口を見たら、辛いなってすごく思う。だから(仕事を)辞めるべきなんだろうかって思う」という苦悩を明かし、
    仕事を辞めたいと思っているのか問われると「今はない」としつつも「バラエティを子供に説明するのは難しい」と育児と仕事を両立する上で芸能界引退も視野に入れていることを打ち明けていた。

    現在の日本のテレビで芸人として活躍する以上、多少なりとも<イジられる覚悟>は必要だ。
    しかし青木の場合、それ自体に苦手意識を持つ上に、「子供に見られたら…」という懸念もあり、バラエティ番組に出演することで2重のストレスを抱えることになる。
    「干された」と噂されている青木だが、意図的に”女優業”に舵を切ったとも言える。
    山里が許せない芸人が青木だったとするならば、現在の仕事環境は、当時よりはどちらにとっても居心地の良い場所となっているのではないだろうか。適材適所、大事である。
    1

    http://dailynewsonline.jp/article/1371636/
    2017.11.01 20:00 messy / メッシー

    【【芸能】山里亮太に「お荷物って言われてんの知ってる?」「お前干すから」と暴言連発? 青木さやかがバラエティから消えた本当の理由 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/10/22(日) 15:19:20.83 _USER9
    21日放送のラジオ番組「ヤングタウン土曜日」(MBSラジオ)で、明石家さんまが、ビートたけしの「唯一勝てない発言」に言及した。

    番組では、18日放送の「1番だけが知っている」(TBS系)で、たけしが「唯一勝てない芸人」として、さんまの名を挙げたことを話題にした。

    たけしの言葉が紹介されると、さんまは「たけしさんの背中しかまだ見えてないからね。勝ててるわけがないですよ」「俺はもう全敗してる、たけしさんには」とコメント。

    さらに、たけしからの評価を「同じ戦場で戦った戦友の優しさの言葉で。けして真に受けないでいただきたい」「私はまだ、たけしさんの背中を見て生きてる人間ですから」と受け取っており、自身はたけしに及ばないと告白したのだ。

    さんまの謙虚な姿勢に、共演者から感嘆と称賛の声があがる。だが、さんまは「(自分は)まだまだいうことやな。本当にこれ言っていただけて、ありがたかってんかったんですけど」「これはたけしさんのうそやな」と続けて話題を結んでいた。
    1

    http://news.livedoor.com/article/detail/13782332/
    2017年10月22日 11時1分 トピックニュース

    【【芸能】明石家さんま「たけしさんの背中しかまだ見えてない」「俺はもう全敗してる」  ビートたけしの“唯一勝てない発言”に言及】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/10/19(木) 21:15:23.40 _USER9
    18日放送の「1番だけが知っている」(TBS系)でビートたけしが、唯一勝てないと思ったお笑い芸人は明石家さんまだと告白した。

    番組では、たけしが「魂震えた芸人」を尋ねられ、「明石家さんま」だと答えた。
    たけしは「テレビの時代では1番すごかった」と語り、さんまのアドリブと切り返しのすごさに「うわっ、こんなのいるんだ」とショックを受けたという。

    1981年、ふたりは「オレたちひょうきん族」(フジテレビ系)で初共演。裏番組のザ・ドリフターズ出演の「8時だヨ!全員集合」(TBS系)は、30%の高視聴率を誇っていた。
    ドリフがきっちり計算したネタを生放送で披露していたのに対抗し、たけしらは正反対の「いいかげん」でやることに。

    たけしは、アドリブが多い「ひょうきん族」では、「明石家さんまには勝てない」「勝とうと思うと番組が終わっちまう」と考え、「俺がツッコミのほうに回んなきゃ」と決心した。
    当時のコントでも、たけしは「俺がなんでお前のツッコミに回んなきゃいけねぇんだ」と漏らしていた。

    半年でドリフの視聴率は抜いた。だが、たけしは「さんまという毒を飲み続けたおかげで、
    『ひょうきん族』は意外に早く終わった」「その毒で『全員集合』もやっつけたけど、その毒で自分たちも終わった」と、9年間で終わった番組を振り返る。

    たけしは「さんまちゃんは、いつまで経ってもあのまんま」「なおらないと思うよ、毒だから」とコメント。
    さらに「あの毒は人間社会に必要なバクテリア」と表現しつつ、その毒には「もうかかりたくない」と最後に言い、笑っていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13768832/
    2017年10月19日 11時7分 トピックニュース

    1

    https://www.youtube.com/watch?v=MIXy_ARzA1I


    さんま シングル・ベッド

    https://www.youtube.com/watch?v=ImpI9SujZLA


    しあわせって何だっけ

    https://www.youtube.com/watch?v=nCiXcFsUFDo


    アミダばばあの唄

    【【芸能】ビートたけし「唯一勝てないと思ったお笑い芸人は〇〇」 番組内で吐露した十数年来の思い・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/10/17(火) 10:54:21.33 _USER9
    日本テレビが12月に決勝を生放送する「女芸人NO.1決定戦 THE W(ザ・ダブリュー)」への出場を前日16日に急きょ辞退したタレントの山田邦子(57)が17日、自身のブログを更新。
    大会参加取りやめの理由を明かした。

    16日、急きょ所属事務所の太田プロダクションから日本テレビにキャンセルの連絡があった。
    この日は中目黒キンケロ・シアターで予選1回戦があり、山田はEグループで出場予定だった。

    辞退の理由について、太田プロは「マネジメント側の(山田)本人への番組主旨の説明不足があった」と説明。
    大会の認識に誤解が生まれ「それなら“出られない”となりました」と行き違いがあったことを明かした。

    山田は17日朝にブログを更新。
    「がっかりしました。やる気満々だったのに」と心境。
    「おととい予選参加の時は¥2000払ってくださいと言われ、まさか?と思い、お金払って出るの?もしかしてこの番組、出演料あるの?と聞くと………優勝賞金のみです………と。ほほう?スポンサーついてるのに?審査員や司会者は、おそらくギャラがあるのに?」とエントリーフィー(1組2000円)に疑問が生じたようだ。

    「ま、まあ、いいでしょう、じゃあ、あと芸人は誰が出るの??アマチュアや研究生です、と?え? 芸人は?まだわかりません、て。私の名前は、とっくに発表になっているのに?何じゃそりゃ」と参加メンバーにも不信感が募ったようだ。

    今月9日に参戦が発表された際には「やる気は925(くにこ)パーセント! ワクワクしてます!」と意気込んでいただけに「残念だなぁ。予選のネタもかなり面白いのを考えていたのにぃ。ただ名前が宣伝に使われただけか。がっかりだ。showroom(配信)か月笑(ライブ)でやろうっと」と締めくくり、気持ちを切り替えたようだった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171017-00000088-spnannex-ent

    山田邦子
    http://amd.c.yimg.jp/amd/20171017-00000088-spnannex-000-9-view.jpg
    no title

    【【お笑い】山田邦子「なんじゃそりゃ」 山田邦子が「女芸人No.1決定戦 THE W」への出場を辞退した本当の理由】の続きを読む

    このページのトップヘ